「種は船~太宰府と海~」ワークショップ開催

2017.06.21

イベント概要

古来より、人類は文化や文物を船に載せて伝えてきました。現代アーティストである日比野克彦氏の「明後日朝顔プロジェクト」では、朝顔の種そのものが船となり、その土地の記憶を載せて移動していきます。朝顔の種で繋がった人々が移動することによって生まれる、地域と地域、人と人、地域と人の交流。種を媒介にして、さまざまな関係性が変容していきます。
今回のワークショップでは、古の時代に海から離れた太宰府が海外とどのようにつながっていたのか、九州国立博物館の交流展示室「遣唐使の時代」も見学します。日比野克彦氏のリードで、朝顔の小さな種に詰まった歴史を感じながらアートの楽しさを体験しませんか?
このイベントは、日本財団「海と日本プロジェクト」の一環で実施しています。

参加無料 対象 子ども~大人 100名(申し込みが必要です
※定員になり次第締め切ります。

内容

参加無料
対象:
子ども~大人 100名(申し込みが必要です)
※定員になり次第締め切ります。
当日スケジュール

13:00 日比野克彦氏の話・九州国立博物館交流展示室見学
14:00 種のことを考えてみる・各自 種を乗せる船を制作 日比野克彦指導
15:30 朝顔の種を撒いた植木鉢を船に乗せる、マストを立てて完成
全員で記念撮影をして解散予定

日程

6月17日(土)13:00~16:00終了予定

団体名

NPO法人太宰府アートのたね

場所

九州国立博物館ミュージアムホール

事業サイト

http://dazaifu-artnotane.com/

お問い合わせ

NPO法人太宰府アートのたね(担当・牟田)
Tel/Fax 092-921-3048

※日程等の情報は変更される場合があります。最新の情報、詳細については主催団体にご確認ください。

日本財団

「種は船~太宰府と海~」ワークショップ開催 のページです。日本全国の海に関する様々な情報を日本財団「海と日本PROJECT」がお届けします。おでかけにぴったりなイベント情報や、海の現状を知る最新調査報告など、海を知って、海を思い、海に集うための情報が満載です。