越谷レイクタウンで「石倉カゴ」を使って水辺の生き物調査!

2017.09.27

イベント概要

協同組合浦和のうなぎを育てる会は、2017年度から今や絶滅危惧種となったニホンウナギの保全、河川環境の保全に取り組んでいます。このたび、全国各地の団体と協働し海へのムーブメントをつくり出す日本財団「海と日本プロジェクト」の一環として、2017年9月23日(土)にウナギやその餌生物のモニタリングツールである「石倉カゴ」を用いて、水辺の生き物調査を開催いたします。
この調査を通じて、食文化「鰻」を守るため、将来を担う子どもたちに、ニホンウナギの置かれている現状、水質の改善など河川環境の保全の重要性を訴えます。なお、この取り組みは埼玉県と越谷市の協力のもと、NPO法人越谷ふるさとプロジェクトとの連携により実施するものです。

内容

水辺の生き物調査 in越谷レイクタウン  開催概要
・特別講師
淡水魚類・魚道研究家 山崎充哲(やまさきみつあき)氏
鹿島建設(株) 農学博士 柵瀬信夫(さくらいのぶお)氏
※ 雨天時について 少雨決行(台風などの荒天の場合は10月9日に延期)

◆タイムスケジュール(予定)
10:00 開会
10:30 調査開始
11:30 調査結果の発表
12:00 閉会

日程

2017年9月23日(土・祝)10:00~12:00

場所

越谷レイクタウン 元荒川大相模調節池(北池)ビオトープ周辺

お問い合わせ

協同組合 浦和のうなぎを育てる会 代表理事 大森
電話:090-2723-1614

※日程等の情報は変更される場合があります。最新の情報、詳細については主催団体にご確認ください。

日本財団

越谷レイクタウンで「石倉カゴ」を使って水辺の生き物調査! のページです。日本全国の海に関する様々な情報を日本財団「海と日本PROJECT」がお届けします。おでかけにぴったりなイベント情報や、海の現状を知る最新調査報告など、海を知って、海を思い、海に集うための情報が満載です。