全国の市区町村長からのメッセージ:著名人応援団

日本財団「海と日本PROJECT」に賛同・応援いただいている著名人のみなさまからのメッセージを紹介しています。
著名人からの映像メッセージ

  • 高橋定敏
    北海道留萌市長
    高橋定敏
  • 留萌市は、日本海北部に面し、かつてはニシン漁が盛んであったこともあり、塩数の子の生産日本一のまちです。近年、地球温暖化に伴い、海水温が上昇傾向にあることから、海の環境も変わってきている現状であります。このため、地球温暖化対策として温室効果ガス削減に向け、政府が進める「COOL CHOICE(クールチョイス)」を市民や事業者の皆さんと連携して留萌市全体で推進しています。
    海の環境を守るという使命感に燃えて、いま取り組まなければ次の世代の子供たちに豊かな海として繋ぐことができないとの思いから、『海と日本プロジェクト』の趣旨に賛同し応援いたします。

  • 工藤広
    北海道稚内市長
    工藤広
  • 3方を海に囲まれた我が街「わっかない」は、海と共に発展してきた街であり、戦前には現ロシア連邦サハリン州(旧樺太)との間に連絡航路を擁し、また戦後における日本有数の漁業基地として大きな役割を果たしてきました。
    現在では、平成3年にスタートした「稚内港マリンタウンプロジェクト」の実施により、港周辺の様子も大きく様変わりしましたが、我が街のシンボルとも言える「稚内港北防波堤ドーム」はそのままに、新しい国内・国際フェリーターミナルの建設や、市内には道内で6番目となる「海の駅」2箇所が登録されるなど、市民・観光客が自然と海に触れ合える環境が整えられています。

  • 新村卓実
    北海道奥尻町長
    新村卓実
  • 奥尻町は、北海道で2番目に大きな離島です。夏はウニ漁が盛んで、観光の目玉の1つとなっています。
    島唯一の奥尻高校では、スクーバダイビングが授業の中に組み込まれ、幼い頃から海に学び、海と共に生きてきました。「奥尻ブルー」と呼ばれる透明度の高い青い海が島を包み、ゆっくりとした「しまじかん」を過ごすことが出来ます。
    このプロジェクトを通じて、いつまでも穏やかな時間が流れる人と海の環境を守っていきたいと思っております。

  • 松井秀紀
    北海道積丹町長
    松井秀紀
  • 鰊とソーラン節を生み、北前船を育んだ日本海。
    海の無事を願い、今も灯し続ける神威岬灯台の宿舎跡の古びた礎石からは、新婚間もない灯台守が唄う「喜びも悲しみも幾歳月」が聞こえるような気がします。
    悠久の時を経て、今、積丹ブルーに浮かぶ馬の背の断崖の小道を行き交う、大勢の若い恋人達の姿があり、奇岩奇石が連なる海岸線に沈む夕日が想い出の2人の誓いを祝ってくれます。
    かけがえのないこの美しい海を、みんなで次世代に引き継いでいきましょう。

  • 駒井久晃
    北海道羽幌町長
    駒井久晃
  • 羽幌町の沖合にある天売島は、ウミガラス(オロロン鳥)やケイマフリなど8種類約100万羽の海鳥が繁殖する世界有数の海鳥繁殖地です。このような環境があるのは、私たちの周りにある森や里、川といった豊かな自然環境があるからと考えます。
    しかし、海岸には大量のごみが漂着しており、海の美観を損ねるだけでなく、海鳥をはじめとする生態系にも影響を与えています。
    この貴重な海鳥を守るため、未来の子どもたちに「豊かな海」を引き継いでいくためにも、ともに力を合わせて頑張りましょう!

  • 小野寺晃彦
    青森県青森市長
    小野寺晃彦
  • 青森市民の海『陸奥湾』。日本一の火祭り、ねぶたの浮かぶ海。ホタテやナマコなど豊かな海産物を育くむ海。道南函館とのフェリーや、世界各国とのクルーズ船で交流を結ぶ海。青森市の母なる海『陸奥湾』を、沿岸市町村とスクラムを組んで守っていきます。

  • 宮下宗一郎
    青森県むつ市長
    宮下宗一郎
  • むつ市にとって海とはすべてのはじまりです。周りを海に囲まれ、海から北前船や海軍の歴史・文化が伝わり、豊かな生態系と美味しい魚介類を育み、人々の営みを支えている存在です。
    海に囲まれたむつ市だからこそ、発信できる海の魅力がある。
    この海を未来の世代につなげていくために、私たちも「海と日本プロジェクト」と共に活動していきます。

  • 船橋茂久
    青森県平内町長
    船橋茂久
  • 平内町の漁家はほとんどがホタテガイの養殖を営み、青森県全体のホタテガイの生産の約半分を占めています。平成28年は数量、金額ともに過去最高の水揚げを記録し、日本一となりました。当町のある陸奥湾は八甲田山系の山々からのミネラル豊富な伏流水が流れ込み、ホタテガイやナマコなど多くの「海の幸」を育んでいます。この豊かな海を守るためにも「植林活動」、「海岸清掃」、「子どもの養殖体験」などの事業を継続するとともに、「海と日本プロジェクト」に賛同し、共に活動してまいります。

  • 山﨑結子
    青森県外ヶ浜町長
    山﨑結子
  • 目を瞑り、そっと胸に手をあて、子供の頃に感じた「海」を思い出してみてください。どんな海が心に広がっていますか。みんなと楽しく泳いだ海、たくさんお魚を釣った海など、楽しい思い出がたくさんつまった海が、今もなお、心の中で生き続けているのではないでしょうか。
    今を生きる私達は、子供達に笑顔を咲かせてくれる素敵な海を、次世代へ引継ぐ使命があります。このプロジェクトを通じて身近な海をみつめ直していきましょう。

  • 山本正徳
    岩手県宮古市長
    山本正徳
  • 本州最東端にある宮古市は、2011年3月11日、東日本大震災津波で甚大な被害を受けました。現在、市民一丸となって、復興への歩みを進めております。
    私たちは、海がもたらす恵みにより暮らしを営んでいる一方で、海は、時として災いをもたらすことを忘れてはなりません。
    津波被害から幾度も立ち上がってきた先人たち。これに学び、宮古市は必ずや復興いたします。
    そして、私たちはこれからも「海」と共に暮らしていきます。

  • 野田武則
    岩手県釜石市長
    野田武則
  • 釜石市は、「鉄と魚とラグビーのまち」です。
    4つの湾を抱える釜石は、多くの漁村集落を有し、古くから魚のまちとして発展してきました。
    震災後は、復興に向けて港湾の利用促進に取り組んでおります。釜石港でのコンテナ取扱いを開始し、港湾の利便性を向上させることにより、地域経済を活性化させたいと考えています。
    「海と日本プロジェクト」の取組みと共に美しい恵みの海の継承と暮らしを支える港湾の両立を目指して参ります。

  • 平野公三
    岩手県大槌町長
    平野公三
  • 大槌町は、大槌湾・船越湾というリアス式の二つの自然の良港に恵まれています。大槌湾は、三陸地方では珍しく3川が流れ込んでいて、秋には鮭の遡上(そじょう)が見られます。江戸時代から、名産の鮭を加工した「南部鼻曲り鮭」が伝統製法で受け継がれています。船越湾は、吉里吉里(きりきり)海岸、浪板(なみいた)海岸があり、多くの観光客に訪れていただいています。ぜひ当町にお越しいただき、海の魅力を発見して下さい。

  • 柾屋伸夫
    岩手県普代村長
    柾屋伸夫
  • 主産業が水産業である普代村は、これまで、海とともに生きてまいりました。定置網でとれる秋鮭は「普代サーモン」と称され、都内有名ホテルでメイン食材として扱われ、外海で養殖されるコンブやワカメは肉厚で全国各地で高く評価されています。
    私たちはこの豊かな恵みをもたらしてくれる母なる海を、次の未来を生きる人々に確実に引き継ぐべく、「海と日本プロジェクト」の趣旨に賛同し、これからも「青の国ふだい」を守り育ててまいります。

  • 小田祐士
    岩手県野田村長
    小田祐士
  • 野田村の漁業は、定置網と養殖が主流で、中でもプランクトン豊富な外海で養殖している荒海ホタテ・荒海ワカメは味と品質が高く評価されています。
    海は今でも変わらず、魚介類・海藻・塩・癒し・ミネラル豊富な潮風など多くの恵みを与え続けてくれています。
    海に親しみ、海の恵みを楽しみながら、魅力ある海と共に野田村の漁業を後世に引き継いでいけるよう努めてまいります。

  • 菅原茂
    宮城県気仙沼市長
    菅原茂
  • 世界の三大漁場のひとつと言われる三陸沖漁場を抱えて、気仙沼市は漁業を中心に発展してきました。気仙沼市は東日本大震災で大きな被害を受けましたが、市民の皆さんは海の恵みを信じて、もう一度海と一緒に生きていこうという思いで復興に向かって一歩一歩頑張ってきました。平成30年に開通予定の大島架橋を一日でも早く完成させて、さらなる復興の励みにしていきたいと思っています。気仙沼に足を運んでいただき、復興の様子を見ていただくとともに、美味しいものを食べていただけたらと思います。

  • 山田司郎
    宮城県名取市長
    山田司郎
  • 東日本大震災から6年が経って、ゆりあげ港朝市には多くの人が訪れ、賑わいを見せるようになりました。築地で日本一と認められた閖上(ゆりあげ)の赤貝のほか、今年から本格的な水揚げが始まったシラスやコウナゴも閖上の新たなブランドとして発信していきたいと思っています。ぜひ皆さんに閖上の海に足を運んでいただいて、復興に向かって前進する私たちの姿と、閖上の海の暮らしを感じてほしいと思います。

  • 寺澤薫
    宮城県七ヶ浜町長
    寺澤薫
  • 震災から7年目を迎え、今年7月に菖蒲田海水浴場がフルオープンしました。七ヶ浜町のシンボルともいえる菖蒲田海水浴場が被災し、悲しい思いをしましたが、活気や賑わいを取り戻せるようになったことを嬉しく思います。明治22年に七ヶ浜村が誕生した際に外国人避暑地ができたこともあり、七ヶ浜では昔から外国人との国際交流を含め、海をベースにたくさんの交流が生まれ、発展してきました。先達たちが繋いできた、この美しい財産を子どもたちに引き継いでいきたいというのが私の思いです。

  • 穂積志
    秋田県秋田市長
    穂積志
  • 秋田市は、北前船の寄港地として、全国10市町とともに文化庁の日本遺産に認定されております。流通の大動脈としての日本海の可能性に着目した商人、船乗りの海へのチャレンジが、経済を発展させ豊かな文化を育みました。本市では、認定を契機に寄港地間の連携による地域振興に取り組んでいくこととしています。海は、新たな世界への窓口です。子ども達が、「海と日本プロジェクト」を通じ、海に学び交流を深め未来を創造する力を育まれることを期待します。 

  • 齊藤滋宣
    秋田県能代市長
    齊藤滋宣
  • 能代市は、北前船がこの地から木材や銅を西廻り航路で運ぶ海運の要所で、古くから海の恵みに支えられていました。現在も海風を利用した風力発電の適地として注目され、海の恩恵を受けています。世界自然遺産白神山地と、それに連なる山々、豊かな流れの米代川、今に受け継がれる風の松原、夕陽を鮮やかに映し出す日本海など、この能代の宝物を次世代に引き継いでいけるよう「海と日本プロジェクト」と共に努めたいと考えております。

  • 菅原広二
    秋田県男鹿市長
    菅原広二
  • 男鹿市は、三方が海に開けたところです。古来より海による交易のあったところです。その昔、全身全霊で五感をはたらかせ、海に漕ぎ出していった男たちは、富と文化をもたらしてくれました。この海の男たちは、現代の私たちにロマンと勇気をあたえてくれます。そして、男鹿は昔の漁村風景が残っており、ジオパークにもなっている美しい海岸の景観があります。未来の子供たちに、「海と日本プロジェクト」の活動を通して、豊かな海を遺していきたいものです。

  • 長谷部誠
    秋田県由利本荘市長
    長谷部誠
  • 由利本荘市は、日本海から標高2,236mの鳥海山までの広大な面積を持つことから、日本海の対馬暖流からの大量の水蒸気が、雨や雪となって山に降り注ぎ、湧き水となり川となって日本海に流れ出る、命の水が循環するまちです。
    古来より人々はこの豊富な水の恵みにより、大地を耕し、家畜を育て、またハタハタを始めとした海の恵みを受けながら生活してきました。
    命の水が、海から生まれていることを実感できるこの土地に住んでいるからこそ、このプロジェクトを通じて、海を大切にする心が育まれ次代を担う子どもたちへ引き継がれていくことを期待しています。

  • 藤原一成
    秋田県潟上市長
    藤原一成
  • 潟上(かたがみ)市は日本海と八郎湖に面し男鹿半島を望み、古の昔より人々は海から多くの恵みをいただいてきました。千年以上続く東湖八坂神社例大祭(国指定重要無形民俗文化財)は、スサノオノミコトのヤマタノオロチ退治の故事と水神信仰が習合し、豊作と大漁を祈願して行われています。潟上市は、海からの恩恵を子どもたちにつなぐ架け橋としての「海と日本PROJECT」に心から賛同し、積極的に取り組んで参ります。

