BIWAKO湖フェス2017〜 海と日本PROJECT〜

2017.09.29

BIWAKO湖フェス2017は、日本財団が推進する「海と日本プロジェクト」のサポートプログラムです。琵琶湖でのトークショーやウォータースポーツ体験などを通し、琵琶湖とともに暮らすことについての意識を高めました。

海とのつながりが深い滋賀県・琵琶湖において、次世代を担う子ども達や、障がいある方々も安心して参加できる湖上スポーツ体験や、琵琶湖の魅力・大切さを伝えるイベントを開催。琵琶湖への好奇心の喚起、及び、障がいの有無にかかわらず、本イベントを通じ交流を図る事で、誰もが琵琶湖と共に、豊かに暮らすための行動を行うきっかけとなることを目指しています。

日程
2017年9月2日(土)~9月3日(日) 10:00~16:00

開催場所
びわこボートレース場(滋賀県大津市茶が崎1-1)

参加人数
2日間延べ 5,500人

主催

NPO法人 琵琶湖ローイングCLUB

琵琶湖でウォータースポーツ体験!

琵琶湖ではウォータースポーツが盛んです。
特に人気のあるウォータースポーツを気軽に体験できるプログラムを用意し、ちびっ子はもちろん、障害がある方や高齢の方々にも参加していただきました。

・ボート(148名)
・カヌー(358名)
・サップ(76名)
・ウォーターチューバー(216名)

総勢 798名がウォータースポーツを体験!

大津市長などによるオープニングセレモニー
お忙しい中、錚々たる方々にご臨席いただき、琵琶湖でのイベント開催に対する想いや、これからの展望についてご挨拶いただきました。

■ご出席者
・越直美 大津市長
・桶谷守 大津市教育委員会教育長
・佐藤健司  滋賀県議会議員
・奥村功  滋賀県ボート協会会長
・日本財団 梅村岳大氏
・(特非)琵琶湖ローイングCLUB代表 小原隆史

琵琶湖のゆるキャラ登場!? ステージショー開催!
ステージでは、滋賀で子どもたちに大人気のショーなどを開催しました。
野洲のおっさんなど愉快なキャラクターが登場し、会場は盛り上がりました!

◆手作り楽器の演奏会/手作り楽器集団てんてこによる演奏会
◆演奏会 /ムジグルによる演奏会
◆演劇/「まちプロ一座」による演劇
◆お笑いトークショー/ 滋賀県住みます芸人「ファミリーレストラン」によるお笑いショー
◆ゆるキャラ大集合、大抽選会/滋賀のゆるキャラ大集合し、豪華景品大抽選会

 



滋賀県琵琶湖保全再生課ブース出展

琵琶湖について、さまざまな視点から学んだり考えたりするブースを出展しました。少しでも琵琶湖について知ってもらうことで、琵琶湖の価値や重要性に気づき、琵琶湖を大切にしたいという思いや自分には何ができるか考える機会となりました。

「びわっこパネル」(幅180×奥行き90×高さ180)
「空から見た琵琶湖」(縦400×横300)
「疑似魚釣り体験」
「知ってるかな?びわこのことクイズ」

大型モニターで「レッツ★うみダンス」を上映
湖上にある大型モニターに、『レッツ★うみダンス』を適時上映し、あらゆる場所から、多くの観客の方に見ていただきました。
『レッツ★うみダンス』は、日本財団「海と日本プロジェクト」が作ったオリジナルダンスです。海が抱える問題や現状を、○×形式で伝える内容で、子どもでもすぐに踊れる簡単な振り付けです。

琵琶湖にちなんだ出店ブース
出店ブースでは、琵琶湖にちなんだ体験や食べ物のお店が出店しました。

■がんばクッキー販売
■知ってるかな、びわ湖のこと
琵琶湖についてもっと知るための展示やクイズ
■レインボー丸プロジェクト紹介ブース
■わくわく手作りブース(参加費500円)
オリジナル缶バッヂづくり、ブレスレットづくり
■手づくり楽器ブース by楽器集団てんてこ
■レインボー丸かき氷

