マリンスポーツ指導者育成プログラム〜 海と日本PROJECT〜

2018.02.02

マリンスポーツ指導者育成プログラムは、日本財団が推進する「海と日本プロジェクト」のサポートプログラムです。海の楽しみを広く伝えるため、マリンスポーツの指導者を育成するプログラムを実施しました。

2020年東京オリンピック・セーリング競技の開催場所に江の島が決定しました。オリンピックへの機運を高めるためにも、海に興味を持ち、海の楽しみを身近に感じてもらうために、マリンスポーツを気軽に楽しめる環境や指導者を育成します。

日程
2017年8月30日~11月25日
・土日コース14日間
・平日コース14日間

開催場所
シーボニアマリーナ、逗子マリーナ

参加人数
38人

主催
一般社団法人 日本海洋アカデミー

オリエンテーション・小型船舶2級免許学科講習
・平日コース8月30日(水)
・土日コース9月 9日(土)

指導者育成プログラムの実施内容や目的の説明をオリエンテーションという形で開催いたしました。
船舶免許を取得し、ヨットやボートの操船技術を学び、指導者として活動できる人材を増やすために、免許学科講習を開催しました。

小型船舶2級免許 実技講習・試験
小型船舶2級免許実技講習
・9月4日~13日

船舶免許取得に向けて、実際に船を利用し実技講習を実施しました。

小型船舶2級免許 学科・実技試験
・土日コース9月16日(土)
・平日コース9月21日(木)

免許試験日を設定し、免許受験を実施しました。


ディンギー・カヤック・SUP講習
・平日コース9月20日(水)、9月27日(水)
・土日コース9月23日(土)、9月24日(日)

ディンギーの操船、カヤックやSUPの漕ぎ方を学び、実際に体験しました。
2日間の講習を行い、操作技術や艤装の学習、指導方法を学習しました。



パワーボート講習
・平日コース10月 4日(水)、10月5日(木)、10月11日(水)
・土日コース 9月30日(土)、10月1日(日)、11月23日(祝)

1日目
小型ボートを使用し、出航前準備、離岸着岸及びクルーワーク練習を行いました。その後、アンカーリング練習、クルージング操船練習、フィッシング練習を行いました。

2日目
大型ボートを使用し、出航前準備、離岸着岸及びクルーワーク練習を行いました。クルージングを操船する練習も行いました。

3日目
大型ボートを使用し、初島までクルージングを体験しました。
出航前準備、初島クルージング操船練習を行いました。



クルーザーヨット講習
・平日コース10月12日(木)、10月18日(水)、11月 8日(水)、11月10日(金)
・土日コース10月15日(日)、11月 3日(祝)、11月11日(土)、11月25日(土)

1日目
使用艇の下架、出航前準備をした後、セールアップ・ダウン、ビームリーチでのセーリング練習を行いました。また、タック及びジャイブも練習しました。

2日目
使用艇の下架、出航前準備をした後、クローズホールド中心の帆走練習を行いました。

3日目
使用艇の下架、出航前準備をした後、1日目、2日目にも行ったクローズホールド・タック・ジャイブ練習を実施しました。スピネーカーを使用した練習も行いました。

4日目
出航前準備をした後、大型セーリングヨットの操船練習を実施しました。最後に、目標に向けてのセーリング練習を実施しました。





クルーザーヨット外洋講習
・平日コース10月25日(水)~ 26日(木)
・土日コース11月 4日(土)~ 5日(日)
1泊2日で開催しました。講師に、海洋冒険家の白石康次郎氏を招きました。

1日目
逗子マリーナを出港し、帆走練習を兼ねて保田までのクルーズを行いました。

2日目
保田を出港し、帆走練習を兼ねて逗子マリーナまでのクルーズを行いました。

※荒天により行き先を大島から保田に変更
※土日コースのみ2日目浦賀寄港し、白石氏のレース艇スピリットオブユーコーでのセーリング体験






指導者のためのリスクマネジメント講座
・平日コース11月8日(水)
・土日コース11月3日(祝)
講師にヒーローズサポート代表の廣瀬秀一氏を招いて実施しました。

今後指導する立場として役立てていくことを目的とした講習です。
指導者としての安全管理の考え方、自然環境での指導の際の基本的なリスクマネジメントの考え方、海でのイベントを開催するうえで運営側としてどのようなことを考えて実施するのかなどを学びました。

気象・海象の基本とその活用講座
・平日コース10月25日(水)
・土日コース11月11日(土)
講師に株式会社サーフレジェンドの気象予報士・服部浩充氏を招いて実施しました。

海の天気の基礎知識を学び、普段目にする気象情報を正しく理解し、上手に活用する方法についての講習です。
マリンスポーツ指導者としてイベントを開催するか否かを判断する際に活用できるように、気象予報士の講師の方からアドバイスをいただきました。

参加者の声
・ディンギーは操船だけでなく、艤装も教わることができ、知識が深まりました。
・パワーボート講習の離着岸練習が何度も出来、操船に慣れることができました。
・トラブル対応ができる知識や対処法を今後はより深めていきたいです。
・クルーザーヨットの講義では様々な気象条件で乗ることができ、貴重な経験となりました。
・海に関心を持っていただけるイベントの運営、管理、企画に携わっていきたいです。
・2020年オリンピックセーリングのボランティア活動を行っていきたいです。
・今後指導者講習会の講師活動やイベントの立ち上がなどにかかわっていきたいと思いました。
・海洋教育の展開として、大学だけではなく、アウトリーチ活動として幼小中高および市民対象の海洋教育プログラムで展開していきたいです。
・セーリング体験者を増やし、楽しさをもっとより多くの方に伝えていきたいです。

<リーフレット>

イベントレポートは実施事業者からの報告に基づき掲載しています

日本財団

マリンスポーツ指導者育成プログラム〜 海と日本PROJECT〜 のページです。日本全国の海に関する様々な情報を日本財団「海と日本PROJECT」がお届けします。おでかけにぴったりなイベント情報や、海の現状を知る最新調査報告など、海を知って、海を思い、海に集うための情報が満載です。