  • 佐藤孝弘
    山形県山形市長
    佐藤孝弘
  • 山形市は内陸部にありますが、江戸時代初頭、山形城主最上義光が最上川舟運を開発した当時から、日本海を通じて京都や大阪と交易し、紅花をはじめ様々な物資のみならず、文化においても活発な交流が行われていました。山形市では、海へと注ぐきれいな川を守るため、毎年多くの市民により河川の一斉清掃を行うなど、環境保全に取り組んでいます。海の恵みに感謝し、きれいな海と豊かな自然を次の世代に引き継ぐために、「海と日本プロジェクト」を応援いたします。

  • 田宮栄佐美
    山形県河北町長
    田宮栄佐美
  • 河北町は、かつて「最上紅花」集散地として繁栄を極めました。「紅花」は最上川をくだり、酒田から敦賀まで北前船で、あとは陸送や水運で京都まで運ばれました。帰り荷には雛人形や紅染衣装など上方文化がもたらされました。町には海がありませんが、こうした北前船がもたらした文化、伝統が今もなお受け継がれています。さらに未来に向けて、豊かさを生み出す海をみんなで守り、未来へ引き継いでいきましょう。

  • 時田博機
    山形県遊佐町長
    時田博機
  • 遊佐町は日本海から鳥海山まで文字通り海から山まで楽しむことが出来る町です。シーズンを迎える夏には多くの海水浴客、登山客で賑わいます。また、昨年はこの鳥海エリアが「鳥海山・飛島ジオパーク」として日本ジオパークに登録され、豊かな自然、地質学的魅力が大変注目されております。このプロジェクトを通して改めて海や自然の大切さに気づくきっかけとなり、後世へと引き継いでいく活動がさらに広がることを願っています。

  • 清水敏男
    福島県いわき市長
    清水敏男
  • いわき市は60kmに及ぶ海岸線を有しており、海は水産業や工業、物流、観光など市の産業にとって欠かせないものです。東日本大震災による沿岸部の被害の復旧は徐々に進んでいますが、原発事故による汚染水等の影響はいまだ続いており、風評を払拭するため継続的な情報発信に取り組んでいます。来年は5月に「太平洋・島サミット」、11月に「世界水族館会議」が開催されます。いわきの海の良さを知っていただく機会になることを期待しています。

  • 立谷秀清
    福島県相馬市長
    立谷秀清
  • 相馬市にとって海は豊かな恵みをもたらしてくれる豊潤の海。震災前、福島の沿岸漁業の大体6割が相馬の漁港に揚がっていました。風評被害によって元に戻らない状態が続いているがいずれは回復する、そういう気持ちで復興事業を行っています。ハードの整備はほとんど完了しています。次はソフト面です。風評克服に向けみんなで知恵を絞り、努力を重ねていかなければなりません。市民にとって海はふるさと。みんなで大事にしていこうという意識が大切です。

  • 桜井勝延
    福島県南相馬市長
    桜井勝延
  • 南相馬市には様々な種類の水産物が水揚げされる真野川漁港やサーフィンの世界大会も開催された北泉海岸などがあり、海は産業振興や観光振興の面で貴重な資源となっております。東日本大震災による津波により沿岸部は大きな被害を受けましたが、復旧・復興を進めています。真野川漁港では水揚げも始まり、北泉海岸でもサーフィンを行う姿を見ることができるようになりました。今後も海との共存を図り、その魅力を発信して参ります。

  • 馬場有
    福島県浪江町長
    馬場有
  • 浪江町にとって海とは、生活に欠かせないものが沢山ある場所です。震災前は、請戸漁港で水揚げされたコウナゴ、ヒラメなどを東京・築地に出荷していました。町では漁港の復旧工事を進め、この春6年ぶりに漁船が請戸漁港に戻ってきました。震災前の海に戻るように、また海の幸が安全と思っていただけるような対策・取り組みを進めてまいります。海の活力源を大切にしながら、今後もきれいな海を守っていきその状況を伝えていきたいと思っています。

  • 加藤憲郎
    福島県新地町長
    加藤憲郎
  • 新地町は豊かな海の恵みにより生活を営んできております。東日本大震災前の釣師浜漁港では多種多様な魚の水揚げで活気を帯びていました。また、釣師浜海水浴場は年間4万人もの家族連れ、海釣り公園は県内外の釣り客で賑わっておりました。町の現状としては、漁業施設の復旧は概ね完了ですが、漁業や海水浴場への安心安全確保と風評被害払拭にはまだまだ時間を要するものと思います。今後の復興の姿を見守って頂きたいと思います。

  • 熊谷俊人
    千葉県千葉市長
    熊谷俊人
  • 千葉市には、稲毛から幕張にかけて3つの人工海浜があり、総延長約4.3kmは日本一を誇ります。これらは、東京湾越しの富士山が望めるなどの優れた地域資源を有しており、隣接する海浜公園とあわせた“海辺”の将来像を示すグランドデザインを策定し、更なる魅力向上に取り組んでいます。
    また、千葉みなとに千葉港初の旅客船さん橋を整備し、船のある港の景観や工場夜景クルーズなど、これまでにない楽しみを創出しています。皆さまぜひお越しください。

  • 金丸謙一
    千葉県館山市長
    金丸謙一
  • 館山市は34.3kmに及ぶ海岸線を有し、洲崎を境に東京湾と太平洋に面しており、岩場あり砂浜ありの海岸線で多様な海の楽しみ方ができるのが特徴です。波静かな鏡ケ浦にはウミホタルや北限域のサンゴが生息し、海越しに見える富士山は市民の誇りであり、全長500mの「館山夕日桟橋」は安房地域の海の玄関口となっています。館山市では、こうした豊富な資源を活用し、海の魅力にさらに磨きをかけながら、「海辺のまちづくり」を進めています。

  • 太田洋
    千葉県いすみ市長
    太田洋
  • 九十九里浜の南端、太東崎灯台から大原に小九十九里浜が広がるいすみ市。昭和40年代から、波を求めて多くの若者が太東や三軒屋、大原海岸を訪れ、サーフィンのまちとして全国的に有名になりました。2020年東京オリンピックサーフィン会場となる釣ケ崎海岸は太東海岸の隣です。「いい波」を求めて訪れた海を愛する若者によってサーフィンが大きく花開くことになりました。里海の贈り物のイセエビなどの海の幸と「いい波」はいすみ市の宝です。

  • 三辻利弘
    東京都大島町長
    三辻利弘
  • 伊豆大島は数万年前から噴火を繰り返し、溶岩などからこの広大な土地を作ってきました。そのため黒い砂浜「ブラックサンドビーチ」と呼ばれる珍しい砂浜が大きな特徴です。また、熱帯域に聖域するサンゴなどカラフルな海の生き物が海中を華やかにしてくれ、「黒い海岸線と海中風景の対比」が大島の海の魅力です。この貴重な自然資源を次世代に引き継いでいきましょう。

  • 青沼邦和
    東京都新島村長
    青沼邦和
  • 新島村は新島と式根島の2島からなります。新島といえばマリンスポーツで特にサーフィンは一年中楽しむことができますし、式根島には磯の岩場に温泉が湧き出ており海中温泉として自然が作り上げた露天風呂は人気があります。四方を海に囲まれている新島・式根島の住民は、海とともに生きてきました。何時の時代でも海は恵の幸をもたらしてくれています。島を訪れてくれる人にこの素晴らしい自然を提供することが我々の使命だと思っております。頑張っていきましょう。

  • 浜川謙夫
    東京都神津島村長
    浜川謙夫
  • 神津島では漁業が盛んで、漁業が一番海に直結しているので、若い人たちは海に携わる漁業を選んで島に住んでいるというのが魅力です。海にはごみが打ちあがることもあるが、それが海に戻ってしまうと磯焼けという、沿岸に生える海藻類が枯れてしまうことがあるので汚れたものを海に流さないようにしています。海は離島において生活につながる資源で、海がなければ生活産業が成り立たない。生活および経済の糧になっています。こうした限りある資源を守りながら海と共生していきましょう。

  • 上地克明
    神奈川県横須賀市長
    上地克明
  • 横須賀市にとって海は、万物の源です。三方を相模湾、東京湾、金田湾に囲まれ、それぞれ特色を持った海岸があり、豊富な海産物が採れ、釣りやマリンスポーツに適した環境にも恵まれています。また、日本の先駆けとなった歴史もあります。こうした海の賑わいづくりを進め、次世代を担う皆様に横須賀の海の魅力を実感していただけるような海洋都市づくりを進めていきたいと考えています。
    「海と日本プロジェクト」を通じて、横須賀の海に関心や興味をもっていただくとともに海とのつながりを未来へ引き継がれていくことを期待しています。

  • 落合克宏
    神奈川県平塚市長
    落合克宏
  • 相模湾に面した平塚海岸は、砂丘と松林が続く自然のままの素朴さが魅力です。伊豆大島の眺望や雄大な箱根連山に沈む夕日に映し出された海岸の美しさは絶景で、四季を通してサーフィンやビーチスポーツを楽しむ人、家族連れ、釣り客でにぎわいます。また、古くから沿岸漁業が盛んで、海とともに人々の暮らしがありました。私たちは、輝く海、人と海とのよい関係を将来に引き継いでいくため「海と日本プロジェクト」を応援します。

  • 鈴木恒夫
    神奈川県藤沢市長
    鈴木恒夫
  • 藤沢の海岸は東京からも近く、風光明媚で海の恵みも豊富です。そして2020年には江の島でオリンピックのセーリング競技が開催され、世界から注目を集める場所となります。
    2017年の夏には「海と日本プロジェクト」の一環で、片瀬海岸東浜に子どもたちも製作に参加した「釘のない海の家」が誕生しました。今後も「海と日本プロジェクト」には、未来を担う子どもたちに海の魅力を伝えていただくことを期待し、応援しています。

  • 篠田昭
    新潟県新潟市長
    篠田昭
  • 新潟市は、江戸時代から北前船の寄港地として栄え、日本海を通じて人や物が交流し、「みなとまち」として発展してきました。開国時には日本海側唯一の開港五港に選ばれ、2019年、開港150周年を迎えます。また、日本海に沈む夕日、おいしい海の幸は新潟市の代名詞の一つになっています。本プロジェクトを通じて海や川に親しみ、水辺環境を豊かにしようという取り組みが進んでいくことを期待しています。

  • 二階堂馨
    新潟県新発田市長
    二階堂馨
  • 新発田市は県北の中核都市であり、新発田藩十万石の城下町として繁栄した歴史があります。市の北西部には白砂青松と形容される美しい海岸線が広がり、県立紫雲寺記念公園内にある藤塚浜海水浴場は、キャンプ場や温泉施設、多彩な運動施設などを持つ海洋レジャーの拠点となっています。本プロジェクトが海に関心を寄せてもらえるきっかけとなり、白砂青松の美しい海岸が未来を担う子どもたちに引き継がれることを期待しております。

  • 渡邊廣吉
    新潟県聖籠町長
    渡邊廣吉
  • 聖籠町は、日本海の夕日が見える美しい海岸線を有し、海のにぎわい館や、新潟国体のセーリング会場としても整備された港湾施設は、夏場のマリンレジャーの拠点として賑わうところです。また、聖籠町は本州日本海側最大の物流・貿易の拠点である新潟東港と、その背後に多くの事業所が立地する工業地帯を有しており、「海・港」を核としたまちづくりを進めています。
    海岸や港が「人々が交流し楽しめる生活の中の空間」として感じてもらえるよう、このプロジェクトを応援します。

  • 本保建男
    新潟県粟島浦村長
    本保建男
  • 粟島浦村は、新潟県の北の海に浮かぶ小さな離島です。周囲は約23km、透き通る青い海原に囲まれ、透明度の高さは粟島の海の魅力のひとつです。
    そんな粟島の海ですが、海を越えて多くの漂着ゴミが流れ着きます。時には日本語ではない文字が書かれたゴミも。そこで、粟島では島内外からボランティアを募って漂着ゴミを回収する海岸清掃活動を毎年おこない、環境保全に取り組んでいます。
    海は全世界に繋がっています。環境保全の問題は、一地域だけの問題ではないことを知ってもらい、美しい海を守っていけるよう、このプロジェクトを応援します。

  • 森雅志
    富山県富山市長
    森雅志
  • 富山市は3000メートル級の山々が連なる立山連峰から、水深1000メートルの富山湾に至るまで、高低差4000メートルの世界でも珍しい地形を擁しています。
    森は海の恋人と言われるように、雪解け水が森の豊富な栄養分を蓄えながら流れ、豊穣な海を育んでいます。
    そんな富山の自然の豊かさを一番強く感じさせてくれるのが、海越しに見る立山連峰です。
    この美しい海を守り後世に受け継いでいくため、日頃から釣りやヨットなどのマリンスポーツに親しみ、四季折々の海の魅力を「体感」してみてください。
    このプロジェクトで、海への関心が高まり、その輪が広がっていくことを期待します。

