全国の市区町村長からのメッセージ:著名人応援団

日本財団「海と日本PROJECT」に賛同・応援いただいている著名人のみなさまからのメッセージを紹介しています。
著名人からの映像メッセージ

福岡県
  • 金子健次
    福岡県柳川市長
    金子健次
  • 柳川市では、有明海で獲れる豊かな海の幸があり、太古の昔から、その恩恵を受けてきました。また一方でその海に負荷を与えており、海の環境は私たちが考えていかなければならない大きな課題です。
    かけがえのないこの素晴らしい宝の海を、次の世代にバトンタッチできるよう、この課題に取り組んでまいります。

  • 田中純
    福岡県行橋市長
    田中純
  • 福岡県行橋市は、地形的に海・山・川と、自然の起伏に富んだ地形で、ローカルな都市には珍しく人口が増えている活気がある地方都市です。
    ビーチバレー・ビーチサッカー、海岸線を走るハーフマラソンと、市をあげて滞在型のビーチスポーツができるように整えている最中ですので、機会がございましたら是非行橋にお越しいただければと思っております。よろしくお願い致します。

  • 後藤元秀
    福岡県豊前市長
    後藤元秀
  • 海と共に生きた歴史がある日本です。
    海を大切にすることが日本を大切にすることにつながる。
    豊前市も、内海ですがその一角を担う立場にあって、海の力を信じ、そして海とともに生きる素晴らしさを体験できる「海と日本プロジェクト」を、微力ながら応援していきたい、参加していきたいと思います。

  • 原﨑智仁
    福岡県福津市長
    原﨑智仁
  • 福岡県福津市は、海に面した総距離が延べ22キロある大変海と関わりのある町です。
    漁港では、毎週日曜日に地元で採れた海産物の朝市、少し先にはヨットハーバーがありマリンレジャーのメッカでもあります。また白砂青松の海岸はウミガメの産卵場所です。
    わが町には、海岸のゴミ拾い、下草刈、ウミガメを見守る団体など、本当に海を愛される方がたくさんいらっしゃいます。そういったみなさまのご協力で、福津の海は今も守られていると思います。

  • 月形祐二
    福岡県糸島市長
    月形祐二
  • 福岡県糸島市は、海岸線が北側に60km広がっており、白砂青松の海岸、芥屋の大門、二見ヶ浦に代表される素晴らしい景観、あわせて干潟が広がる、変化にとんだ素晴らしい地形を有しています。
    糸島の海・筑前海は素晴らしい漁場で、牡蠣・海苔の養殖、それと「そうめん海苔・ふともずく」様々な海産物を産み出しています。
    この素晴らしい糸島の海を、皆さまの協力を得ながら、次の世代に受け継いでいきたいと思います。

佐賀県
  • 峰達郎
    佐賀県唐津市長
    峰達郎
  • 唐津市は佐賀県北西部に位置し、玄界灘に面しております。唐津の海は呼子のイカに代表される恵まれた海産物があり、日本三大松原の一つである虹の松原や唐津湾を望む唐津城など景観にも恵まれております。
    唐津の海は、海岸や松原の清掃など、市民の皆さまの尽力により守られてきました。これからも、市民の皆さまと力を合わせて、次世代を担う子供たちに、唐津の海の素晴らしさを伝えていきたいと思っております。

  • 樋口久俊
    佐賀県鹿島市長
    樋口久俊
  • 鹿島市は、佐賀県の西南部に位置し、東には有明海が広がり、西は多良岳山系に囲まれた自然環境に恵まれたところです。有明海側の干潟の一部は、希少な渡り鳥の休息地として、「肥前鹿島干潟」の名称で平成27年5月にラムサール条約湿地に登録されました。干潟では渡り鳥だけではなく、干潟の生き物たちを間近に観察できます。これからこの貴重な干潟を次世代に残すことが私たちの使命です。鹿島市は「海と日本プロジェクト」と一緒に有明海の保全に取組んでまいります。