滋賀の地元の食材を活かした飲食ブース
飲食ブースでは、滋賀の地元の食材を活かした料理が多数出店!琵琶湖を舌でも楽しみました。

■俺のとんちゃんから揚げ
■バームクーヘン豚のミンチカレー
■バームクーヘン豚串 (滋賀の豚)
■メロン団子 (守山メロン)
■びわ湖の海老だし焼きそば
■甲賀産ジャガイモのポテトチップス
■揚げピザ
■アドベリークレープ
■近江牛焼き肉ドッグ
■近江牛助六寿司
■牛すじ煮込み
■メンチカツサンド


琵琶湖から世界へ!日本代表選手トークショー

滋賀県にゆかりのある日本代表選手によるトークショーを実施しました。
テーマは「琵琶湖から世界へ!」

■登壇者
・リオパラリンピック視覚障害者マラソン日本代表 近藤寛子選手
・パラトライアスロン日本代表 宇田秀生選手
・リオパラリンピック最終予選イタリア大会ボート日本代表 谷口佑樹選手
・リオオリンピックボードセイリング日本代表 伊勢田愛選手

琵琶湖とスポーツの未来についてのフォーラム
鈴木スポーツ庁長官と、「琵琶湖における湖上スポーツとユニバーサルスポーツの未来」をテーマに、討論会を実施しました。
最後に登壇者全員で宣言書にサインしました。

■登壇者
・初代スポーツ庁長官 鈴木大地氏
・滋賀県知事 三日月大造氏
・滋賀県体育協会会長 河本英典氏
・参議院議員 二之湯武史氏
・琵琶湖ローイングCLUB代表理事 小原隆史(主催者)


キッズダンスなど、ステージショーも大盛況!
イベントのフィナーレでは、滋賀県を拠点に活動している全21チーム総勢300名を超えるキッズダンサーが、元気いっぱいの踊りを繰り広げ、イベントのフィナーレを華々しく飾ってくれました。

また、他にも滋賀県を拠点としている団体が、個性あふれるステージショーで盛り上げました。

■演劇/「まちプロ一座」による演劇
■演奏/ LOONEEBOOによる演奏会
■笑ってためになるサイエンスショー /ボルトボルズによる笑いと驚きのサイエンスショー

 

参加者の声
・初めてカヌーに子どもを乗せることは、最初は怖かったです。ですが、子どもが満面の笑顔でまた乗りに行きたい!と言っていたので、とても良いウォータースポーツ体験になりました。

・重度の知的障害があるため、イベント体験などいつもは断られることが多く、今回も諦めていたのですが、快く相談に応じていただきました。臨機応変に対応していただき、とてもうれしかったです。

・琵琶湖の近くに住んでいるのに、なかなかウォータースポーツを体験する機会がなかったので、とても良いイベントでした。

・ぜひ続けて開催してほしいです。

・障がい者ボート選手のことを、初めて知りました。陰ながら応援していこうと思いました。

配布資料
・フェス用チラシ
・フォーラム用チラシ
・掲示用ポスター
・中吊り用ポスター
・当日配布パンフ

メディア掲出
【新聞】
8/23 (湖フェス記者会見)京都新聞
9/3 (湖フェス当日)朝日新聞
9/4 (湖フェス当日)中日新聞
9/6 (湖フェス当日)京都新聞

【テレビ】
9/2 NHKニュース、びわ湖放送ニュース
9/5キラりん滋賀(湖フェスリポート)
9/11 キラりん滋賀(海と日本プロジェクト)

その他特記事項
トークショー&フォーラムのYouTube掲載

湖フェストークショー
https://youtu.be/5CDQdri5glI

湖フェスフォーラム
https://youtu.be/r3Gr9DOuKDk

<告知チラシ>

<フォーラム用告知チラシ>

<掲示用ポスター>

イベントレポートは実施事業者からの報告に基づき掲載しています

日本財団

BIWAKO湖フェス2017〜 海と日本PROJECT〜 のページです。日本全国の海に関する様々な情報を日本財団「海と日本PROJECT」がお届けします。おでかけにぴったりなイベント情報や、海の現状を知る最新調査報告など、海を知って、海を思い、海に集うための情報が満載です。