  • 高橋正樹
    富山県高岡市長
    高橋正樹
  • 本市には、海越しに3,000m級の立山連峰を望むことができる景勝地・雨晴海岸があり、古くは大伴家持や松尾芭蕉が歌・句に詠み、現在は国内外から多くの人が訪れています。
    また、海の玄関口である伏木港は、中世では北前船、近世・現代では国内外の貨物船やクルーズ船が寄港するなど、昔から海を通して豊かな産物と文化を受け入れ、海と共に発展してきました。
    このPROJECTを通し、本市の海の魅力を知ってもらう契機となるよう期待しています。

  • 村椿晃
    富山県魚津市長
    村椿晃
  • 魚津市は、水深1,000m超の富山湾に面し、海岸から2,400m級の山岳地帯までわずか25㎞の中に一連の水循環が完結する特有の自然環境を有しています。
    この水循環は、豊富な地下水と海底湧水を育み、ホタルイカや寒ハギをはじめとして一年を通しておいしい魚介類を育てています。
    魚津の三大奇観である「蜃気楼・ホタルイカ・埋没林」も水循環を育む独特な地形に起因しています。
    「海と日本プロジェクト」を通して、このかけがえのない水循環の恵みが、次世代へと引き継がれていくことを期待しています。

  • 林正之
    富山県氷見市長
    林正之
  • 氷見市は「世界で最も美しい湾クラブ」加盟の富山湾に面し、日本海側有数の水揚げを誇る漁業のまちです。
    400年の歴史を持つ「越中式定置網」発祥の地でもあり、海越しに望む立山連峰の壮大な景観と新鮮な魚は、世界に誇れる氷見の宝であります。
    豊かな海に育まれた「自然と共生する氷見の漁業と暮らしの歴史、文化」を世界農業遺産として後世に伝え残すことを目指しており、海を通して繋がる本プロジェクトを応援しています。

  • 上田昌孝
    富山県滑川市長
    上田昌孝
  • 滑川市は、富山県中央部に位置し、海岸一帯は国の特別天然記念物に指定されており、春にはエメラルドグリーンの光を放つホタルイカが訪れます。
    また、水深333mから汲み上げたミネラル豊富な海洋深層水は、天日干しの製塩、各種食品、化粧品など様々な分野で利活用されています。
    この豊かな海から多くの恩恵を受けていることを「海と日本プロジェクト」の活動を通して再認識し、美しい海の環境が守られ富山湾の自然がもたらした宝物が次世代に引き継がれることを期待しており、私も応援しています。

  • 堀内康男
    富山県黒部市長
    堀内康男
  • 黒部市は、3,000m級の北アルプスから水深1,000mの富山湾までの高低差4,000mを誇る自然に恵まれた都市です。
    美味しい海の幸も豊富で、黒部の海で獲れるヒラメ・キジハタ・紅ズワイは「くろべの魚」としてブランド化を図り、地域の活性化に役立てています。
    海は私たちにとって多くの恵みをもたらしてくれる大切な資源です。海に感謝し、今ある豊かな環境と暮らしを将来へ繋げられるよう「海と日本プロジェクト」の趣旨に賛同し、応援します。

  • 夏野元志
    富山県射水市長
    夏野元志
  • 射水市には海にまつわる歴史や文化が多く、中でも、漁業と海運で栄えた湊町の繁栄を今に伝える曳山祭りは射水の秋を活気づけます。
    また、海外へのコンテナ航路を持つ富山新港は、大きな活力を生み出しています。
    その他、立山連峰と海王丸、新湊大橋、内川、白エビ、ベニズワイガニなど、射水ベイエリアは魅力ある資源の宝庫です。
    これら資源を未来を生きる子どもたちに引き継ぐためにも、このプロジェクトの取組が更に広がることを期待します。

  • 笹島春人
    富山県入善町長
    笹島春人
  • 入善町は、清流黒部川の扇状地に位置する名水の町であり、沿岸では栄養に富んだ海底湧水により多様な魚介類が育まれています。
    近年では、海洋深層水を活用したカキの浄化により、町内の飲食店で全国各地から届く旬のカキが1年中食べられるなど、深層水による水産振興や町の活性化に努めています。
    この海と日本プロジェクトの活動が、町の次代を担う子ども達に海の恩恵を伝え、海への関心を高める契機になるものと期待しています。

  • 笹原靖直
    富山県朝日町長
    笹原靖直
  • 朝日町が世界に誇る絶景、宮崎・境海岸は、古来より貴ばれた「ヒスイ(日本の国石)」が海岸に打ちあがる歴史と文化を秘めた浪漫あふれる砂利浜の海岸です。
    3000m級の朝日岳・白馬岳から豊かな自然の野山を通って一気に海に流れ込む水の循環は、更なる透明度の高い美しい海を保全しています。
    海を通して未来を担う子どもや若者の心をつかむイベントも盛んになり、後世にしっかりと引き継がれていくよう支援してまいります。

  • 泉谷満寿裕
    石川県珠洲市長
    泉谷満寿裕
  • 珠洲市は、日本列島のほぼ中央、日本海に突き出た能登半島の先端に位置しています。三方を美しい海に囲まれ、豊かな「食」に恵まれています。
    「揚げ浜式塩田」は、500年以上にわたって受け継がれてきた本市を代表する伝統文化であり、里山里海の保全にもつながっています。
    このように貴重な財産である私たちの大切な海を守るため、漂着ゴミの問題を世界に向けて発信するとともに、次世代を担う子ども達にもっと海に親しんでいただけるよう取り組んでいきたいと思います。

  • 宮本陸
    石川県加賀市長
    宮本陸
  • 加賀市は石川県の南西端に位置し、16.5㎞に及ぶ海岸線は越前加賀海岸国定公園に指定されており、日本海に突き出た加佐の岬からの眺めは絶好の景勝地で夕景のスポットとしても人気です。また、日本遺産に認定され、幕末から明治時代に日本海を舞台に活躍した「北前船」の船主が多く住んだ橋立は、漁港や釣り場、海水浴場としてもにぎわいます。「海と日本のプロジェクト」により、海を介した人と文物の交流が盛んになることを期待申し上げます。

  • 山辺芳宣
    石川県羽咋市長
    山辺芳宣
  • 羽咋市は、能登半島の玄関口に位置し、全長8kmに及ぶ「千里浜なぎさドライブウェイ」は、波打ち際を車で走れる海岸として全国でも知られています。
    しかし、近年、地球温暖化等の環境の変化の影響を受けて砂浜が年々後退し、以前は70~80mあった砂浜が、現在は30m前後と狭くなってきております。
    世界的にも貴重で美しい千里浜海岸を守るため、地域が一体となり、官民協働で保全活動に取り組んでおり、今後も続けていきたいと思っております。

  • 油野和一郎
    石川県かほく市長
    油野和一郎
  • かほく市の西側には雄大な日本海が広がり、古来の漁村風景が今でも残っています。また、第二次かほく市総合計画の基本理念に『海とみどりに抱かれた、にぎわいあふれるまち』と掲げ、まちづくりを進めており、市祭ではビーチフェスタを催し、多くの方々が海でのイベントを楽しんでいます。この貴重な財産である海を後世に残していくためにも「海と日本プロジェクト」の活動が全国に広がり、益々活発に展開していくことを期待しています。

  • 山田憲昭
    石川県白山市長
    山田憲昭
  • 白山市は霊峰白山のもと、その頂から手取川へと流れる水の恵みを受けながら、地域に息づく歴史や文化を大切にしてきました。
    市内全域が日本ジオパークとして認定され、ジオスポットの一つである「小舞子海岸」は日本海に沈む夕日が美しく、日本の渚100選にも選ばれています。
    白山から手取川、日本海へ至る中で繰り返される「水の旅・石の旅」のように水の恵みに感謝するとともに、山・川・海とつながる豊かな自然を次世代につないでいくよう取り組んでいきたいと考えています。

  • 井出敏朗
    石川県能美市長
    井出敏朗
  • 能美市の海岸は、約6キロにわたり美しい白砂青松の景観や市指定天然記念物「ハマナス群落」を有しております。
    地元住民や団体等の海岸林保全活動をはじめ、海岸清掃、小中学生によるクロマツ植樹等のほか、県の支援も得ながら環境美化・緑化活動に取り組んでおります。
    能美市は、日本海と深く関わりながらこれまでの伝統を継承し、自然豊かな海岸を未来に残していけるよう住民挙げて海岸林の保全に努めてまいります。

  • 小泉勝
    石川県志賀町長
    小泉勝
  • 志賀町は、能登半島のほぼ中央に位置し豊かな自然に恵まれ海岸線には奇岩怪石や白砂青松の能登金剛といった美しい景勝地が見られます。
    歴史は古く、古代には渤海国との交流、藩政期には北前船の西回り航路の寄港地として栄え、日本最古の木造灯台である旧福浦灯台が今も残っています。
    また、石川県富来漁港では、優良な漁場から豊富な水産物が水揚げされ、その水揚げ量は県下でも常にトップクラスで日本海から多くの恩恵を受けております。この貴重な地域資源を大切に守り後世に伝えていきます。

  • 寳達典久
    石川県宝達志水町長
    寳達典久
  • 日本で唯一、世界でも珍しい、波打ち際を車で走ることができる「千里浜なぎさドライブウェイ」は、たくさんの人に愛され、多くの観光客が訪れる、私たち町民の誇りです。
    毎年、海水浴シーズン前にクリーンビーチ海岸清掃に取り組み、町民全体で海の環境と景観の保全に努めております。
    「海と日本プロジェクト」をきっかけに、能登の美しい海が次世代を担う子どもたちに引き継がれることを期待しております。

  • 石川 宣雄
    石川県穴水町長
    石川 宣雄
  • 穴水町は奥能登への玄関口の町であり、南部に美しい内海の海岸線が広がっています。波静かで豊富な養分のある湾内では牡蠣の養殖が行われております。その牡蠣を楽しむイベント「雪中ジャボかきまつり」は毎年5万人を超える来場者で賑い、海の恵みによるまちおこしを行っております。
    私たちに多くの恵みをもたらす大切な海を「日本プロジェクト」と共に守り、 美しい海を後世に残せるよう努めて参ります。

  • 渕上隆信
    福井県敦賀市長
    渕上隆信
  • 古くから海陸交通の要地として栄えた港町敦賀は海と共に歴史を歩んできました。また、日本三大松原のひとつである名勝「気比の松原」や北陸のハワイと呼ばれる「水島」では、毎年海水浴シーズン前に官民共同で清掃活動に取り組み、海の環境と景観の保全に努めております。
    「海と日本プロジェクト」をきっかけに、敦賀をはじめ福井の美しい海が未来を担う子どもたちに引き継がれることを期待しております。

  • 坂本憲男
    福井県坂井市長
    坂本憲男
  • 坂井市は福井県の北部に位置し、西は日本海に面しています。坂井市の海岸線は「越前加賀海岸国定公園」に属するとともに、国の天然記念物である東尋坊を有するなど、雄大な自然に恵まれています。また、北前船交易で栄華を極めた三国港では、「越前がに」をはじめ、数多くの海の幸が水揚げされています。この豊かな海が、「海と日本プロジェクト」の取組を通じて、未来へ、そして次代を担う子どもたちへ引き継がれていくことを期待しています。

  • 岩倉光弘
    福井県南越前町長
    岩倉光弘
  • 南越前町は西に日本海を望み、古くから海と密接な関わりを持ってきました。中でも特筆すべきは、日本海の海運を担った北前船主を輩出したことと、我が身を顧みずに厳冬の海に遭難した人たちを救助した人たちの活躍です。
    南越前町では、これらの輝かしい先人の行いを顕彰し、豊かな山・海・里を次世代に継承する取り組みを進めています。
    「海と日本プロジェクト」により、豊かな海と素晴らしい歴史が未来に受け継がれていくことを期待します。

  • 内藤俊三
    福井県越前町長
    内藤俊三
  • 越前町は、日本海に面しており、漁獲高福井県内一の漁業基地です。「越前がに」は全国的にも知名度が高く、近年では一定の基準をクリアした最高級ブランド「極(きわみ)」も登場し、注目を集めています。また、透明度が高く変化に富んだ地形の越前の海は、絶好のダイビングスポットであり、多くのダイバーが訪れます。このように我々に豊かな恵みを与えてくれる越前の海を「海と日本プロジェクト」への参加・協力により、未来へ継承して参りたいと思います。

  • 野瀬 豊
    福井県高浜町長
    野瀬豊
  • 福井県高浜町には8つの美しい海水浴場が広がり、その中にビーチやマリーナの国際環境認証ブルーフラッグを取得した若狭和田ビーチがあります。こうした背景には、海を大切に守りたいという地域の人々の想いが大きくあり、美しい海を子や孫の世代に残していきたいという願いが地域の人々だけでなく訪れる多くの人たちにも受け継がれています。
    「海と日本プロジェクト」での様々な取組みにより、四季折々に魅せる高浜の海の魅力を多くの方々に知っていただくきっかけになれば幸いです。皆様のお越しを心よりお待ちしています。

  • 樋口雄一
    山梨県甲府市長
    樋口雄一
  • 甲府市は古くから海と結ばれた道「中道往還」により様々な海の恩恵を受け、市民生活や文化を発展させてまいりました。また、本市北部には富士川水系荒川の水源林を有し、この豊かな山林が育む清流は、やがては大きな川となり、海へと流れ込みます。
    このように、私たちの生活は広大な海がもたらす水の循環に支えられてきました。この「海と日本プロジェクト」が、今ある私たちの豊かな生活を次の時代につながる契機となる事を期待しております。