  • 江里口秀次
    佐賀県小城市長
    江里口秀次
  • 小城市は有明海に面しており、海苔の養殖が盛んです。また、芦刈海岸の広大な干潟は、日本で唯一ムツゴロウ・シオマネキ保護区に指定されており、他ではなかなか見ることが出来ないさまざまな生物が生息し、小城市でもたくさん見ることが出来ます。関係各位と協力して海を守り、また同時に山を守り、宝の海を後世に残していけるようにこれからも取組みを続けていきたいと考えています。

  • 田島健一
    佐賀県白石町長
    田島健一
  • 白石町はほとんどが干拓でできた町となっており、私たちが今住んでいる宅地や農地は、その昔は有明海でした。
    以前は漁業の方もたくさんいらっしゃったのですが、今は農家の割合が大きくなってきております。
    しかしながら、農家の方も漁師さんも一緒になって有明海を、そして陸と海の境をもっと豊かにしていきたいです。

長崎県
  • 田上富久
    長崎県長崎市長
    田上富久
  • 三方を海で囲まれた長崎市は、古くからその恩恵を受け発展してきました。また、多種多様な漁業や水産加工業などが営まれている全国でも有数の「水産都市」であり、春夏秋冬それぞれに旬の魚がある「魚の美味しいまち」です。「海と日本プロジェクト」を通じて、「魚の美味しいまち長崎」の魅力を多くの方々に知っていただくとともに、全国各地で展開されるさまざまな取組みにより、美しい日本の海のすばらしさを再認識していただくきっかけとなることをご期待申し上げます。

  • 朝長則男
    長崎県佐世保市長
    朝長則男
  • 佐世保市は、天然の良港である佐世保港や自然美を誇る九十九島、そしてその複雑に入り組んだリアス海岸と多島海が育む豊かな水産物など、海が市民の身近にあるということが大きな魅力であり、それが佐世保の街を育んできました。
    素晴らしい海が身近にあるということは、ゆとりある生活を実現するとともに、人々が海を慈しむ心を育むことにもつながります。そのような海を守り、次代を担う子ども達に引き継いでいくことは私たちの責務です。本プロジェクトを通じて、このような想いが広がることを期待しています。

  • 園田裕史
    長崎県大村市長
    園田裕史
  • 大村市は、緑豊かな多良山系と大村湾に囲まれた、自然の恵みと便利な都市機能が調和する都市です。大村湾は、海岸に打ち寄せる波音が琴の音のような響きから、別名「琴の海」とも呼ばれており、ナマコ、サザエ、シャコをはじめ、カキや真珠などの水産物や世界初の海上空港である長崎空港がある宝の海です。
    この宝の海が「海と日本プロジェクト」の取組により、次世代へと引き継がれていくように期待しています。

  • 渡邉悟
    長崎県東彼杵町長
    渡邉悟
  • 東彼杵町は、平成29年全国お茶まつりで日本一に輝いた長崎玉緑茶と江戸時代から大村湾を通じて陸揚げされた鯨の食文化を残す「お茶とくじら」の町です。
    また、多良山系の山々と波静かな大村湾の恩恵を受けつつ、四季折々の美しい農村風景を残す町でもあります。
    ふるさとの美しい原風景を未来に引き継ぐためにも「海と日本プロジェクト」を通じて、多くの方に海に親しんでいただくとともに、次世代に美しい海を引き継ぐ活動の輪がさらに広がるようご期待申し上げます。

  • 山口文夫
    長崎県川棚町長
    山口文夫
  • 川棚町は、長崎県のほぼ中央に位置し、波静かな大村湾に面した自然環境豊かなまちです。
    大村湾は、ナマコやシャコなど水産資源が豊かな宝の海であり、大村湾に大きく突き出た大崎半島では、小串湾の絶景がみられるとともに、海水浴やマリンスポーツなどのマリンレジャーも楽しめます。
    「海と日本のプロジェクト」を通じて、多くの皆様が海に親しんでいただくとともに、未来の世代に美しい海が引き継がれていくようご期待申し上げます。

