砂ASOBeach in
おんじゅく〜 海と日本PROJECT〜

2017.09.29

砂ASOBeach in おんじゅくは、千葉県御宿町で実施された日本財団が推進する「海と日本プロジェクト」のサポートプログラムです。大声選手権、砂アートなど、さまざまなプログラムを実施し、多くの人に海に親しんでもらいました。

開催地である千葉県御宿町の小学生をはじめ、一般市民を対象に楽しく海に親しむ機会を提供します。海に親しむことにより、「海の日」と「海の安全」への理解を深めてもらうことを目的としています。

日程
2017年9月10日(日)

開催場所
千葉県御宿町 御宿中央海水浴場

参加人数
約300人

主催

公益財団法人ブルーシー・アンド・グリーンランド財団

御宿海水浴場で、大声選手権や砂アートを実施!
天候に恵まれた中、月の砂漠記念館広場・御宿海水浴場周辺には、「御宿伊勢海老まつり」や海水浴を目的として、千葉県内外から約1万2,000人が訪れていました。

「砂ASOBeach in おんじゅく」も、御宿中央海水浴場にて同時開催。実施した各プログラムには合計約300名が参加し、幼児から高齢者まで、幅広い客層が一緒になって、和やかに参加していただきました。

①海に向かって叫べ!大声選手権
「海」に向かって思いを叫び、声の大きさを測定し、優勝・特別賞を含め4名を表彰しました。
64歳男性:「海よ聞いてくれ~!世界平和だ~」
7歳男児:「今すぐ海で泳ぎた~い!」
22歳男性:「海の近くに引っ越した~い!」
40歳女性:「パパゴルフばっかり行ってないでたまには海に連れてって~!」

②水辺のかるた
御宿町の小学生から「水辺の安全」に関する標語を募集し、A3判の水辺のかるたを制作。当日、制作したかるたを海に浮かべ、読み上げ、かるた遊びを通して、水辺の安全に関する知識を遊びながら学びました。

③砂アート
幼児や小学生を中心に、海の生き物の砂アートを制作。上空からドローンで撮影した写真をFBで公開しました。

事前に配布したチラシの効果もあり、当日、「砂ASOBeach」をするために海に来たという参加者も多く見受けらました。




参加者の声
■小学生の声
・大声選手権をするためにきました。優勝できなかったけど楽しかったです。
・かるたが一枚も取れず悔しかったです。また参加したいです。

■御宿町役場担当者の声
・伊勢海老祭りは例年、多くの方がお昼あたりに帰ってしまうのですが、今年はいつもより多くの人が残ってくれました。「砂ASOBeach」と一緒に開催できてよかったです。
・大声選手権やカルタなど、子どもだけでなく大人も楽しんでいました。

メディア掲出
・御宿町広報

イベントレポートは実施事業者からの報告に基づき掲載しています

日本財団

砂ASOBeach in おんじゅく〜 海と日本PROJECT〜 のページです。日本全国の海に関する様々な情報を日本財団「海と日本PROJECT」がお届けします。おでかけにぴったりなイベント情報や、海の現状を知る最新調査報告など、海を知って、海を思い、海に集うための情報が満載です。