  • 内藤久夫
    山梨県韮崎市長
    内藤久夫
  • 韮崎市は、かつて富士川舟運の集積地として栄え、交易の中心を担うなど、暮らしと海が繋がりあう歴史を有してきました。また、現在も南アルプスユネスコエコパークを構成する鳳凰三山や茅ヶ岳等からの湧水は、釜無川や塩川の清流となって富士川へと合流し、太平洋へと注がれていくなど、本市の豊かな自然が育む水が海を潤い続けています。この「海と日本プロジェクト」を契機に、環境保全の機運がさらに高められ、豊かな海が次世代へと引き継がれていくことを期待します。

  • 渡辺英子
    山梨県北杜市長
    渡辺英子
  • まさに山紫水明の地である北杜市は、豊かな自然環境に恵まれています。美しい山々は、清らかな水環境を生み出し、清らかな水は、人々に数々の恩恵を与え、海へと流れていきます。市では「世界に誇る「水の山」宣言」を行い、水の価値と魅力を伝えつづけること、水資源を人類の重要な財産として守り続けることを宣言しました。このことは、海と日本プロジェクトにもつながっていくものと思っています。
    世界に誇る水の山を、そして海を私たちの子や孫の世代に引き継いでいけるよう、ともに力を合わせて取り組んでまいります。

  • 保坂武
    山梨県甲斐市長
    保坂武
  • 甲斐市は甲府盆地の中西部に位置し、市の南部は住宅地や農地が混在する平坦な市街化地域、北部は緑豊かな自然景観を有する中山間地域が広がり、都会と田舎が混在する住環境に恵まれたまちとなっています。
    市の西部には武田信玄が築いたとされる信玄堤を有する釜無川が流れています。この釜無川(富士川)は、静岡県富士市で太平洋に流れ込んでいます。かつて水運として甲斐の国と海とをつなぐ重要な役割を果たしてきた釜無川の環境保全に、市民のみなさんと一緒に取り組んでいきたいと考えます。

  • 佐野和広
    山梨県南部町長
    佐野和広
  • 南部町は、山梨県の最南端に位置し、静岡県に隣接した県境の町です。町のキャッチフレーズを「水と緑が溢れるふれあい豊かな町」と制定し、周囲は緑豊かな山々が連なり、その山あいに源を発した清流は、町の中央を南北に貫流する日本三大急流の一つ富士川へ合流し、太平洋へと注がれています。南部町では、これからも町民一体となり自然の保全に努め、広大な海を未来へ引き継いでいけるよう取り組んでまいります。

  • 志村学
    山梨県富士川町長
    志村学
  • 富士川町は、町内を流れる富士川によって太平洋と結ばれ、かつては、富士川舟運による内陸交通の要衝の地として大きく発展してきました。町では、海とつながる河川や森林を守っていくことが、本プロジェクトの主旨に相通じるものと思っております。
    海なし県の町として、海への憧れは大きく、海のある町との交流・連携を図る中で、自然豊かな山・森・川を守る輪が、海へと広がることを願い、次代に引き継いでいけるよう努めてまいります。

  • 母袋創一
    長野県上田市長
    母袋創一
  • 上田市は、大河ドラマで一躍脚光を浴びた真田信繁(幸村)のおひざ元です。真田家が築城した上田城跡からもほど近い、市のちょうど真ん中を千曲川は流れています。その蛇行した流れはなんとも美しい。幼い頃から親しんだ、心癒されるふるさとの川です。そんな情景を私たちは未来へ引き継ぐ義務がある。海のない信州ですが「海と日本プロジェクト」を通じて、ふるさとの川を見つめ直したいと思います。

  • 金子ゆかり
    長野県諏訪市長
    金子ゆかり
  • 私たちのふるさとのシンボル 諏訪湖は母なる湖です。八ヶ岳は南アルプスの最北端の峰、守屋山などから31本の川で諏訪湖に集まった水は、たった一本の天竜川を下り、太平洋に注ぎ込みます。日本列島のおへそ、とも言われる諏訪湖、この湖のお蔭で私たちは命をはぐくみ、生計を立て、今を迎えています。一度は随分汚してしまいましたが、一生懸命美しい諏訪湖を取り戻そうと皆で頑張っています。諏訪湖再生の物語はまだ続きます。

  • 栁田清二
    長野県佐久市長
    栁田清二
  • 佐久市は、浅間山や蓼科山などの山々に囲まれ、千曲川が南北に貫流する自然環境に恵まれた高原都市であり、日本で海岸線から一番遠い地点を有しています。
    海と山とを巡る水の循環を保つためには、良質な地下水等の保全や適切な森林の管理が極めて重要です。
    本プロジェクトを契機に、水環境や水循環の重要性がさらに高められ、地域共有の貴重な財産であり、豊かな自然の恵みである地下水等の水資源が次代に引き継がれていくことを期待します。

  • 岡田昭雄
    長野県千曲市長
    岡田昭雄
  • 市の真ん中を流れる千曲川は、千曲市の象徴です。また、千曲市は千曲川の恩恵を受け、発展してきた都市です。このことからこの川は、私たち市民にとってかけがえのない存在です。
    千曲川は、新潟県で信濃川と名称が変わり、日本海へ流れ込みます。千曲川の保全、ひいては海の保全へとつながります。市民の方と一緒に環境保全に取り組み、後世に素晴らしい「千曲川」を引き継いでいけるよう努めてまいります。

  • 大沼明穂
    静岡県沼津市長
    大沼明穂
  • 私は毎朝、地元の牛臥海岸を散歩しています。四季折々の風景や爽やかな潮の香り、心に染み入る波の音を感じるにつけ、沼津の海は世界に誇れる宝物であることを実感しています。事実、環境省が選ぶ「水質が特に良好な水浴場」全国7か所のうち市内の海水浴場が3か所選ばれるなど、沼津の海には誰もが魅了される美しさがあります。これからは沼津港周辺のみならず、沼津の「海」をキーワードとした観光都市を目指してまいります。

  • 齊藤栄
    静岡県熱海市長
    齊藤栄
  • 熱海市は、日本有数の観光エリアである伊豆箱根エリアの中心に位置し、首都圏を始め全国から多くのお客さまに訪れていただいております。温暖な気候に加え、熱海の街の前面に広がる相模灘の景観と恵みは、市民だけでなく多くの観光客の皆様に楽しんでいただいております。
    神奈川県西部から伊豆東海岸に続く海岸線は、地中海のコートダジュールに例えられるほど、多彩で魅力的な資源でいっぱいです。このプロジェクトを通じて、次世代を担う子どもたちが海の魅力を発見し、この資源を守り・活用する意識が高まることを期待しています。

  • 小野達也
    静岡県伊東市長
    小野達也
  • 伊東市は、伊豆半島の東海岸沿いにある自然豊かなリゾート観光地です。それぞれ違った魅力の7つの海水浴場があり、このうちオレンジビーチでは、今年からウォーターパークもオープンし、子供から大人まで楽しんでいただいております。
    ダイビングも盛んで、伊東の海では、黒潮分岐流や親潮の影響により、温かい海や冷たい海に生息する様々な種類の魚達に会うことができます。
    このプロジェクトを通じて、この美しく豊かな伊東の海が次世代を担う子供達に引き継がれていくことを期待しています。

  • 小長井義正
    静岡県富士市長
    小長井義正
  • 富士市は、海抜0メートルの海から富士山までを市域とする日本唯一のまちで、富士山の恵みである地下水が市内各地から湧き出し、田子の浦しらすに代表される豊富な海の幸を堪能することができます。
    かつては産業の発展とともに公害に悩まされた時期もありましたが、美しい海を取り戻した歴史から学んだ環境保全の大切さを、海と日本プロジェクトを通じて、私たちの子や孫の世代にまで伝えていきたいと思います。

  • 福井祐輔
    静岡県下田市長
    福井祐輔
  • 伊豆の海、特に下田の海は大小九か所の海水浴場を有し、水質良好で白い砂浜、コバルトブルーの海として、変化に富んだ海岸線を併せ持ち、多くの観光客を魅了しております。
    また、サーフィン、スキューバダイビング、ノルディックウォーキング、カジキ釣り大会、ヨットレースなどマリンスポーツが盛んになり、年間を通して、多くの観光客が海洋レジャーを楽しんでおります。
    海と日本プロジェクトを通じて豊かで美しい海を次世代にも引き継がれていくよう期待しています。

  • 前葉泰幸
    三重県津市長
    前葉泰幸
  • 津の海は、南北約20㎞にわたる白砂青松の美しい海岸が特徴であり、なりわいや賑わい、そして歴史など、様々な魅力に溢れています。
    とりわけ賑わいとして、潮干狩り、たて干し、海水浴をはじめ、御殿場海岸で行われる花火大会・ビーチバレー大会は、県内外からご好評をいただいております。また、ボートレース津、津ヨットハーバーもあり、多彩な賑わいを創出しています。
    このプロジェクトが多くの皆様にとりまして、海を知り、体験していただく契機となりますことを心より願っております。

  • 森智広
    三重県四日市市長
    森智広
  • 四日市市には日本有数の国際貿易港である四日市港があり、総合港湾として背後圏産業を物流面から支えています。一方、ウミガメが産卵に訪れ、ハマヒルガオが咲き誇る美しい海岸もあり、豊かな自然を楽しむこともできます。私たちの生活は「海」と密接に関係しており、「海」と正しく付き合っていかなければなりません。このプロジェクトが多くの方にとって、「海」を身近に感じることのできる機会になることを期待しています。

  • 伊藤徳宇
    三重県桑名市長
    伊藤徳宇
  • 桑名は、中世からの湊町で、交通の要衝であり、人と物資が行き交う水郷のまちとして栄えました。
    桑名を縦貫する揖斐川、長良川、木曽川は伊勢湾に流れ込みます。木曽三川の豊富な水は、多くの水生生物を育て、肥沃な大地を育み、輪中などの独自文化をこの地にもたらせてきました。
    このような水環境は漁業やレクリエーションの重要な場であり、さまざまな恩恵を与えてくれます。海で囲まれた日本において海の問題を他人ごととせず、この豊かな海を守っていきましょう。

  • 中村欣一郎
    三重県鳥羽市長
    中村欣一郎
  • 鳥羽市に漂着するごみのほとんどは、市外から流れてきており、漁業・住民生活・観光等に甚大な被害をもたらしています。
    潮の流れや風向きなど、漂着しやすい地理的条件であるため、伊勢湾に流れ出たごみの約半分が鳥羽市に漂着しているとの試算もあります。
    「海と日本プロジェクト」の活動は、鳥羽市が抱えている漂着ごみ問題の解決の大きなきっかけになると信じております。これらの問題が、解決にいたるまで継続して取り組んでいただきますよう、心から応援しております。

  • 越直美
    滋賀県大津市長
    越直美
  • 世界文化遺産比叡山延暦寺が存在する比叡山やそれに連なる自然豊かな比良山系の眼下には、日本一の湖であるびわ湖が広がっています。山々から流れる谷川が山麓の水田を満たし、やがて命を育むびわ湖に流れ込み人々の生活を潤しています。この歴史と自然が豊かな大津の宝物を次世代に引き継いでいけるよう「海と日本プロジェクト」に期待します。

  • 山仲善彰
    滋賀県野洲市長
    山仲善彰
  • 野洲市は、緑豊かな里山と雄大な琵琶湖がつながる自然豊かなまちです。まちなかを流れる家棟川には、琵琶湖の固有種であるビワマスが遡上し、豊かな生態系が育まれています。こうした自然環境を継承するため、市民と一体となって、保全活動に取り組んでいます。
    「海と日本プロジェクト」においても一層の取り組みが行われ、山や川、湖、そして海につながる自然環境が保全され、将来にわたって良好な環境が引き継がれていくことを期待します。

  • 福井正明
    滋賀県高島市長
    福井正明
  • 琵琶湖は、滋賀県全体の面積の六分の一を占めており、近畿地方の下流府県1450万人の生活用水、工業用水として供給する大きな役割があります。その琵琶湖の北西部に高島市は位置していますが、琵琶湖に注いでいる水の三分の一が高島の地から流入し、大阪湾へと注がれており、まさに琵琶湖の源流という位置づけになります。このように、水とは切っても切り離せない文化、歴史があり、これからも次世代へと引き継いでいかなければならないと考えています。

  • 井上正嗣
    京都府宮津市長
    井上正嗣
  • 宮津市の誇る日本三景天橋立は、古来より南北の古刹をつなぐ海渡る参道であり、白砂青松の景観はもちろん、聖地の空気を存分に味わっていただける最高の場所です。
    また、多様な水産資源の宝庫である、この恵み豊かな海を後世に引き継いでいくため、環境保全についても多くの方々の手によって積極的に取組んでおり、昨年、「世界で最も美しい湾クラブ」への加盟を果たしました。
    今回の「海と日本プロジェクト」の取組を通じ、本市の魅力を多くの方々に知っていただくとともに、体感していただけるきっかけになることを期待しています。

