大浜海岸ビーチイベント「酒田ビッグビーチフェスタ2016」~海と日本プロジェクト~

2016.12.28

広さや砂の質、市街地からの距離など、好条件は揃っているもののこれまで利用されることの少なかった大浜海岸を活用して、海の賑わい創出と良好な海浜環境を保全・維持していくための意識醸成・啓発を目的として開催する。
今回のイベントをきっかけとして、今後、大浜海岸の恒常的・継続的な利用についても検討する。

日程
9月22日(木)

開催場所
大浜海岸(酒田市)

主催
「海の日」記念事業実行委員会

協力
国土交通省東北地方整備局酒田港湾事務所、山形県港湾事務所、NPO法人日本ビーチ文化振興協会、NPO法人庄内海浜美化ボランティア、公益社団法人酒田青年会議所、酒田商工会議所青年部、NPO法人元気王国、有限会社チアーズ、山形県港湾空港建設協会、酒田市教育委員会スポーツ振興課、酒田地区バレーボール協会、山形県立酒田光陵高等学校、山形県ビーチバレーボール連盟、東北公益文科大学酒田おもてなし隊、プレステージ・インターナショナル株式会社スポーツ事業部山形バレーボール部、加藤総業株式会社

参加人数
約1,200名

当日はビーチバレーボール大会の他、はだしになって汗をかき家族愛を深めることを目的とした家族対抗はだし運動会、元全日本男子バレーボール主将で、現在は堺ブレイザーズアドバイザーの中垣内祐一氏(次期男子バレーボール日本代表監督)をはじめとするトップアスリートたちとの交流、地元酒田市にある株式会社プレステージ・インターナショナル山形女子バレーボールチーム「アランマーレ」との交流、地元と大阪府堺市の海産物を使ったグルメ交流、熱中症対策の啓発活動としてスイカを振る舞う「給スイカ」ステーションなどが実施されました。
当日は時折雨が降るあいにくの天候となりましたが、来場者はビーチバレーボール大会や家族対抗はだし運動会などで汗を流したり、海産物に舌鼓を打ったり、大浜海岸でのイベントを楽しみました。
最後には、参加者・スタッフ全員で会場のクリーンアップ活動を実施しました。

参加者の声
・憧れのアスリートの皆さんと距離が近くてとても興奮しました。
・ビーチバレーボールの大会では途中で負けてしまったけど、友達みんなと参加できて楽しかったです。
・普段は海や砂浜をはだしで駆け回ることが無いのでとても気持ちが良かったです。
・子どもをおんぶして走ったり、ゴムボートを引っ張ったり、普段動いてないので疲れたけれど、自然を感じながら(運動会に参加)できたので面白かったです。
・シーカヤックに初めて乗りました。結構濡れたけど水面を進むのがとても面白かったです。またやってみたいです。
・心臓マッサージのやり方を教えてもらいしました。もしものときに備えて今日教わったことを忘れないでいたいと思います。
・地元酒田ではハモを食べることはまず無いんですけど、今日関西では名物のハモを食べてみてとても美味しかったです。地域によって食べる魚がこうも違うんだなと感じました。

メディア掲出
9/22 山形放送(YBC)
9/22 テレビユー山形(TUY)
9/22 さくらんぼテレビ(SAY)
9/22 山形テレビ(YTS)
9/23 山形新聞
9/24 荘内日報
9/30 毎日新聞

<告知チラシ>
99_11_5-300x424

<当日パンフレット>
99_11_6-300x212

99_11_7-300x213

イベントレポートは実施事業者からの報告に基づき掲載しています

大浜海岸ビーチイベント「酒田ビッグビーチフェスタ2016」~海と日本プロジェクト~ のページです。日本全国の海に関する様々な情報を日本財団「海と日本PROJECT」がお届けします。おでかけにぴったりなイベント情報や、海の現状を知る最新調査報告など、海を知って、海を思い、海に集うための情報が満載です。