トトタベローネ珠洲〜海と日本PROJECT〜

2017.08.18

トトタベローネ珠洲は、日本財団が推進する「海と日本プロジェクト」のサポートプログラムです。クイズラリー、工作体験、乗船体験など、子どもたちが海で学んだり、遊んだりする機会を提供しました。

珠洲市は能登半島の最先端に位置し、三方を海に囲まれ、美しく続く海岸線を保有する「さいはて」の地です。
近年、豊かな海に囲まれていても、子どもが海で遊ぶ機会が減少しています。トトタベローネ珠洲はクイズラリーや工作体験など、身近なプログラムを通して、子どもたちが海で学び、遊び、味わう機会を作ることを主な目的として開催します。

日程

2017年7月22日(土)・23日(日) ※23日は荒天により中止

開催場所
石川県珠洲市 鉢ヶ崎海水浴場

参加人数
2,900人

主催

トトタベローネ珠洲実行委員会


開会宣言とヒロオーネ(湾岸清掃)

10時より、珠洲市長、テレビ金沢社長、トトタベローネ・プロジェクト実行委員長による挨拶、開会宣言を行いました。
会場にいたお客様を含めた記念撮影を行い、多くのプレスを呼び込み、イベントスタート及び広報を盛り上げました。

また、開会宣言に先駆け、参加者を募って9時より会場である「鉢ヶ崎海水浴場」海岸の清掃活動、ヒロオーネを実施しました。ヒロオーネ参加者には「塩サイダー」をプレゼントしました。



大人も子どもも大はしゃぎ!「アソボーネ」
10時~16時00分まで、波打ち際に、ジャンボスライダーを設置。
大人も子どもも、スライダーから海めがけてダイブし、楽しみました。

意外に丈夫?ダンボルブーネ(ダンボールボート乗船体験)
10時~16時まで、ダンボールで作られた、特別丈夫な「ダンボールボート」に乗船できるプログラムを実施しました。
指定コースをゆっくりプカプカ!意外に丈夫でビックリ!?



遊びながら学べる!マナボーネ(海のサイエンスショー、工作体験)

11時~14時まで、科学者・ドクターリンによる、「海にまつわるサイエンスショー」と「ペットボトルバトルシップ工作教室」を実施しました。
工作体験で作ったバトルシップは持ち帰ってもらい、子どもの夏の自由工作として喜んでいただけました。



クイズラリーでお腹も満足?マワローネ、タベローネ(クイズラリー、珠洲まるかじりピザ振る舞い)

10時~15時まで、会場内のあちこちに全4問設置された、珠洲の海を知るクイズラリーを実施しました。
クイズラリーの答えを記入してくださった方には、珠洲の海で獲れた海藻を具材にしたピザと塩サイダーをプレゼントしました。


参加者の声
・珠洲の子どもが遊べる機会が少なかったので、これからもこのようなイベントを行ってほしいです。
・海水浴をする機会も減ってきていて、なかなか子どもを海に連れてくることができないのですが、楽しいイベントがあると海へ行こうと思います。来年もぜひやってほしいです。
・シーズン中、ずっと遊べるようにたくさん開催してほしいです。

メディア掲出

【事前告知】
・7/1〜7/22 テレビ金沢募集告知CM100本
・7/10~23 香林坊大和ビジョン(デカビ)30本/日 計420本
・Webサイト「金沢日和」イベント情報

【実施後】
・7/22 テレビ金沢当日ニュース
・7/23朝刊 北國新聞
・7/23朝刊 北陸中日新聞  2017年7月23日朝刊
・他、Web媒体多数

イベントレポートは実施事業者からの報告に基づき掲載しています

日本財団

トトタベローネ珠洲〜海と日本PROJECT〜 のページです。日本全国の海に関する様々な情報を日本財団「海と日本PROJECT」がお届けします。おでかけにぴったりなイベント情報や、海の現状を知る最新調査報告など、海を知って、海を思い、海に集うための情報が満載です。