ふるさとの海を調査「大海原王 大友宗麟プロジェクト~海のめぐみ編」開催!

2017.08.30

イベント概要

全国各地の団体と協働し海へのムーブメントをつくり出す、日本財団「海と日本プロジェクト」in大分県事務局(テレビ大分販促事業部内)は、2017年8月23日(水)・24日(木)の1泊2日で大分県内の小学5・6年生約20名が県内各地へ調査に向かい、大分県の戦国大名大友宗麟の功績や海の役割を学ぶ「大友宗麟プロジェクト~海の恵み編~」を開催します。調査した内容は記事としてまとめ、実行委員会等に向けて発表します。
大分は日本で最初に西洋文化が華開いた「西洋文化発祥の地」であり、海を越えて様々なものがもたらされました。本プロジェクトを通じて、参加する子どもたちへふるさと大分の海の未来を考えるきっかけを提供します。
本プロジェクトは、日本財団が行う、次世代へ海を引き継ぐため、海を介して、人と人とがつながる「海と日本プロジェクト」の一環です。

内容

「大海原王 大友宗麟プロジェクト ~海のめぐみ編」

【1日目】8/23(水)
午前10時  TOSで出発式
午前11時  大分県立埋蔵文化財センター (大分市・大海原王 大友宗麟の功績を学ぶ)
午後 2時  住吉浜リゾートパーク 守江湾 干潟観察会(杵築市・干潟の現状を調査)

【2日目】8/24(木)
午前 9時  水族館うみたまご (大分市・大分県近海の魚生態系を調査)
午前11時  田北調理師専門学校(大分市・大友宗麟の食卓を再現)
午後 1時  TOSで記事作成・発表(3Fホール予定)
午後 3時頃 解散予定

日程

2017年8月23日(水)・24日(木)

団体名

【主催】
日本財団「海と日本プロジェクト」in大分県事務局

【協力】
大分県教育委員会、大分市教育委員会、株式会社マリーンパレス、NPO法人水辺に遊ぶ会、公益社団法人ツーリズム大分、大分ライフセービングクラブ、NPO法人おいた水フォーラム、NPO法人大分ウォータフロント研究会、大分県セーリング連盟、住吉浜リゾートパーク、フェリーさんふらわぁ大分支店、B&G別府海洋クラブ

場所

場所:大分市、杵築市
※雨天時についても実施致します

お問い合わせ

日本財団「海と日本プロジェクト」in大分県事務局(テレビ大分販促事業部内)
電話:097-537-8003

※日程等の情報は変更される場合があります。最新の情報、詳細については主催団体にご確認ください。

日本財団

ふるさとの海を調査「大海原王 大友宗麟プロジェクト~海のめぐみ編」開催! のページです。日本全国の海に関する様々な情報を日本財団「海と日本PROJECT」がお届けします。おでかけにぴったりなイベント情報や、海の現状を知る最新調査報告など、海を知って、海を思い、海に集うための情報が満載です。