  • 吉本秀樹
    京都府伊根町長
    吉本秀樹
  • 伊根町で有名なもので「舟屋」というものがあります。陸と海の境目にあって、1階は船のガレージで、2階は居室になっているものです。伊根町は世界一海に近い人の生活がある町です。海があることで伊根の生活が成り立っています。
    この町が残るためには漁師の方が残っていくことが必要です。そのためには魚が必要です。そして、伊根の里山の景観を守ることは、豊かな海を守ることにも繋がります。海が喜ぶことを実現していくことを期待します。

  • 石見利勝
    兵庫県姫路市長
    石見利勝
  • 瀬戸内海東部の播磨灘に位置し、豊かな海の幸に恵まれた「姫路の海」は、古くから海上交通の要衝として発展してきました。この豊かな海を守るため、地元住民や周辺企業、自治体などが協力し姫路港の清掃活動に取り組み、環境保全に努めています。また、姫路の海は年間を通じて、多様な魚種が漁獲され、特に春のイカナゴは全国的にも有名です。この豊かな海を後世に引き継いでいくため、海と日本プロジェクトの取り組みを応援します。

  • 門康彦
    兵庫県淡路市長
    門康彦
  • 淡路市は、東に大阪湾、西に播磨灘を臨み、豊かな海に恵まれた漁業が盛んなまちであり、本市を代表する魚介類であるイカナゴ、タイ、タコはもとより、上質なノリの生産地としても有名です。豊かな海を守り、豊富な海の幸を安定的に供給していくためには、森・川・海のつながりや自然が本来持つ力を回復・再生していくことが何より大切です。
    「海と日本プロジェクト」の様々な取組を通じて、淡路の美しい海を未来へ、次世代へ繋げていくことを大いに期待しています。

  • 浜上勇人
    兵庫県香美町長
    浜上勇人
  • 香美町は、兵庫県北部に位置し、松葉ガニ(ズワイガニ)や香住ガニ(ベニズワイガニ)をはじめとした多くの海産物が水揚げされる資源豊かな町です。
    これまで、人々の暮らしや産業、文化等様々な面において、日本海と共に発展し続けてきました。
    また、香美町の海岸線は「名勝香住海岸」に指定されており、今後も綺麗な景観や水質を変わることなく守っていく所存です。
    この豊かな海を後世に引き継いでいくため、「海と日本プロジェクト」を心から応援いたします。

  • 真砂充敏
    和歌山県田辺市長
    真砂充敏
  • 美しい田辺湾には、ナショナルトラスト運動の先がけである「天神崎」、国の天然記念物で南方熊楠が保全に全力を傾けた「神島」、世界最北限域のテーブルサンゴの大群落が存在する「沖島」など、世界に誇れる自然環境あふれるすばらしい海です。
    このすばらしい田辺の海を、次世代に引き継いでいくために、私達一人ひとりが今できることを始めましょう。

  • 深澤義彦
    鳥取県鳥取市長
    深澤義彦
  • 鳥取市は、海岸全域が山陰海岸ジオパークに認定されており、広大な海岸砂丘である「鳥取砂丘」など多くの見どころがあります。日本海の豊かな海の幸が水揚げされる鳥取港は、海上交通の要衝として発展し、県内外との文化交流活動なども盛んに推進されています。
    「海と日本プロジェクト」を通して、鳥取の海の魅力を発信するとともに、豊かな海を未来へと守り続けていきたいと考えています。

  • 中村勝治
    鳥取県境港市長
    中村勝治
  • 鳥取県境港市は、三方が海に開けた港町です。
    日本海、美保湾、中海で獲れる多種多様な魚が水揚げされる、境漁港は全国でも有数の水揚げ量を誇り、特にベニズワイガニを中心としたカニと生のクロマグロの水揚げ量は日本一です。また、大量に獲れた魚を新鮮なうちに加工、調理、保存、輸送する技術が発達しています。
    ゲゲゲの鬼太郎でお馴染みの「水木しげるロード」もあり、マリンスポーツも盛んです。ぜひ、境港へお越し頂き、海を近くに感じながら、旬の魚をご堪能下さい。

  • 榎本武利
    鳥取県岩美町長
    榎本武利
  • 岩美町は、鳥取県の東端に位置し、浦富海岸を含む山陰海岸ジオパークはユネスコ世界ジオパークに認定され、官民一体となってジオパークを盛り上げています。
    また、冬の味覚の王者『松葉がに』の漁獲量は日本一です。岩美町の母ともいえる海岸を世界中に伝えていきたい。このプロジェクトを通じ海への理解を一層深めるとともに、素晴らしさを世界に発信し地域一丸となって次世代に引き継いでいきたいと考えています。

  • 竹口大紀
    鳥取県大山町長
    竹口大紀
  • 大山町は「森・里・海、水の連環と人々の営み」をテーマとして、エコツーリズム国際大会2013inTottoriを開催しました。大山町は国立公園大山の山頂から海までが非常に近く、水の連環が一目で分かる全国でも稀な地域です。西日本規模のブナ林が育んだ水が、豊かな水を作り出し、サザエなどの良好な漁場となっています。「海と日本プロジェクト」を通じて、大山町の豊かな海・森、それらを巡る人々の営みの魅力を広く国内外に発信できたらと思います。

  • 池田高世偉
    島根県隠岐の島町長
    池田高世偉
  • 隠岐の島町は、島根半島の北東約80㎞の海上に位置する国境離島です。周辺の海岸全域は、大山隠岐国立公園に指定され、また、平成25年には隠岐ユネスコ世界ジオパークに認定されています。
    江戸時代半ばから明治時代にかけて、北前船の風待港として、多くの船で賑わいました。現在でも、水産業は町の基幹産業です。
    松葉ガニや白バイ、白イカ、いわがきなど豊富な水産物に恵まれています。
    未来の子どもたちに、この美しく豊かな海を引き継いでいくために、「海と日本プロジェクト」の活動に期待しています。

  • 小林嘉文
    岡山県笠岡市長
    小林嘉文
  • 笠岡市は,岡山県の西南部に位置し,瀬戸内海には,個性豊かな7つの有人島を有します。笠岡諸島の島々には,国の文化財である盆踊りが伝承される島・良質の花崗岩を産出する石の島などがあり,笠岡市にとってかけがえのない資源です。
    海・島と結びつきの強い笠岡市だからこそ,「海と日本プロジェクト」の活動により,これからも海の恵みに感謝し,海を大切にしてくれる方が増えてくださることを願っています。

  • 田原隆雄
    岡山県備前市長
    田原隆雄
  • 当地域では、海のゆりかごと呼ばれ健全な沿岸環境の維持に欠かせない“アマモ場”の再生活動を柱とした『里海づくり』を推進しています。
    海の守人である漁師さんをはじめ、一般消費者の方や地元中学生、全国からの高校生、大学生など様々な世代や職種の方々と共に活動を行っています。
    このプロジェクトにより、次の世代にこの豊かな資源(自然)を引き継ぐべく、全国各地でこのような取り組みが展開されることを期待します。

  • 武久顕也
    岡山県瀬戸内市長
    武久顕也
  • 瀬戸内市牛窓の海は、「日本のエーゲ海」と称され、自然豊かな瀬戸内の多島美や干潮時に黒島・中ノ小島・端ノ小島がつながるヴィーナスロードなど、自然の神秘も楽しむことができます。さらに、西日本最大級の牛窓ヨットハーバーでは海洋性スポーツも盛んにおこなわれています。海と深く関わりのある瀬戸内市は、このプロジェクトにより、豊かな海を未来に残し、多くの人が海への関心を高めていただけることを願っています。

  • 栗山康彦
    岡山県浅口市長
    栗山康彦
  • 浅口市は、瀬戸内海の美しい風景や、牡蠣をはじめとする豊かな海産物など、様々な海の恩恵を享受してきました。
    我々は、この「海」という財産を守り、後世に伝えていく責務があります。
    「海と日本プロジェクト」で実施される様々な活動を通じて、綺麗な海・豊かな海の保全が推進されますとともに、日本中のより多くの皆さんに海の魅力を感じ、味わっていただけるよう、浅口市もこのプロジェクトを応援してまいります。

  • 松井一實
    広島県広島市長
    松井一實
  • 山に登って広島の海を眺めてみてください。さざ波が立っている海に、島が美しく配置されており、箱庭のごとく綺麗です。海と日本プロジェクトをきっかけに、地域の皆さんが愛着を持ってこの素晴らしい海を愛で、ゴミを捨てないようにするなど、きれいな環境が長く維持される良循環が生まれ、豊かな海が次世代を担う子どもたちに引き継がれていくことを期待しています。

  • 枝広直幹
    広島県福山市長
    枝広直幹
  • 本市には、古くから潮待ちの港として栄え、文化や伝統が息づく景勝地「鞆の浦」をはじめ、海苔養殖生産量県内一を誇る「内海町」や岬の突端に建つ国の重要文化財「阿伏兎観音」など、瀬戸内海から恵みを享受した地域資源が数多くあります。
    その魅力ある資源をもたらす豊饒の海を守り、未来に伝えることが我々の使命であると考えており、このプロジェクトが大きな推進力となっていくことを期待いたします。

  • 入山欣郎
    広島県大竹市長
    入山欣郎
  • 大竹市は、海、山、川に囲まれた自然豊かな産業のまちです。その中で海には観光や産業など様々な可能性があります。養殖漁業の盛んな阿多田島は、ハマチのブランド化をはじめ、釣り客などでも大変賑わっています。大型船舶が寄港できる大竹港には諸外国から多くの船が訪れ、市の産業の発展を支えています。自然の海に親しめる環境づくりと産業の推進のための海の活用、バランスを取りながら海の未来と向き合っていきたいと思います。

  • 眞野勝弘
    広島県廿日市市長
    眞野勝弘
  • 廿日市市は、北は中国山地から、南は瀬戸内海まで、豊かで美しい自然環境に恵まれています。
    特に、瀬戸内海に浮かぶ宮島は、世界遺産「嚴島神社」を擁しており、その歴史的価値や優美な景観にひかれ、毎年400万人以上の観光客が訪れる日本有数の景勝地となっています。
    このプロジェクトが、先人たちに守られてきた自然や文化を後世に伝えていくため、今私たちにできることを考え、行動するきっかけとなるよう期待しています。

  • 明岳周作
    広島県江田島市長
    明岳周作
  • 江田島は瀬戸内の穏かな海に浮かぶ、豊かな自然と個性的な伝統・文化、美味い産品、あたたかい人で溢れる「恵み多き島」です。豊かな海辺の自然を教育資源とした「大柿自然環境体験学習交流館(さとうみ科学館)」では、幼少期から、海と自然を守り育むという特色のある教育に取り組んでいます。「海と日本プロジェクト」を通じて、海とともにある江田島の魅力、本市の取組を多くの方々に知っていただくことで、豊かな海を将来に繋げていくきっかけとなることを期待しています。

  • 前田晋太郎
    山口県下関市長
    前田晋太郎
  • 下関市は、関門海峡、周防灘、響灘と三方が海に開かれ、自然と文化が調和する「海峡と歴史のまち」です。本市を代表する味覚の「ふく」をはじめ、雲丹や鯨、アンコウ等、様々な海の幸に恵まれています。また、国際拠点港湾に指定されている下関港は、アジアに近い地理的優位性を活かし、人や物の交流のゲートウェイとして重要な役割を果たしています。
    このプロジェクトを通して、本市の魅力や大切さを多くの皆様に知っていただきたいと思います。
  • 藤道健二
    山口県萩市長
    藤道健二
  • 萩の海といえば「快水浴場百選」に選ばれ、美しい夕景も楽しめる菊ヶ浜、須佐湾や須佐ホルンフェルスをはじめとする景勝地などのみどころが満載です。また、萩のブランド魚である、瀬つきあじ、けんさきいか、真ふぐ、あまだいなど、年間を通して新鮮で美味しい旬の地魚を食べることができる好漁場でもあります。この美しく、豊かな萩の海を次の世代に引き継いでいくため、このプロジェクトを通して活動の輪が、さらに広がることを期待します。
  • 松浦正人
    山口県防府市長
    松浦正人
  • かつて「三田尻」と呼ばれた防府の港は、萩城から江戸への参勤交代の御成道である「萩往還」の海の玄関口であり、歴史の上で重要な役割を果たしてきました。現在も、自動車の輸出をはじめとした産業振興の拠点として、また、「道の駅潮彩市場防府」での、瀬戸内の新鮮な海の幸を通じた交流人口の拡大など、私たちは、豊かな海から多くの恵みをいただいております。
    このプロジェクトを通じて、「ふるさとの海」を愛し、守り、次の世代に引き継いでいくためのアクションの輪が広がることを期待しています。
  • 国井益雄
    山口県下松市長
    国井益雄
  • 我が下松市(くだまつし)には、風光明媚な笠戸島があり、ここから見える夕映えは日本一であると自負しております。笠戸島には海水浴場もあり、毎年イカダレースも行われています。昨年リニューアルした国民宿舎 大城(おおじょう)は、全室オーシャンビューとなっており、本市特産品の笠戸ひらめもご堪能いただけます。また、港湾施設は「国際バルク戦略港湾」の指定を受け、海を通じて世界へと繋がっており、このプロジェクトで世界へ発信できることを期待します。