熊本県
  • 大西一史
    熊本県熊本市長
    大西一史
  • 熊本市は、九州の中央に位置し、東に阿蘇、西に有明海を望み、水と緑の豊かな都市です。その有明海では、広大な干潟でのアサリ、ハマグリをはじめ、有明海の水産業を代表するノリ養殖業などが営まれており、多くの恵みがもたらされています。この海の恩恵に感謝するとともに、海の環境が守られ、今ある豊かな暮らしと環境を将来にわたり引き継いでいけるよう、「海と日本プロジェクト」を応援してまいります。

  • 堀江隆臣
    熊本県上天草市長
    堀江隆臣
  • 上天草市は、熊本県の南西部に位置し、有明海、八代海に囲まれ、海と山が織りなす景色や豊富な魚介類等を目当てに多くの観光客が訪れるなど、阿蘇と並ぶ熊本を代表する観光地として知られています。私の趣味はスキューバダイビングですが、最近、水面を漂流する人工ゴミや海水温上昇によるサンゴの白化現象を目の当たりにすることもあり、変わりゆく海の姿を大変心配しています。これからも世界中で海の恩恵を受け続けられる環境を維持するためにも海と日本プロジェクトの活動を応援します!

  • 中村五木
    熊本県天草市長
    中村五木
  • 3つの海(東シナ海・有明海・八代海)に囲まれた天草市は、水産資源に恵まれており、数多くの魚種と美味しい魚が獲れる“宝の島”です。
    また、野生のミナミハンドウイルカが約200頭生息しており、間近で見ることができる「イルカウォッチング」は、毎年、約10万人の方が訪れている人気スポットです。
    「海と日本プロジェクト」を通じ、天草の美しい海が守られ、将来へ引き継がれることを期待します。

  • 竹崎一成
    熊本県芦北町長
    竹崎一成
  • 芦北町は、熊本県南部に位置し、美しい不知火海と甘夏、デコポンが豊かに実る山々に囲まれています。
    また、「白いドレスの海の貴婦人」と呼ばれる「うたせ船」や、御立岬海水浴場などの白砂の海辺で開催される各種イベントでは、たくさんの観光客に楽しんでいただいております。
    豊かで美しい海を、未来の子どもたちに引き継いでいくためにも「海と日本プロジェクト」を通じて、たくさんの人々が海を守り育てていく取組みに繋がっていくことを期待しています。

  • 山田豊隆
    熊本県津奈木町長
    山田豊隆
  • 熊本県南部に位置する津奈木町。東南北の三方はなだらかな山々に囲まれており、西側には九州の地中海と形容される穏やかで美しい不知火海が広がっています。海に面した本町では、これまで海を中心として様々な文化や交流が生まれてきました。本年10月7日から12月5日までは、海の上に建つ旧・赤崎小学校を舞台とした展覧会「ホテル裸島リゾートオブメモリー」を開催いたします。是非みなさんにも“海に開かれた地域”での文化・交流活動を体感していただければと思います。

大分県
  • 佐藤樹一郎
    大分県大分市長
    佐藤樹一郎
  • 大分市は、瀬戸内海に面し、美しい海岸線を有するとともに、全国ブランドとなった「関あじ・関さば」をはじめ豊富な水産資源に恵まれています。また、戦国時代には南蛮文化が花開いた国際貿易都市として繁栄するなど、様々な形で海からの恩恵を受けながら発展してきました
    「海と日本プロジェクト」を通じて、多くの皆様に大分の海への関心を深め、その素晴らしさ、大切さを感じていただき、美しい海が次世代に引き継がれていくことを期待しています。

