「海と日本 さばける塾in長崎
~ながさきで獲れた新鮮なアジを料理して食べよう!」

2016.12.26

“魚をさばく”ことは、生々しい命に触れ、海 や自然への恩恵に想いを馳せることに繋がり、さらには、海の環境保全等への関心を喚起し、関連活動への参加を誘うことに繋がる。
「海と日本さばける塾」では、調理師専門学校の協力を得て、親子を対象に、「さばく」ことの魅力や美しさ、ノウハウを伝授し、参加者が「さばく」ことの理解者、伝道者となることを促した。

※「海と日本さばける塾」は、東京で服部栄養専門学校の協力のもと10回、全国31都市で地域の調理師専門学校の協力のもと31回の計41回開催しました。本レポートは、そのうちの長崎市で開催した「海と日本さばける塾」の報告となります。

日程
平成28年10月2日(日)午前10:30~午後2:00

開催場所
学校法人 川島学園 九州調理師専門学校(長崎市弁天町5番5号)

主催
日本さばけるプロジェクト実行委員会、日本財団

協力
海と日本プロジェクトin長崎県実行委員会

参加人数
30名 (大人15名 子ども15名)

【デモンストレーション】
講師の先生による、アジのさばき方のデモンストレーション。参加者の皆さんは、真剣に、先生のお話に耳を傾け、魚をさばく手元に注目していました。さすがの手さばきですが、ゆっくりとわかりやすいようにさばいていただきました。

【“さばく”実践】
親子がペアになって一緒に魚をさばいてみます。今回さばいたアジは、その日に長崎で水揚げされたばかりの新鮮なもの。皆さん慣れない作業でしたが、真剣に取り組んでくださいました。子どもも真剣です!

【試食】
さばいた後は、アジの刺身とアラをつかったお味噌汁をつくり、みんなで試食しました。いきのいい刺身も、ダシがよく出た味噌汁もとてもおいしく、魚が持つ本来のおいしさを、親子一緒に実感できました。

その他
参加者の声
・親子で魚をさばくことは、家庭ではできそうでできないことだと思い申し込みました。たまに自己流の包丁さばきでさばいたことはありますが、川島先生から本格的なさばきを教えてもらいとても貴重な体験ができました。二男が懸命にさばいた刺し身をとても美味しく味わうことができ感動させられた1日でした。

・帰宅後、どんなに楽しかったか、どんなに美味しかったかを中1の兄に自慢しておりました。

・週末の宿題(日記)に、教室に参加したこと、魚のさばき方を学んだこと、テレビにも少し映ったことなどを書いて、翌日はご機嫌に登校して行きました。今回は魚をさばくという、大変貴重な機会を設けてくださいまして、ありがとうございました。魚さばきマスターの免許状も、宝物になったようです。

イベントレポートは実施事業者からの報告に基づき掲載しています

日本財団

「海と日本 さばける塾in長崎~ながさきで獲れた新鮮なアジを料理して食べよう!」 のページです。日本全国の海に関する様々な情報を日本財団「海と日本PROJECT」がお届けします。おでかけにぴったりなイベント情報や、海の現状を知る最新調査報告など、海を知って、海を思い、海に集うための情報が満載です。