  • 市川熙
    山口県光市長
    市川熙
  • 光市には、「日本の渚・百選」「快水浴場百選」をはじめとして、数多くの選定を受けている、室積・虹ケ浜の2つの海岸があります。白砂青松の美しい海岸が続き、砂の粒が細かな遠浅のビーチは、透明度も高いため、西日本屈指の海水浴場となっており、光市民のみならず、県内外問わず、多くの方に訪れていただいております。
    光市にとっても、多くの恵みをもたらしてくれるかけがえのない海を、このプロジェクトを通じ、より多くの人々に知っていただけることを強く期待しております。
  • 大西倉雄
    山口県長門市長
    大西倉雄
  • 本州の最西北端に位置する長門市。市の北側には美しい日本海の風景が広がり、訪れた人の心を魅了します。澄みきった海は絶好のダイビングスポットでもあり、仙崎イカをはじめとする新鮮な海の幸にも恵まれています。
    長門市では大切な財産であるこの海を次世代に引き継ぐため、毎年「海岸清掃の日」を定め、市民総参加で海岸の清掃を行っているところです。このプロジェクトを通じて、海を想う心の輪がさらに広がっていくことを期待します。

  • 木村健一郎
    山口県周南市長
    木村健一郎
  • 穏やかな瀬戸内海は、市民の憩いの場として愛され、「徳山ふぐ」「周防はも」「周南たこ」等の新鮮な海の幸にも恵まれるなど、周南市に様々な恩恵をもたらしてきました。また、天然の良港、徳山湾は、交通の要衝として発展し、沿岸部には周南コンビナートの工場群が広がり、「周南工場夜景」を観光資源として、新たな魅力を発信しています。こうした海とともに発展してきた周南市は、海を守り未来へ引き継ぐ「海と日本プロジェクト」に賛同し、共に活動してまいります。

  • 藤田剛二
    山口県山陽小野田市長
    藤田剛二
  • 穏やかな周防灘と、そこに注ぎ込む川。
    豊かな漁場や優れた交通の便など、海のもたらす様々な恩恵によって山陽小野田市は発展を遂げてきました。また、下関市へと長く続く海岸線から眺める夕陽は、関門海峡と相まって、見る人の心を捉えます。
    この「海と日本プロジェクト」を通して、山陽小野田市の取組を知っていただき、豊かな海を守っていく機運がもっと高まっていくことを願っています。

  • 椎木巧
    山口県周防大島町長
    椎木巧
  • 周防大島町は四方を海に囲まれ、明治期4000名に及ぶハワイ移民を送り出した歴史から「瀬戸内のハワイ」をコンセプトに観光交流人口の拡大を進めており、カヌーやビーチバレーなどの海辺のレジャーやフラダンスなどの体験観光で多くの皆様に訪れていただいております。
    周防大島町の海で日本一の規模のニホンアワサンゴの群生地が発見され、平成25年に海の国立公園に指定されました。
    これからは瀬戸内の無人島を巡るショートクルージングを進めていきたいと考えており、「海の日本プロジェクト」を通じて更に美しい瀬戸内海の環境を守っていきたいと思います。

  • 遠藤彰良
    徳島県徳島市長
    遠藤彰良
  • 徳島市は、水とともに発展してきた「水都」です。
    徳島市で生まれ育った人は、海と、その海に流れ込む吉野川をはじめ大小138の川に育てられたといっても過言ではありません。
    豊かで美しい海のみなもとは、豊かで美しい川であり、海や川は、徳島市民にとってかけがえのないものです。
    「海と日本プロジェクト」を契機に、恵まれた豊かな自然環境や豊かな海を守る気持ちを、しっかりと育てていきたいと思っています。

  • 泉理彦
    徳島県鳴門市長
    泉理彦
  • 鳴門市は、北に播磨灘、東に紀伊水道をのぞみ、鳴門海峡の急流と逆巻く渦潮は全国的にも有名です。また、鳴門の海で獲れた海産物はどれも一級品ですが、鳴門海峡の激しい潮流にもまれて育った「鳴門鯛」「鳴門わかめ」は本市が誇るブランド産品です。
    近年では、鳴門海峡の渦潮の世界遺産登録を目指して、官民一体となって取り組んでおり、その素晴らしさを世界に発信するとともに、地域が一丸となって次世代に引き継いでいきたいと考えています。
  • 濱田保徳
    徳島県小松島市長
    濱田保徳
  • 小松島市は紀伊水道に面した豊かな漁場を有し、鱧や太刀魚をはじめ、毎年多くの魚介類を水揚げしています。
    また、港まつりや海鮮朝市などは海の恩恵を享受した本市の一大イベントであり、市内外より多くの皆様が訪れ、賑わいを見せています。
    「海と日本プロジェクト」の取組みにより、この豊かな小松島の海を未来へしっかり引き継いでいけるよう、努めてまいります。
  • 影治信良
    徳島県美波町長
    影治信良
  • 美波町は、その名の通り、美しい波が訪れる町です。私たちは古くより海と共存しながら暮らしてきました。昭和25年から行ってきたアカウミガメの保護活動は、世界的にも貴重な取組であり、現在も清掃などの他、様々な活動を行っています。またこの地域では伊勢エビ、アワビなどの海産物に恵まれています。秋には大漁に感謝する祭りが行われ、各地で神輿や太鼓屋台が海に飛び込むなど、海と人々が密接に関わってきました。近年はスポーツやレジャーを通じて、海と関わる方も増えてきております。これからも豊かな自然に感謝し、海を守り、海と共に生きて行きたいと思います。

  • 吉田直人
    徳島県松茂町長
    吉田直人
  • 紀伊水道に面した松茂町の海岸は、古くから “月見の名所“ として知られ、「月見ケ丘」と呼ばれています。その一角にある「月見ケ丘海浜公園」には、芝生広場や楽しい遊具があり、また家族連れやグループで宿泊できるコテージも完備しています。夏には、公園に隣接する砂浜に「月見ケ丘海水浴場」がオープンし、水がきれいなことはもちろん、徳島阿波おどり空港に離発着する飛行機が間近で見えて、子どもたちに大人気です。

  • 大西秀人
    香川県高松市長
    大西秀人
  • 高松市は、「世界の宝石」とも称賛された、多島美を誇る波静かな瀬戸内海に面し、これまで、人々の暮らしや経済・文化など様々な面において、瀬戸内海との深いかかわりの中で発展を続けてきた、海に開かれた都市です。
    この瀬戸内海が、今後も変わりなくあり続け、そして多くの方々から愛されるよう、本市としても、県と共に、環境の保全や活用に努めてまいります。
    豊かで美しい海を、次世代につなげていく「海と日本プロジェクト」を心から応援いたします。
  • 綾宏
    香川県坂出市長
    綾宏
  • 坂出市は、海そして港と共に歴史を築き、栄えてきたまちです。古くは海水を用いた日本有数の塩の産地となり、その輸送を通して港湾都市としての礎を築きました。今は重要港湾である坂出港と埋立地に立つ臨海工業団地、その上に架かる瀬戸大橋により、四国の流通拠点として重役を担っています。
    一方、時は流れても五つの島それぞれに受け継がれる文化や生業を支える豊富な海の恵みは、訪れる人をも魅了し続けています。
    我々は「海と日本プロジェクト」に賛同し、共に歩んできた海を守り育む活動を市民と共に続けてまいります。
  • 大山茂樹
    香川県さぬき市長
    大山茂樹
  • さぬき市は人口約5万人のまちで、香川県の東部に位置し、北は穏やかな多島美を誇る瀬戸内海に面し、南は讃岐山脈の裾野に広がる緑豊かな田園が織りなす美しい自然景観を有しています。
    なかでも、瀬戸内海国立公園内の大串半島や海水浴場としても有名な津田の松原は、本市を代表する景勝地の一つとなっています。
    日本は、周りを海に囲まれ、海からの恵みを受けて発展してきました。まさに、海は日本人の物心両面の拠り所となっています。
    今回の「海と日本プロジェクト」に賛同し、かけがえのないこの海を次の世代に引き継ぎたいと思います。
  • 藤井秀城
    香川県東かがわ市長
    藤井秀城
  • 東かがわ市は、香川県の東端に位置し瀬戸内海の播磨灘に面していることから、古くから海と共に発展してきました。
    本市引田地区は、ハマチ養殖発祥の地として知られており、現在では「ひけた鰤(ブリ)」のブランド名で全国各地に出荷しています。
    私達は、今回の「海と日本プロジェクト」が推進する5つのアクションのひとつである「海を味わおう!」の活動を通じて、一人でも多くの人達が魚の魅力を再発見し、もっと食べる機会が増えることを願っています。
  • 丸尾幸雄
    香川県多度津町長
    丸尾幸雄
  • 瀬戸内海に面した多度津町は、古より良港に恵まれてきたことで、廻船業で財を成す豪商が現れ、また、金比羅参詣の海の玄関口として栄えてきました。
    現在においても、地元のブランドとして人気を得ているカキなどの海産物や、アートで賑わう島など、多くの海の魅力にあふれています。
    この美しく豊かな海の恩恵に感謝しつつ、次世代に引き継ぐため「海と日本プロジェクト」を通じて、さらなる活動に邁進してまいります。

  • 大城一郎
    愛媛県八幡浜市長
    大城一郎
  • 八幡浜は海上交易で栄えた港町です。四国の西の玄関口として発展してきた八幡浜の海は今でもフェリーが行き来し、いつも賑わっています。また八幡浜市は西日本有数の規模を誇る魚市場がある水産業のまちでもあります。海、山、里、川の全てが美しく保たれつながってこそ、理想の美しい海を作れると思います。八幡浜がいつか世界に開けた港になることが私の夢です。八幡浜で獲れた新鮮な魚を世界中の人に味わってほしいです。

  • 石川勝行
    愛媛県新居浜市長
    石川勝行
  • 私にとって海とは、新居浜の原風景そのままです。新居浜市の海は、日本のエーゲ海と呼ばれる瀬戸内海に面し、年間を通じて穏やかです。また新大島には村上水軍の名残が残る船隠しもあり瀬戸内海のロマンを感じます。自然のままのきれいな美しい海、多様な生物が生息する豊かな海、人と共生できる海であってほしいです。この美しい瀬戸内海を次の世代へなんとしてでも守っていかないといけないと思います。

  • 宮脇馨
    愛媛県上島町長
    宮脇馨
  • 上島町の魅力は、自然環境としての海に囲まれた豊かさです。
    ここでの暮らしの全ては潮の流れのリズムです。この大きな時間の流れが豊かさを生み出す源となっています。
    山が荒れると海も荒れる瀬戸内海で生きる私達には島と海の共生が大切です。
    理想の海は、いろんな生き物がいっぱいいる海。そこで私達も一緒に生きていくことです。上島町の島々で、みんなが人生を楽しめる空間にする事が私の夢です。

  • 岡本靖
    愛媛県松前町長
    岡本靖
  • 小魚珍味日本一の生産量を誇る松前町は古来より海と密接な関係を築いてきました。鮮魚の行商をする女性、おたたさんの姿や勇ましい漁師を思わせるはんぎり競漕は松前町の夏の風物詩です。桶にのって道具を使わず体の上下運動だけで海をすすむ松前町独自のレースにはまちづくりの核となる魅力があります。はんぎり甲子園など、若い世代の参加も拡がっています。未来にこの海を残すために、松前町の海を盛り上げ続けたいと思います。

  • 清水雅文
    愛媛県愛南町長
    清水雅文
  • 私にとって海は人生そのものです。愛南町には地域のおもてなしに力を入れるトライアスロンの選手、また多くの海水浴客や、キャンプ客が訪れます。愛南町の海を都会の人が行ってみたいなと思う理想の海にするために、今の環境を守っていくことが我々の仕事だと思っています。温暖化などで変わりゆく海を守り、愛南町の宝である海、風光明媚なリアス式海岸で獲れる海の幸をこれからも大切にしていきたいです。

  • 小松幹侍
    高知県室戸市長
    小松幹侍
  • 太平洋にV字型に突出した室戸市はユネスコ世界ジオパークに認定された世界的に見ても珍しい地形となっています。これらの地形は室戸周辺の海域に多くの水産生物を育み、我々に魚貝類や海洋深層水など様々な産物を与えてくれています。
    一方で、台風や津波の影響が懸念される場所ともなっているため、災害への対策をしながら人と海との共生をはかり、室戸の海の魅力を未来へとつなげてまいりたいと思います。

  • 泥谷光信
    高知県土佐清水市長
    泥谷光信
  • 本市は四国最南端に位置し、黒潮が直接ぶつかる全国でも唯一の場所であり、足摺岬近海は好漁場で、清水サバや宗田節づくりにかかせないメジカ漁が盛んに行われています。
    また、足摺宇和海国立公園に指定されている竜串・見残し海岸の奇岩は他にはない不思議な自然の造形美が魅力です。
    海と日本プロジェクトの取り組みにより、次代を担う子どもたちが海とふれあい学ぶいい機会となり、海を愛する心の輪が広がっていくことを期待します。