  • 長野恭紘
    大分県別府市長
    長野恭紘
  • 別府湾は古くより物流の拠点、そして四国、関西の観光客が九州を訪れる玄関口として発展してきた歴史があり、昔から「別府湾の海」は別府の温泉とともに、市民にとっても、観光客にとっても、無くてはならない存在となっています。
    この「海と日本プロジェクト」を通じて、次世代を担う子供たちが日本の海の素晴らしさや美しさを再認識してくれることを期待し、海の美しさを守るため、地域の皆様の絶え間ない努力があることを知って欲しいと思います。

  • 奥塚正典
    大分県中津市長
    奥塚正典
  • 中津干潟は、日本三大干潟の一つで豊富な自然から作り出された財産です。国内ではほとんど見ることができない希少生物が、豊富に生息しています。
    他では味わえない地物の食材が堪能できますし、日本初の干潟でのカキ養殖「ひがた美人」の生産にも力を入れています。子どもたちにとっては、図鑑で見る生物が手に取ることができるフィールドです。
    この貴重な財産を誇りに思い、守り、次世代につなげていくことは、今を生きる私たちの使命です。これからもこの豊かな海を、皆さんと一緒に育んでいきます。

  • 田中利明
    大分県佐伯市長
    田中利明
  • 日豊海岸国定公園に指定されたリアス式海岸は、風光明媚な景色が広がる美しい海です。また豊後水道は、瀬戸内海からの潮と黒潮の急流がぶつかりあう絶好の漁場であり、県内トップの水揚げ量を誇ります。寿司をはじめ、海鮮丼、伊勢えび料理など、新鮮な素材を活かした料理が自慢です。
    佐伯市は、海の恵みにより発展してきたまちですので、今回の「海と日本プロジェクト」を通じ、あらためて後世にこの素晴らしい海を残していかねばならないと決意したところです。

  • 三河明史
    大分県国東市長
    三河明史
  • 国東市は大分県の北東部、瀬戸内海に面した丸い国東半島の東半分に位置する自然豊かなまちです。かねてより、くにさき銀たち(タチウオ)やくにさき姫だこ、国東わかめなど海の産物に恵まれておりますが、最近は生食用の牡蠣「くにさきOYSTER」の養殖を手掛け、全国の高級レストラン等で好評を得ています。また、アカウミガメが産卵のために上陸する美しい海を守ろうと市民一体となって海岸清掃などに取り組んでいます。美しい海を次の世代に残すことは、私たちの義務であります。国東市といたしましてもこの「海と日本プロジェクト」の活動を応援してまいります。

宮崎県
  • 戸敷正
    宮崎県宮崎市長
    戸敷正
  • 南北に38キロの美しい海岸線を有する宮崎市。沖合いを流れる黒潮に育まれた豊かな漁場ではカツオやマグロなどが水揚げされるとともに、アカウミガメやコアジサシの産卵地にもなっています。マリンスポーツやライフセービング活動など、海を楽しみ、心身を育む場として私達の暮らしは海と共にあります。この恵まれた環境を次世代につないでいくことは私達の使命です。海と日本プロジェクトを通じて、誇りと愛着をもった地域づくりにつながることを期待しています。

  • 﨑田恭平
    宮崎県日南市長
    﨑田恭平
  • 全国でも有数の景観とコバルトブルーのきれいな海が広がる日南海岸は、本市の最大の魅力と言ってもいいでしょう。
    その海の恵みにより、サンゴ礁や熱帯魚が生息し、マグロやカツオなど多くの新鮮な魚が水揚げされ、その食材を使った食事は観光客にも大人気です。
    また、シーカヤックやサーフィンも盛んで、私も子どもの頃、海水浴に出かけ、楽しい思い出が沢山あります。
    私たちは、この貴重な海洋資源を、50年、100年と、後世に引継ぐ義務があります。
    ぜひ、このプロジェクトを通じ、「海で遊び」「海を知る」といったきっかけにしていただきたいと感じています。

