全国の市区町村長からのメッセージ:著名人応援団

日本財団「海と日本PROJECT」に賛同・応援いただいている著名人のみなさまからのメッセージを紹介しています。
著名人からの映像メッセージ

  • 山﨑結子
    青森県外ヶ浜町長
    山﨑結子
  • 目を瞑り、そっと胸に手をあて、子供の頃に感じた「海」を思い出してみてください。どんな海が心に広がっていますか。みんなと楽しく泳いだ海、たくさんお魚を釣った海など、楽しい思い出がたくさんつまった海が、今もなお、心の中で生き続けているのではないでしょうか。
    今を生きる私達は、子供達に笑顔を咲かせてくれる素敵な海を、次世代へ引継ぐ使命があります。このプロジェクトを通じて身近な海をみつめ直していきましょう。

  • 小林嘉文
    岡山県笠岡市長
    小林嘉文
  • 笠岡市は,岡山県の西南部に位置し,瀬戸内海には,個性豊かな7つの有人島を有します。笠岡諸島の島々には,国の文化財である盆踊りが伝承される島・良質の花崗岩を産出する石の島などがあり,笠岡市にとってかけがえのない資源です。
    海・島と結びつきの強い笠岡市だからこそ,「海と日本プロジェクト」の活動により,これからも海の恵みに感謝し,海を大切にしてくれる方が増えてくださることを願っています。

  • 松井一實
    広島県広島市長
    松井一實
  • 山に登って広島の海を眺めてみてください。さざ波が立っている海に、島が美しく配置されており、箱庭のごとく綺麗です。海と日本プロジェクトをきっかけに、地域の皆さんが愛着を持ってこの素晴らしい海を愛で、ゴミを捨てないようにするなど、きれいな環境が長く維持される良循環が生まれ、豊かな海が次世代を担う子どもたちに引き継がれていくことを期待しています。

  • 明岳周作
    広島県江田島市長
    明岳周作
  • 江田島は瀬戸内の穏かな海に浮かぶ、豊かな自然と個性的な伝統・文化、美味い産品、あたたかい人で溢れる「恵み多き島」です。豊かな海辺の自然を教育資源とした「大柿自然環境体験学習交流館(さとうみ科学館)」では、幼少期から、海と自然を守り育むという特色のある教育に取り組んでいます。「海と日本プロジェクト」を通じて、海とともにある江田島の魅力、本市の取組を多くの方々に知っていただくことで、豊かな海を将来に繋げていくきっかけとなることを期待しています。

  • 国井益雄
    山口県下松市長
    国井益雄
  • 我が下松市(くだまつし)には、風光明媚な笠戸島があり、ここから見える夕映えは日本一であると自負しております。笠戸島には海水浴場もあり、毎年イカダレースも行われています。昨年リニューアルした国民宿舎 大城(おおじょう)は、全室オーシャンビューとなっており、本市特産品の笠戸ひらめもご堪能いただけます。また、港湾施設は「国際バルク戦略港湾」の指定を受け、海を通じて世界へと繋がっており、このプロジェクトで世界へ発信できることを期待します。

  • 大西倉雄
    山口県長門市長
    大西倉雄
  • 本州の最西北端に位置する長門市。市の北側には美しい日本海の風景が広がり、訪れた人の心を魅了します。澄みきった海は絶好のダイビングスポットでもあり、仙崎イカをはじめとする新鮮な海の幸にも恵まれています。
    長門市では大切な財産であるこの海を次世代に引き継ぐため、毎年「海岸清掃の日」を定め、市民総参加で海岸の清掃を行っているところです。このプロジェクトを通じて、海を想う心の輪がさらに広がっていくことを期待します。

  • 木村健一郎
    山口県周南市長
    木村健一郎
  • 穏やかな瀬戸内海は、市民の憩いの場として愛され、「徳山ふぐ」「周防はも」「周南たこ」等の新鮮な海の幸にも恵まれるなど、周南市に様々な恩恵をもたらしてきました。また、天然の良港、徳山湾は、交通の要衝として発展し、沿岸部には周南コンビナートの工場群が広がり、「周南工場夜景」を観光資源として、新たな魅力を発信しています。こうした海とともに発展してきた周南市は、海を守り未来へ引き継ぐ「海と日本プロジェクト」に賛同し、共に活動してまいります。

  • 宮脇馨
    愛媛県上島町長
    宮脇馨
  • 上島町の魅力は、自然環境としての海に囲まれた豊かさです。
    ここでの暮らしの全ては潮の流れのリズムです。この大きな時間の流れが豊かさを生み出す源となっています。
    山が荒れると海も荒れる瀬戸内海で生きる私達には島と海の共生が大切です。
    理想の海は、いろんな生き物がいっぱいいる海。そこで私達も一緒に生きていくことです。上島町の島々で、みんなが人生を楽しめる空間にする事が私の夢です。

著名人応援団のページです。日本全国の海に関する様々な情報を日本財団「海と日本PROJECT」がお届けします。おでかけにぴったりなイベント情報や、海の現状を知る最新調査報告など、海を知って、海を思い、海に集うための情報が満載です。