  • 松延宏幸
    高知県東洋町長
    松延宏幸
  • 東洋町生見はサーフィンのメッカとして全国的に認知されており、毎年多くの大会が開催されております。過去には全日本選手権大会や世界選手権大会も行われました。また、黒潮の恵みを受けた新鮮な魚介類が店頭に並ぶ「海の駅 東洋町」には、県内外より多くのお客様にいらしていただいており、東洋町は海との関わりの深い町と言えます。この「海と日本プロジェクト」が次世代を担う方たちにこの海の素晴らしさを伝え、この美しい海の大切さを再考するきっかけとなる取組になることを期待しております。

  • 池田洋光
    高知県中土佐町長
    池田洋光
  • 「土佐の一本釣り」鰹の町中土佐町に、新たな人気観光スポットが誕生しました。それは「道の駅なかとさ」です。140年続く漁師町の「大正町市場」や岬の湯宿「黒潮本陣」は高知県でも定番となっていますが、ここはなんと魚市場がある港湾・漁港地域。隣にはビーチもあって「みなとオアシス久礼」としても整備されており、まさに海と日本プロジェクトのコンセプトそのもの。青い海と青い空、心地よい潮風を感じながら思いっきり楽しんでください。

  • 大西勝也
    高知県黒潮町長
    大西勝也
  • 黒潮町は、カツオ漁をはじめとした海の恵にあふれた町です。また、日本一の津波高想定を受けた町です。日々、海の恩恵を受け、一方で日本一の厳しさを突きつけられた町だからこそ、ネガティブな情報をポジティブな発想に転換し、これからも海とうまく付き合っていきます。Tシャツアート展やホエール ウォッチング、スポーツ ツーリズムもますます情報発信します。また、防災の町として、備蓄缶詰を製造する缶詰工場を新たな産業として興しました。

  • 金子健次
    福岡県柳川市長
    金子健次
  • 柳川市では、有明海で獲れる豊かな海の幸があり、太古の昔から、その恩恵を受けてきました。また一方でその海に負荷を与えており、海の環境は私たちが考えていかなければならない大きな課題です。
    かけがえのないこの素晴らしい宝の海を、次の世代にバトンタッチできるよう、この課題に取り組んでまいります。

  • 田中純
    福岡県行橋市長
    田中純
  • 福岡県行橋市は、地形的に海・山・川と、自然の起伏に富んだ地形で、ローカルな都市には珍しく人口が増えている活気がある地方都市です。
    ビーチバレー・ビーチサッカー、海岸線を走るハーフマラソンと、市をあげて滞在型のビーチスポーツができるように整えている最中ですので、機会がございましたら是非行橋にお越しいただければと思っております。よろしくお願い致します。

  • 後藤元秀
    福岡県豊前市長
    後藤元秀
  • 海と共に生きた歴史がある日本です。
    海を大切にすることが日本を大切にすることにつながる。
    豊前市も、内海ですがその一角を担う立場にあって、海の力を信じ、そして海とともに生きる素晴らしさを体験できる「海と日本プロジェクト」を、微力ながら応援していきたい、参加していきたいと思います。

  • 原﨑智仁
    福岡県福津市長
    原﨑智仁
  • 福岡県福津市は、海に面した総距離が延べ22キロある大変海と関わりのある町です。
    漁港では、毎週日曜日に地元で採れた海産物の朝市、少し先にはヨットハーバーがありマリンレジャーのメッカでもあります。また白砂青松の海岸はウミガメの産卵場所です。
    わが町には、海岸のゴミ拾い、下草刈、ウミガメを見守る団体など、本当に海を愛される方がたくさんいらっしゃいます。そういったみなさまのご協力で、福津の海は今も守られていると思います。

  • 月形祐二
    福岡県糸島市長
    月形祐二
  • 福岡県糸島市は、海岸線が北側に60km広がっており、白砂青松の海岸、芥屋の大門、二見ヶ浦に代表される素晴らしい景観、あわせて干潟が広がる、変化にとんだ素晴らしい地形を有しています。
    糸島の海・筑前海は素晴らしい漁場で、牡蠣・海苔の養殖、それと「そうめん海苔・ふともずく」様々な海産物を産み出しています。
    この素晴らしい糸島の海を、皆さまの協力を得ながら、次の世代に受け継いでいきたいと思います。

  • 峰達郎
    佐賀県唐津市長
    峰達郎
  • 唐津市は佐賀県北西部に位置し、玄界灘に面しております。唐津の海は呼子のイカに代表される恵まれた海産物があり、日本三大松原の一つである虹の松原や唐津湾を望む唐津城など景観にも恵まれております。
    唐津の海は、海岸や松原の清掃など、市民の皆さまの尽力により守られてきました。これからも、市民の皆さまと力を合わせて、次世代を担う子供たちに、唐津の海の素晴らしさを伝えていきたいと思っております。

  • 塚部芳和
    佐賀県伊万里市長
    塚部芳和
  • 伊万里市は佐賀県西部に位置し、天然の良港伊万里湾を有しています。
    伊万里湾は造船、IC関連産業、木材関連産業等の工業港として発展している伊万里港があるほか、国市指定の天然記念物カブトガニの日本最大の生息・繁殖地があるなど、市民の皆様に愛される海であります。
    これからも「海と日本プロジェクト」を応援し、市民の皆様と一体となって、海の環境保全に努めてまいります。

  • 樋口久俊
    佐賀県鹿島市長
    樋口久俊
  • 鹿島市は、佐賀県の西南部に位置し、東には有明海が広がり、西は多良岳山系に囲まれた自然環境に恵まれたところです。有明海側の干潟の一部は、希少な渡り鳥の休息地として、「肥前鹿島干潟」の名称で平成27年5月にラムサール条約湿地に登録されました。干潟では渡り鳥だけではなく、干潟の生き物たちを間近に観察できます。これからこの貴重な干潟を次世代に残すことが私たちの使命です。鹿島市は「海と日本プロジェクト」と一緒に有明海の保全に取組んでまいります。

  • 江里口秀次
    佐賀県小城市長
    江里口秀次
  • 小城市は有明海に面しており、海苔の養殖が盛んです。また、芦刈海岸の広大な干潟は、日本で唯一ムツゴロウ・シオマネキ保護区に指定されており、他ではなかなか見ることが出来ないさまざまな生物が生息し、小城市でもたくさん見ることが出来ます。関係各位と協力して海を守り、また同時に山を守り、宝の海を後世に残していけるようにこれからも取組みを続けていきたいと考えています。

  • 田島健一
    佐賀県白石町長
    田島健一
  • 白石町はほとんどが干拓でできた町となっており、私たちが今住んでいる宅地や農地は、その昔は有明海でした。
    以前は漁業の方もたくさんいらっしゃったのですが、今は農家の割合が大きくなってきております。
    しかしながら、農家の方も漁師さんも一緒になって有明海を、そして陸と海の境をもっと豊かにしていきたいです。

  • 田上富久
    長崎県長崎市長
    田上富久
  • 三方を海で囲まれた長崎市は、古くからその恩恵を受け発展してきました。また、多種多様な漁業や水産加工業などが営まれている全国でも有数の「水産都市」であり、春夏秋冬それぞれに旬の魚がある「魚の美味しいまち」です。「海と日本プロジェクト」を通じて、「魚の美味しいまち長崎」の魅力を多くの方々に知っていただくとともに、全国各地で展開されるさまざまな取組みにより、美しい日本の海のすばらしさを再認識していただくきっかけとなることをご期待申し上げます。

  • 朝長則男
    長崎県佐世保市長
    朝長則男
  • 佐世保市は、天然の良港である佐世保港や自然美を誇る九十九島、そしてその複雑に入り組んだリアス海岸と多島海が育む豊かな水産物など、海が市民の身近にあるということが大きな魅力であり、それが佐世保の街を育んできました。
    素晴らしい海が身近にあるということは、ゆとりある生活を実現するとともに、人々が海を慈しむ心を育むことにもつながります。そのような海を守り、次代を担う子ども達に引き継いでいくことは私たちの責務です。本プロジェクトを通じて、このような想いが広がることを期待しています。

  • 園田裕史
    長崎県大村市長
    園田裕史
  • 大村市は、緑豊かな多良山系と大村湾に囲まれた、自然の恵みと便利な都市機能が調和する都市です。大村湾は、海岸に打ち寄せる波音が琴の音のような響きから、別名「琴の海」とも呼ばれており、ナマコ、サザエ、シャコをはじめ、カキや真珠などの水産物や世界初の海上空港である長崎空港がある宝の海です。
    この宝の海が「海と日本プロジェクト」の取組により、次世代へと引き継がれていくように期待しています。

  • 渡邉悟
    長崎県東彼杵町長
    渡邉悟
  • 東彼杵町は、平成29年全国お茶まつりで日本一に輝いた長崎玉緑茶と江戸時代から大村湾を通じて陸揚げされた鯨の食文化を残す「お茶とくじら」の町です。
    また、多良山系の山々と波静かな大村湾の恩恵を受けつつ、四季折々の美しい農村風景を残す町でもあります。
    ふるさとの美しい原風景を未来に引き継ぐためにも「海と日本プロジェクト」を通じて、多くの方に海に親しんでいただくとともに、次世代に美しい海を引き継ぐ活動の輪がさらに広がるようご期待申し上げます。

  • 山口文夫
    長崎県川棚町長
    山口文夫
  • 川棚町は、長崎県のほぼ中央に位置し、波静かな大村湾に面した自然環境豊かなまちです。
    大村湾は、ナマコやシャコなど水産資源が豊かな宝の海であり、大村湾に大きく突き出た大崎半島では、小串湾の絶景がみられるとともに、海水浴やマリンスポーツなどのマリンレジャーも楽しめます。
    「海と日本のプロジェクト」を通じて、多くの皆様が海に親しんでいただくとともに、未来の世代に美しい海が引き継がれていくようご期待申し上げます。

  • 大西一史
    熊本県熊本市長
    大西一史
  • 熊本市は、九州の中央に位置し、東に阿蘇、西に有明海を望み、水と緑の豊かな都市です。その有明海では、広大な干潟でのアサリ、ハマグリをはじめ、有明海の水産業を代表するノリ養殖業などが営まれており、多くの恵みがもたらされています。この海の恩恵に感謝するとともに、海の環境が守られ、今ある豊かな暮らしと環境を将来にわたり引き継いでいけるよう、「海と日本プロジェクト」を応援してまいります。

  • 西田弘志
    熊本県水俣市長
    西田弘志
  • 水俣市は、源泉から河口までが1つの域内で完結している日本でも珍しい地域です。そして、その川は不知火海へと続いています。水俣の海は皆さまご存知の「水俣病」という大きな混乱を起した舞台でもあります。ですが、現在「再生した海」として水俣の海の中では、藻場の再生やそこに集まる魚たち、特にタツノオトシゴは産卵や育児という珍しいシーンに立ち会うことがきる貴重なスポットが増えてきました。「海と日本PROJET in くまもと」では、海でつながる関係者の皆さまと熊本をPRしてまいります。

  • 堀江隆臣
    熊本県上天草市長
    堀江隆臣
  • 上天草市は、熊本県の南西部に位置し、有明海、八代海に囲まれ、海と山が織りなす景色や豊富な魚介類等を目当てに多くの観光客が訪れるなど、阿蘇と並ぶ熊本を代表する観光地として知られています。私の趣味はスキューバダイビングですが、最近、水面を漂流する人工ゴミや海水温上昇によるサンゴの白化現象を目の当たりにすることもあり、変わりゆく海の姿を大変心配しています。これからも世界中で海の恩恵を受け続けられる環境を維持するためにも海と日本プロジェクトの活動を応援します!