  • 十屋幸平
    宮崎県日向市長
    十屋幸平
  • 日向市は、黒潮洗う美しい海岸線に縁どられた海の魅力あふれるまちです。中でも、全国トップクラスと言われるサーフィン環境は国内外から高く評価され、今年9月には「世界ジュニアサーフィン選手権」がアジアでは初めて開催されます。
    この自然豊かな日向の「海」を後世に繋げていくためにも、「海と日本プロジェクト」を通じ、市民やサーファーの皆さんらとともに、海の未来について考えていきたいと思います。

  • 島田俊光
    宮崎県串間市長
    島田俊光
  • 串間市は宮崎県内最南端に位置し、海を望む緑の草原に野生馬が生息する都井岬、文化猿の幸島、日本の渚百選の石波海岸など、国の天然記念物に指定されている、他にはない貴重で風光明媚なロケーションが広がっています。また、国の認定を受けた串間エコツーリズムでは、SUP体験、定置網体験、グラスボートから見る九州最大のサンゴ群集など、海を楽しむメニューがたくさんあります。このプロジェクトを通じて、「海」という「宝」を改めて感じてほしいと思います。

  • 黒木敏之
    宮崎県高鍋町長
    黒木敏之
  • 宮崎県の東部に位置する日向灘。その豊かな恵みを受ける高鍋町の海は水質良好で、アカウミガメやグンバイヒルガオなどの動植物の宝庫です。特に天然牡蠣の生産地として有名で、高鍋町を代表するグルメとなっております。また、海水浴場やサーフスポットとしても人気であり、観光資源としても重要な役割を担っております。
    本プロジェクトを通じ、この素晴らしい海の魅力を多くの皆様に伝えていくとともに、後世に残せるよう勤めてまいります。

  • 日髙昭彦
    宮崎県川南町長
    日髙昭彦
  • 川南町の魅力は、豊かな自然とサーフィンに適した良好な波に恵まれているところです。
    我が町は、昔から『川南合衆国』と言われており、その名のとおり全国各地からいろんな人が集まっています。特に多くのサーファーがこの地を訪れており、波(海)を通してコミュニケーションがとりやすいところも魅力のひとつとなっています。
    海は世界と繋がる入口であり、生命の源です。川南町では、漁獲量が多く町の魚である『マグロ』のように一生泳ぎ続け、未来に向かって進化し続けることが私の理想です。

  • 河野正和
    宮崎県都農町長
    河野正和
  • 尾鈴山で育まれた清流はやがて川となり、日向灘へと注がれ、そして豊かな海の恵みをもたらしています。
    私たち人類は、この豊かな海の恩恵を受けながら生きてきました。
    ハモ・シイラ・伊勢えび・金ふぐなどの旬の魚介類が都農町で水揚げされる代表的な海の幸で、これらを含め全ての海産物は、私たちが生きていくために欠かせない「海からの恩恵」です。
    遠い昔から、私たちは「海」と隣り合わせでお互いに恩恵を受け合いながら、共に生きています。
    このプロジェクトを通し、「海の恩恵」について、もう一度見つめなおしてみませんか?

  • 安田修
    宮崎県門川町長
    安田修
  • 門川町は、古くから「さかなの町」として発展しており、今なお海からの恩恵を受け続けています。そのような中、水産業を取り巻く環境は厳しさもありますが、海は、私たちに生きる力を提供してくれるだけでなく、観光資源などの魅力も持ち合わせた貴重な存在であります。
    今後ともキラキラ輝く海を、将来を担う子どもたちに残していくためにも、この「海と日本プロジェクト」をとおして、海に関わる全ての人たちが、海について考え、できることから行動することが必要です。
    ともに頑張っていきましょう!

