〜海の街ながさきでウミを感じよう〜 海の祭典「トトタベローネ長崎」開催!

2017.10.25

次世代の子どもたちを対象に海と魚を楽しむ機会を提供するトトタベローネ・プロジェクト実行委員会は、長崎温泉やすらぎ伊王島 一般社団法人ナガサキベイデザインセンター・長崎文化放送株式会社と協働し、2017年10月29日(日)に、「トトタベローネ長崎 〜海の街ながさきでウミを感じよう〜」を長崎市伊王島海水浴場ほか、長崎県長崎市伊王島町内で開催します。

海の祭典「トトタベローネ」は、全国各地の団体と協働し海へのムーブメントをつくりだす日本財団「海と日本プロジェクト」の一環として行います。次世代を担う子どもたちに海や魚食への好奇心を喚起し、地域に根付く海にまつわる文化や環境の大切さについて体験を交えて伝えるとともに、地域内で活動する様々な人や団体が“トトタベローネ”という共通アイコンのもとでつながり合い、ともに地域の“当たり前”を発掘し財産にしていくことを狙いとしています。2015年度より富山県氷見市で始まり、2017年は夏から秋にかけて広く全国7地域(石川県珠洲市・青森県青森市・富山県氷見市・山口県萩市・愛媛県宇和島市・高知県土佐清水市・長崎県長崎市)で開催します。

「トトタベローネ長崎」は、漁獲高全国2位、300種類を超える魚が獲れる、長崎の魅力を再発見するとともに、新たな地域の結びつきや魅力創出を目指して実施します。長崎の魚介類をその場で焼いて食べる潮風バーベキューや、魚のつかみ取り体験、海の生き物や魚についての体験教室など、地域の子どもたちを対象に、長崎の地域資源を生かした「学び・遊び・味わう」体験を提供します。

<「トトタベローネ長崎」開催概要>
日時:2017年10月29日(日)10:00~17:00
場 所:各企画の概要をご参照ください

【体験教室で海とお魚を学ぼう】

●マナボーネ(おいしさの秘密って!?~お刺身の食べくらべ~)
お魚は食べるとおいしい。でも、普段みんなが感じている“おいしさ”とは何なのか?
切ったばかりの刺身と時間をおいたものの変化を見て、魚のおいしさの秘密に迫ります!
場所:伊王島開発総合センター
時間:10:00~11:00
講師:橘 勝康先生(長崎大学水産学部教授・食品学専門)
[事前応募による参加 小学生親子ペア15組]

●マナボーネ(ダイバーさんの海中教室)
海の中を知り尽くすダイバーの方から。海の中に潜む危険や生き物の生態などを学びます。
場所:伊王島開発総合センター
時間:13:00~14:00
[事前応募による参加 小学生親子ペア20組]

●ツクッテミヨーネ(フジパン PRESENTS サバサンド教室)
長崎市で売り出し中の、焼いたサバをサンドイッチにする「サバサンド」を作ります!
場所:伊王島開発総合センター
時間:①11:45~12:45 ②14:30~15:30
講師:赤崎 奈穂子先生(漁師教室ボナペティ主宰)
[事前応募による参加 各回小学生親子ペア15組]

【食べて遊んで魚を知ろう】

●カオーネ(漁協直売!朝市)
長崎の新鮮なお魚がずらり!普段スーパーなどで目にすることのできない魚介類など、多くの魚種を安く購入できます。ここで買ったお魚をヤコーネで焼いてその場で食べられます。
場所:ビーチマーケット会場(伊王島海水浴場)
時間:10:00~売り切れ次第終了

●ヤコーネ(潮風バーベキュー)
カオーネ内の物販ブースで買った魚介類・牡蠣などを焼いて長崎の旬の魚を味わいましょう!また、最近人気になっている「あごだし」を使った「にゅうめん」も試食できます。
場所:ビーチマーケット会場(伊王島海水浴場)
時間:11:00~16:00
[にゅうめんの試食は無料、限定400食]

●タベローネ
このイベントでしか食べられない、限定メニューが登場!
場所:長崎温泉やすらぎ伊王島内
・網元食堂 「海鮮丼」 800円(税込)
※その他本館Family Diningうららか「赤カマス定食」1480円(税込)も食べられます

●ツカモーネ(さかなのつかみどり体験)
特設のイケスを設置!長崎の旬のおいしい魚はどんな種類がいるかな?実際に触ってみよう!捕れた魚介類は、持ち帰ることができます。
場所:伊王島海水浴場
時間:全4回 ①10:00~ ②11:30~ ③14:00~ ④15:00~ 受付開始 午前の部 9:30~ 午後の部 13:00~
[各回先着20名 参加料 500円/人]

<お問い合わせ先>
トトタベローネ長崎運営事務局
TEL:095-843-7003 FAX:095-843-8433
公式サイト:http://tototabelone.jp

日本財団

〜海の街ながさきでウミを感じよう〜 海の祭典「トトタベローネ長崎」開催! のページです。日本全国の海に関する様々な情報を日本財団「海と日本PROJECT」がお届けします。おでかけにぴったりなイベント情報や、海の現状を知る最新調査報告など、海を知って、海を思い、海に集うための情報が満載です。