海ごみゼロウィーク 参加者募集中

私たちは、国民一人ひとりが海洋ごみの問題を自分事化し、
”これ以上、海にごみを出さない”という社会全体の意識を向上させていくため、
産官学民が一体となり、日本から世界に発信できる海洋ごみ対策のモデルを生み出していきます。
海の豊かさを守り、海にごみを出さないという強い意思で日本全体が連帯し、
海に関心を持つ人を増やし、海の未来を変える挑戦を実現していきます。

NEWS

最新情報

CHANGE FOR THE BLUEとは

“これ以上海にごみを出さない”という社会全体の意識を高めるムーブメントを起こすため、産官学民からなる12のステークホルダーと連携し、海洋ごみの削減モデルを作り、国内外に発信するプロジェクトです。

プログラム

活動報告

2020年12月25日に東京と瀬戸内4県(岡山/広島/香川/愛媛)をオンラインで繋ぎ、連携協定を締結。海洋ごみ対策における広域でのモデル構築を目指した共同事業「瀬戸内オーシャンズX」を始動しました。 くわしくはこちら ▶︎
「スポGOMI甲子園」は「海洋ごみ問題への気づき」をテーマに、全国25都府県の高校生を対象に開催。ごみ拾いの質と量をポイントで競い合い、高校生ごみ拾い日本一を決める取り組みです。 くわしくはこちら ▶︎
プログラム

ステークホルダーとの取り組み

news-img

環境省

日本財団×環境省「海洋ごみ対策プロジェクト」

海洋ごみ削減に向けたアクションと、モデルケースの集約と国内外への発信を目指す

詳しくはこちら

news-img

一般社団法人ALLIANCE FOR THE BLUE

多業種企業が加盟するプラットフォームでの共同研究・実証実験

石油化学や日用品・飲食品・包装材メーカー、小売、リサイクル業界等、プラスチックバリューチェーンの上流から下流の各過程で一貫した対策を図る

詳しくはこちら

news-img

JASTO (一般社団法人日本先端科学技術教育人材研究開発機構) / 株式会社リバネス

海洋ごみ削減を実現するビジネスを創出する「プロジェクト・イッカク」

異分野の専門家たちが集結し、共創的なアプローチで社会実装を目指す

詳しくはこちら

ページトップへ戻る