鹿児島県
  • 森博幸
    鹿児島県鹿児島市長
    森博幸
  • 鹿児島市の目の前に広がる錦江湾は火山の巨大噴火で形成され、「内湾」と「深海」の両方の特性を持つ世界的にも珍しい海で、多様な生態系が育まれております。
    また、錦江湾と桜島の雄大な景色は鹿児島の主要な観光資源となっており、シーカヤックやクルーズなど、様々な体験プログラムで海を身近に楽しむことができます。
    鹿児島市としては、「海と日本プロジェクト」に携わる皆さんと共に、錦江湾の魅力や恵みなどを国内外に発信し、素晴らしい海を未来に引き継いでいけるよう取り組んで参りたいと思います。

  • 宮路高光
    鹿児島県日置市長
    宮路高光
  • 日置市には日本三大砂丘のひとつ、吹上浜があります。日本の渚百選にも選ばれ、ウミガメが産卵します。鹿児島県内で先駆けて海浜保護条例を制定しました。また吹上浜北部の江口浜には、県内外からサーファーが訪れます。海の幸も豊富です。日置市は、海と非常に関係が深い市です。
    「吹上浜クリーン作戦」で市民も一緒に、ウミガメが上陸する海岸の保護に努めています。「海と日本プロジェクト」で、多くの方が海への関心を深め、未来へつなげるきっかけになることを願います。

  • 肥後正司
    鹿児島県十島村長
    肥後正司
  • トカラ列島(十島村)は、屋久島と奄美大島の間に連なる火山とサンゴ礁の12の島々です。東シナ海を北上してきた黒潮が北東に大きく向きを変え太平洋へと流れ込む海域です。古来から人々の往来がみられ、「道の島」の一端を担ってきました。この夏、この海域で黒潮を使った世界初の海流発電の実証実験が行われます。海との新しい関わりの始まりです。今を支え、未来を拓く海を残すため「海と日本プロジェクト」を応援します。

  • 鎌田愛人
    鹿児島県瀬戸内町長
    鎌田愛人
  • 奄美大島と加計呂麻島に挟まれた大島海峡では、クロマグロや真珠などの養殖が盛んに行われ、瀬戸内町の水産業の振興に大きく寄与しています。また、大島海峡を舞台に開催される「奄美シーカヤックマラソンIN加計呂麻大会」は今年で25回目を数え、町内や全国から多くの出場がありました。「海と日本プロジェクト」を通じて、奄美大島や大島海峡の素晴らしい海を世界に発信し、次の世代に自信と誇りを持って引き継いでまいります。

沖縄県
  • 上原昭
    沖縄県糸満市長
    上原昭
  • 糸満市は「海人のまち」として、長い歴史と伝統を誇り、今も旧暦文化が色濃く残る町です。旧暦の5月4日には海の恵みに感謝し、より一層の大漁と航海安全を祈願して「糸満ハーレー」が行われ、毎年多くの観客で賑わいを見せています。
    また、糸満漁港は、県内唯一の第3種漁港として県外船も多く寄港しています。
    さらに、糸満市南部の海岸地域では、サーフィンやダイビングが盛んで、摩文仁の丘からは崖下にサンゴ礁が広がり、すばらしい眺めを堪能することができます。「海と日本プロジェクト」の趣旨に賛同し活動を応援致します。

  • 上間明
    沖縄県西原町長
    上間明
  • 沖縄県の東海岸に位置する本町では、かつては子供たちが汲み取った海水で豆腐を作るなど、海は人々の生活の一部として大切にされてきました。
    今では、大型の海浜公園が誕生し、海水浴やマリンスポーツ、ビーチバレー大会で毎年賑わいをみせるなか、大切な資源を守ろうとボランティアによる清掃が活発に行われております。
    このプロジェクトを通し、海を愛する方が増え、きれいな海が後世に引き継がれることを期待しております。

日本財団

著名人応援団のページです。日本全国の海に関する様々な情報を日本財団「海と日本PROJECT」がお届けします。おでかけにぴったりなイベント情報や、海の現状を知る最新調査報告など、海を知って、海を思い、海に集うための情報が満載です。