  • 中村五木
    熊本県天草市長
    中村五木
  • 3つの海(東シナ海・有明海・八代海)に囲まれた天草市は、水産資源に恵まれており、数多くの魚種と美味しい魚が獲れる“宝の島”です。
    また、野生のミナミハンドウイルカが約200頭生息しており、間近で見ることができる「イルカウォッチング」は、毎年、約10万人の方が訪れている人気スポットです。
    「海と日本プロジェクト」を通じ、天草の美しい海が守られ、将来へ引き継がれることを期待します。

  • 竹崎一成
    熊本県芦北町長
    竹崎一成
  • 芦北町は、熊本県南部に位置し、美しい不知火海と甘夏、デコポンが豊かに実る山々に囲まれています。
    また、「白いドレスの海の貴婦人」と呼ばれる「うたせ船」や、御立岬海水浴場などの白砂の海辺で開催される各種イベントでは、たくさんの観光客に楽しんでいただいております。
    豊かで美しい海を、未来の子どもたちに引き継いでいくためにも「海と日本プロジェクト」を通じて、たくさんの人々が海を守り育てていく取組みに繋がっていくことを期待しています。

  • 山田豊隆
    熊本県津奈木町長
    山田豊隆
  • 熊本県南部に位置する津奈木町。東南北の三方はなだらかな山々に囲まれており、西側には九州の地中海と形容される穏やかで美しい不知火海が広がっています。海に面した本町では、これまで海を中心として様々な文化や交流が生まれてきました。本年10月7日から12月5日までは、海の上に建つ旧・赤崎小学校を舞台とした展覧会「ホテル裸島リゾートオブメモリー」を開催いたします。是非みなさんにも“海に開かれた地域”での文化・交流活動を体感していただければと思います。

  • 佐藤樹一郎
    大分県大分市長
    佐藤樹一郎
  • 大分市は、瀬戸内海に面し、美しい海岸線を有するとともに、全国ブランドとなった「関あじ・関さば」をはじめ豊富な水産資源に恵まれています。また、戦国時代には南蛮文化が花開いた国際貿易都市として繁栄するなど、様々な形で海からの恩恵を受けながら発展してきました
    「海と日本プロジェクト」を通じて、多くの皆様に大分の海への関心を深め、その素晴らしさ、大切さを感じていただき、美しい海が次世代に引き継がれていくことを期待しています。

  • 長野恭紘
    大分県別府市長
    長野恭紘
  • 別府湾は古くより物流の拠点、そして四国、関西の観光客が九州を訪れる玄関口として発展してきた歴史があり、昔から「別府湾の海」は別府の温泉とともに、市民にとっても、観光客にとっても、無くてはならない存在となっています。
    この「海と日本プロジェクト」を通じて、次世代を担う子供たちが日本の海の素晴らしさや美しさを再認識してくれることを期待し、海の美しさを守るため、地域の皆様の絶え間ない努力があることを知って欲しいと思います。

  • 奥塚正典
    大分県中津市長
    奥塚正典
  • 中津干潟は、日本三大干潟の一つで豊富な自然から作り出された財産です。国内ではほとんど見ることができない希少生物が、豊富に生息しています。
    他では味わえない地物の食材が堪能できますし、日本初の干潟でのカキ養殖「ひがた美人」の生産にも力を入れています。子どもたちにとっては、図鑑で見る生物が手に取ることができるフィールドです。
    この貴重な財産を誇りに思い、守り、次世代につなげていくことは、今を生きる私たちの使命です。これからもこの豊かな海を、皆さんと一緒に育んでいきます。

  • 田中利明
    大分県佐伯市長
    田中利明
  • 日豊海岸国定公園に指定されたリアス式海岸は、風光明媚な景色が広がる美しい海です。また豊後水道は、瀬戸内海からの潮と黒潮の急流がぶつかりあう絶好の漁場であり、県内トップの水揚げ量を誇ります。寿司をはじめ、海鮮丼、伊勢えび料理など、新鮮な素材を活かした料理が自慢です。
    佐伯市は、海の恵みにより発展してきたまちですので、今回の「海と日本プロジェクト」を通じ、あらためて後世にこの素晴らしい海を残していかねばならないと決意したところです。

  • 三河明史
    大分県国東市長
    三河明史
  • 国東市は大分県の北東部、瀬戸内海に面した丸い国東半島の東半分に位置する自然豊かなまちです。かねてより、くにさき銀たち(タチウオ)やくにさき姫だこ、国東わかめなど海の産物に恵まれておりますが、最近は生食用の牡蠣「くにさきOYSTER」の養殖を手掛け、全国の高級レストラン等で好評を得ています。また、アカウミガメが産卵のために上陸する美しい海を守ろうと市民一体となって海岸清掃などに取り組んでいます。美しい海を次の世代に残すことは、私たちの義務であります。国東市といたしましてもこの「海と日本プロジェクト」の活動を応援してまいります。

  • 戸敷正
    宮崎県宮崎市長
    戸敷正
  • 南北に38キロの美しい海岸線を有する宮崎市。沖合いを流れる黒潮に育まれた豊かな漁場ではカツオやマグロなどが水揚げされるとともに、アカウミガメやコアジサシの産卵地にもなっています。マリンスポーツやライフセービング活動など、海を楽しみ、心身を育む場として私達の暮らしは海と共にあります。この恵まれた環境を次世代につないでいくことは私達の使命です。海と日本プロジェクトを通じて、誇りと愛着をもった地域づくりにつながることを期待しています。

  • 首藤正治
    宮崎県延岡市長
    首藤正治
  • 延岡の海には、人を惹きつけるものがたくさんあります。九州No.1の下阿蘇ビーチを眺めながら、海で獲れるさまざまな食材でおいしい料理を頂き、そして、アクティビティで自然を体験し、感動を味わう。そんな魅力ある宝ものを多くの人たちに知ってもらい、大切にしてほしいですね。
    みなさんも 「海と日本プロジェクト」を通じて、いつもそばにある海に関心を持ち、どのようにすれば海を守っていけるかを考え、そして、未来の子どもたちにきれいで素晴らしい海を残していきましょう。

  • 﨑田恭平
    宮崎県日南市長
    﨑田恭平
  • 全国でも有数の景観とコバルトブルーのきれいな海が広がる日南海岸は、本市の最大の魅力と言ってもいいでしょう。
    その海の恵みにより、サンゴ礁や熱帯魚が生息し、マグロやカツオなど多くの新鮮な魚が水揚げされ、その食材を使った食事は観光客にも大人気です。
    また、シーカヤックやサーフィンも盛んで、私も子どもの頃、海水浴に出かけ、楽しい思い出が沢山あります。
    私たちは、この貴重な海洋資源を、50年、100年と、後世に引継ぐ義務があります。
    ぜひ、このプロジェクトを通じ、「海で遊び」「海を知る」といったきっかけにしていただきたいと感じています。

  • 十屋幸平
    宮崎県日向市長
    十屋幸平
  • 日向市は、黒潮洗う美しい海岸線に縁どられた海の魅力あふれるまちです。中でも、全国トップクラスと言われるサーフィン環境は国内外から高く評価され、今年9月には「世界ジュニアサーフィン選手権」がアジアでは初めて開催されます。
    この自然豊かな日向の「海」を後世に繋げていくためにも、「海と日本プロジェクト」を通じ、市民やサーファーの皆さんらとともに、海の未来について考えていきたいと思います。

  • 島田俊光
    宮崎県串間市長
    島田俊光
  • 串間市は宮崎県内最南端に位置し、海を望む緑の草原に野生馬が生息する都井岬、文化猿の幸島、日本の渚百選の石波海岸など、国の天然記念物に指定されている、他にはない貴重で風光明媚なロケーションが広がっています。また、国の認定を受けた串間エコツーリズムでは、SUP体験、定置網体験、グラスボートから見る九州最大のサンゴ群集など、海を楽しむメニューがたくさんあります。このプロジェクトを通じて、「海」という「宝」を改めて感じてほしいと思います。

  • 黒木敏之
    宮崎県高鍋町長
    黒木敏之
  • 宮崎県の東部に位置する日向灘。その豊かな恵みを受ける高鍋町の海は水質良好で、アカウミガメやグンバイヒルガオなどの動植物の宝庫です。特に天然牡蠣の生産地として有名で、高鍋町を代表するグルメとなっております。また、海水浴場やサーフスポットとしても人気であり、観光資源としても重要な役割を担っております。
    本プロジェクトを通じ、この素晴らしい海の魅力を多くの皆様に伝えていくとともに、後世に残せるよう勤めてまいります。

  • 土屋良文
    宮崎県新富町長
    土屋良文
  • 新富町は野菜・果物の生産が盛んですが、その源は海がもたらす温暖な気候です。アカウミガメが訪れることで知られる、美しい砂浜が広がる富田浜海岸は、県内唯一の漕艇場もあり、スポーツやレジャーを楽しめる空間でもあります。
    私達は海から多くの恩恵を受けながら生きています。豊かな海を後世にしっかりと引き継いでいくことが、今を生きる私達の使命です。このプロジェクトを通じ、海と人との関わりを見つめ直す気運が高まることを期待します。

  • 日髙昭彦
    宮崎県川南町長
    日髙昭彦
  • 川南町の魅力は、豊かな自然とサーフィンに適した良好な波に恵まれているところです。
    我が町は、昔から『川南合衆国』と言われており、その名のとおり全国各地からいろんな人が集まっています。特に多くのサーファーがこの地を訪れており、波(海)を通してコミュニケーションがとりやすいところも魅力のひとつとなっています。
    海は世界と繋がる入口であり、生命の源です。川南町では、漁獲量が多く町の魚である『マグロ』のように一生泳ぎ続け、未来に向かって進化し続けることが私の理想です。

  • 河野正和
    宮崎県都農町長
    河野正和
  • 尾鈴山で育まれた清流はやがて川となり、日向灘へと注がれ、そして豊かな海の恵みをもたらしています。
    私たち人類は、この豊かな海の恩恵を受けながら生きてきました。
    ハモ・シイラ・伊勢えび・金ふぐなどの旬の魚介類が都農町で水揚げされる代表的な海の幸で、これらを含め全ての海産物は、私たちが生きていくために欠かせない「海からの恩恵」です。
    遠い昔から、私たちは「海」と隣り合わせでお互いに恩恵を受け合いながら、共に生きています。
    このプロジェクトを通し、「海の恩恵」について、もう一度見つめなおしてみませんか?

  • 安田修
    宮崎県門川町長
    安田修
  • 門川町は、古くから「さかなの町」として発展しており、今なお海からの恩恵を受け続けています。そのような中、水産業を取り巻く環境は厳しさもありますが、海は、私たちに生きる力を提供してくれるだけでなく、観光資源などの魅力も持ち合わせた貴重な存在であります。
    今後ともキラキラ輝く海を、将来を担う子どもたちに残していくためにも、この「海と日本プロジェクト」をとおして、海に関わる全ての人たちが、海について考え、できることから行動することが必要です。
    ともに頑張っていきましょう!

  • 肥後正司
    鹿児島県十島村長
    肥後正司
  • トカラ列島(十島村)は、屋久島と奄美大島の間に連なる火山とサンゴ礁の12の島々です。東シナ海を北上してきた黒潮が北東に大きく向きを変え太平洋へと流れ込む海域です。古来から人々の往来がみられ、「道の島」の一端を担ってきました。この夏、この海域で黒潮を使った世界初の海流発電の実証実験が行われます。海との新しい関わりの始まりです。今を支え、未来を拓く海を残すため「海と日本プロジェクト」を応援します。

  • 稲嶺進
    沖縄県名護市長
    稲嶺進
  • 名護市は、三方を名護湾、羽地内海、大浦湾の美しい海に囲まれた自然豊かな地域です。県内外から毎年多くの観光客が訪れ、海水浴をはじめ、シーカヤック、サーフィンなどの様々なマリンレジャーを楽しむなど、観光地として知られております。
    また、海からもたらされる魚介類などの豊富な海洋資源は、人々の営みやまちの発展を支えてきました。この先人から託された美しい海の環境を市民がともに力をあわせて守り育み、次代にしっかりと継承していけるよう「海と日本プロジェクト」の活動を応援いたします。

  • 上原昭
    沖縄県糸満市長
    上原昭
  • 糸満市は「海人のまち」として、長い歴史と伝統を誇り、今も旧暦文化が色濃く残る町です。旧暦の5月4日には海の恵みに感謝し、より一層の大漁と航海安全を祈願して「糸満ハーレー」が行われ、毎年多くの観客で賑わいを見せています。
    また、糸満漁港は、県内唯一の第3種漁港として県外船も多く寄港しています。
    さらに、糸満市南部の海岸地域では、サーフィンやダイビングが盛んで、摩文仁の丘からは崖下にサンゴ礁が広がり、すばらしい眺めを堪能することができます。「海と日本プロジェクト」の趣旨に賛同し活動を応援致します。

  • 古謝景春
    沖縄県南城市長
    古謝景春
  • 南城市は、琉球開闢神話が残る神の島「久高島」や世界遺産である「斎場御嶽」など、沖縄の人々の精神文化の礎となる歴史や文化が多く残る地域です。
    また美しい海岸景観や貴重なサンゴ礁(イノー)の海に囲まれており、恵まれた海資源からは漁業や観光産業などで多くの恩恵を受けています。
    過去には干潟の埋め立て計画もありましたが、生態系や漁業への影響を考慮し、豊かな海資源を後世に継承していくことで取りやめた経緯があります。
    このプロジェクトの趣旨に賛同し活動を応援します。

  • 上間明
    沖縄県西原町長
    上間明
  • 沖縄県の東海岸に位置する本町では、かつては子供たちが汲み取った海水で豆腐を作るなど、海は人々の生活の一部として大切にされてきました。
    今では、大型の海浜公園が誕生し、海水浴やマリンスポーツ、ビーチバレー大会で毎年賑わいをみせるなか、大切な資源を守ろうとボランティアによる清掃が活発に行われております。
    このプロジェクトを通し、海を愛する方が増え、きれいな海が後世に引き継がれることを期待しております。

  • 比屋根方次
    沖縄県八重瀬町長
    比屋根方次
  • 八重瀬町には海の畑・生きた水族館と呼ばれる「イノー」が広がり、貴重な観光資源としての可能性を秘めています。近年、町魚である「トビウオ」を活用したプロジェクトも進んでおり、海を資源とした特産品として期待されています。八重瀬町では、この多くの恩恵を与え続ける「海」を見て・触れて・感じていただけるように環境保全に向けて今後、積極的に取り組みたいと考えております。
    もっと海の魅力を伝えて感じ、人々の生活が豊かになるようにこのプロジェクトの趣旨に賛同し、共に活動を支援していきます。

日本財団

著名人応援団のページです。日本全国の海に関する様々な情報を日本財団「海と日本PROJECT」がお届けします。おでかけにぴったりなイベント情報や、海の現状を知る最新調査報告など、海を知って、海を思い、海に集うための情報が満載です。