海と日本公式サイトの最新ニュースをウィジェットで埋込み

<iframe class="uminohi-widget official-newest" src=" https://uminohi.jp/widget/newest/" width="100%" height="800" frameborder="no" scrolling="no" allowtransparency="true"><a href="https://uminohi.jp">海と日本PROJECT【日本財団】</a></iframe><script src=" https://uminohi.jp/widget/assets/js/widget.js"></script>

全国の市区町村長からのメッセージ:著名人応援団

日本財団「海と日本PROJECT」に賛同・応援いただいている著名人のみなさまからのメッセージを紹介しています。
著名人からの映像メッセージ

北海道
  • 水谷洋一
    北海道網走市長
    水谷洋一
  • 流氷の南限であるオホーツク海に面した網走市は、世界的にも非常に豊かな漁場に恵まれ、太古よりその恩恵を受けてきた地域です。現在も前浜ではサケ・マスやホタテに代表される水産物が水揚げされ、地域の産業や観光を支えています。この豊かな海の恵みをこれからも次世代に引き継ぐためには、海洋環境の保全が必須です。「海と日本PROJECT」を通じて海洋環境保全への理解と連携が深まることに期待しています。

  • 中西俊司
    北海道留萌市長
    中西俊司
  • 留萌市は、日本海北部に面し、かつてはニシン漁が盛んであったこともあり、塩数の子の生産日本一のまちです。近年、地球温暖化に伴い、海水温が上昇傾向にあることから、海の環境も変わってきている現状であります。このため、地球温暖化対策として温室効果ガス削減に向け、政府が進める「COOL CHOICE(クールチョイス)」を市民や事業者の皆さんと連携して留萌市全体で推進しています。
    海の環境を守るという使命感に燃えて、いま取り組まなければ次の世代の子供たちに豊かな海として繋ぐことができないとの思いから、『海と日本プロジェクト』の趣旨に賛同し応援いたします。

  • 工藤広
    北海道稚内市長
    工藤広
  • 3方を海に囲まれた我が街「わっかない」は、海と共に発展してきた街であり、戦前には現ロシア連邦サハリン州(旧樺太)との間に連絡航路を擁し、また戦後における日本有数の漁業基地として大きな役割を果たしてきました。
    現在では、平成3年にスタートした「稚内港マリンタウンプロジェクト」の実施により、港周辺の様子も大きく様変わりしましたが、我が街のシンボルとも言える「稚内港北防波堤ドーム」はそのままに、新しい国内・国際フェリーターミナルの建設や、市内には道内で6番目となる「海の駅」2箇所が登録されるなど、市民・観光客が自然と海に触れ合える環境が整えられています。

  • 田岡克介
    北海道石狩市長
    田岡克介
  • 札幌市の北側に隣接し、石狩湾に臨む水に恵まれた環境にあります。江戸時代初期には河口部流域が「場所(交易を行う範囲)」に指定されたことや交通の要所であったことから、西蝦夷地の中心地として重要な役割を果たしてきました。近年は、石狩湾新港をベースにした国際的な文化・経済の拠点として、めざましい発展を遂げています。
    この「海と日本プロジェクト」を契機に、海辺の環境保全のさらなる推進が図られますとともに、海に係わる方々をはじめ、地域のみなさんがふるさとへの愛着と誇りを深めてくれることを期待します。

  • 照井誉之介
    北海道江差町長
    照井誉之介
  • 江差町は、北海道文化発祥の地と言われ、江戸時代のニシン漁全盛期には「江差の5月は江戸にもない」と謳われるほど繁栄を極め今も北前船交易によってもたらされた有形無形の歴史的資源が多く残っており、2017年4月には文化庁より北海道で第1号となる「日本遺産」に認定されました。海によって地域の発展がもたらされた日本遺産の町「江差町」は本プロジェクトの取り組みを通じ、人と人のつながりや海を含めた地域資源を大切に未来へ引き継ぐ活動に取り組みます。

  • 新村卓実
    北海道奥尻町長
    新村卓実
  • 奥尻町は、北海道で2番目に大きな離島です。夏はウニ漁が盛んで、観光の目玉の1つとなっています。
    島唯一の奥尻高校では、スクーバダイビングが授業の中に組み込まれ、幼い頃から海に学び、海と共に生きてきました。「奥尻ブルー」と呼ばれる透明度の高い青い海が島を包み、ゆっくりとした「しまじかん」を過ごすことが出来ます。
    このプロジェクトを通じて、いつまでも穏やかな時間が流れる人と海の環境を守っていきたいと思っております。

  • 片岡春雄
    北海道寿都町長
    片岡春雄
  • 北海道日本海沿いに位置する寿都町は、古くから海の恩恵を受けて発展してきました。海がもたらす豊富な水産資源は、本町の基幹産業である漁業、水産加工業の振興を推進し、今も町の活性化を支えおり、地域にとって海は最も重要な財産と考えております。
    「海と日本PROJECT」によって、自然豊かな海が守られ、これからを担う世代に受け継がれながら、更なる地域の発展に繋がるよう期待し、応援させていただきます。

  • 松井秀紀
    北海道積丹町長
    松井秀紀
  • 鰊とソーラン節を生み、北前船を育んだ日本海。
    海の無事を願い、今も灯し続ける神威岬灯台の宿舎跡の古びた礎石からは、新婚間もない灯台守が唄う「喜びも悲しみも幾歳月」が聞こえるような気がします。
    悠久の時を経て、今、積丹ブルーに浮かぶ馬の背の断崖の小道を行き交う、大勢の若い恋人達の姿があり、奇岩奇石が連なる海岸線に沈む夕日が想い出の2人の誓いを祝ってくれます。
    かけがえのないこの美しい海を、みんなで次世代に引き継いでいきましょう。

  • 駒井久晃
    北海道羽幌町長
    駒井久晃
  • 羽幌町の沖合にある天売島は、ウミガラス(オロロン鳥)やケイマフリなど8種類約100万羽の海鳥が繁殖する世界有数の海鳥繁殖地です。このような環境があるのは、私たちの周りにある森や里、川といった豊かな自然環境があるからと考えます。
    しかし、海岸には大量のごみが漂着しており、海の美観を損ねるだけでなく、海鳥をはじめとする生態系にも影響を与えています。
    この貴重な海鳥を守るため、未来の子どもたちに「豊かな海」を引き継いでいくためにも、ともに力を合わせて頑張りましょう!

  • 田村祥三
    北海道利尻富士町長
    田村祥三
  • 日本最北の離島である利尻島(利尻富士町)は、かつてはニシンや昆布をはじめとした海産物の生産と海運を基盤とした交流により形成されたという漁業と移住、開拓の歴史があります。
    利尻山から海へ湧き出る水は多くの栄養分を含み、特産品である利尻昆布やウニなど豊かな海の幸を育て、私たちはその恩恵を受けています。
    これからも利尻島の自然環境を守り育て、この「海と日本プロジェクト」とともに豊かな海を次世代に引き継いでいけるよう取り組んでいきたいと思います。

日本財団

著名人応援団のページです。日本全国の海に関する様々な情報を日本財団「海と日本PROJECT」がお届けします。おでかけにぴったりなイベント情報や、海の現状を知る最新調査報告など、海を知って、海を思い、海に集うための情報が満載です。