海と日本公式サイトの最新ニュースをウィジェットで埋込み

<iframe class="uminohi-widget official-newest" src=" https://uminohi.jp/widget/newest/" width="100%" height="800" frameborder="no" scrolling="no" allowtransparency="true"><a href="https://uminohi.jp">海と日本PROJECT【日本財団】</a></iframe><script src=" https://uminohi.jp/widget/assets/js/widget.js"></script>

アクアマリンの夏まつり~海と日本プロジェクト~

2016.07.15

イベント概要

アクアマリンふくしまは7月15日で開館16周年を迎えます。「いろいろ(1616)たのしい」をテーマに夏休みは、生き物とふれあうたくさんのイベントを開催します。夏休みの自由研究にも役立つ企画や、大人も楽しめる企画までいろいろあります!

内容

1)巨大漁網迷路(海と日本プロジェクト)

漁網で作られた巨大迷路が登場!網をくぐりぬけてゴールを目指そう。

2)調(た)べラボ(海と日本プロジェクト)

試験操業で水揚げされた魚の放射性物質量を測って、安全性を確かめます。試食会も開催!

試食会 各日9:00~12:00 (各日300食限定なくなり次第終了)

3)万祝(まいわい)記念撮影会(海と日本プロジェクト)

漁師の晴れ着・万祝(まいわい)を着て、アクアマリンふくしま蛇の目ビーチで写真撮影。撮った写真はプレゼントします。(定員に達し次第終了します 各日100名)

4)おさかなタッチ水族館(海と日本プロジェクト)

スーパーや市場、水族館にいる魚を手にとっていろいろ発見!

5)魚のつかみどり(海と日本プロジェクト)

アクアマリンふくしま蛇の目ビーチで魚のつかみどりに挑戦!取った魚は炭火で美味しく食べよう。(各回15名)

6-1)海洋楽教室(海と日本プロジェクト)

シーラカンスやラブカなどの生きた化石、エラスモサウルスやヨウスコウカワイルカなどの絶滅した生物をロボットで再現!海洋生物の神秘とふれあおう。(各回50名程度)

6-2)海洋楽教室 操作体験(海と日本プロジェクト)

海洋楽研究所の本物そっくりなロボットを操作してみよう。(50名程度)

7)ハッピーオーシャンズプログラム(海と日本プロジェクト)

限りある水産資源の持続的な利用を考える機会として、資源量が豊かな魚介類を食材として活用し、自ら調理をして食べていただくプログラムを開催。

 

費用:

無料(入館料は別途必要)

5)についてのみ500円(入館料は別途必要)

参加資格:

1)特になし

2)各日9:00~12:00 (各日300食限定なくなり次第終了)

3)定員に達し次第終了します(各日100名)

4)特になし

5)各回15名

6-1)各回50名程度

6-2)50名程度

7)会津若松市内在住の小学生

日程

会期:7月15日(金)~8月28日(日)

1)7月15日(金)~8月28日(日)

2)7月16日(土)~18日(月・祝)

3)7月16日(土)~18日(月・祝)

4)7月23日(土)、24日(日)、8月27日(土)、28日(日)10:00~14:00

5)7月30日(土)、31日(日)、8月6日(土)、7日(日)10:30~、11:30~、12:30~、13:30~

6-1)8月6日(土)、7日(日)11:00~11:45 13:30~14:15

6-2)8月6日(土)15:00~15:30

7)7月26日(火)、27日(水)、28日(木)8:00~17:00

団体名

主催:公益財団ふくしま海洋科学館

場所

アクアマリンふくしま
1)アクアマリンふくしまおまつり広場
2)アクアマリンふくしま本館内
3)アクアマリンふくしま蛇の目ビーチ
4)アクアマリンふくしまおまつり広場
5)アクアマリンふくしま蛇の目ビーチ
6-1)アクアマリンふくしま本館内
6-2)アクアマリンふくしま本館内
7)アクアマリンふくしま

事業サイト

http://www.marine.fks.ed.jp/news/event/2016/2016summer-ev.html

お問い合わせ

アクアマリンふくしま

TEL 0246-73-2525

※日程等の情報は変更される場合があります。最新の情報、詳細については主催団体にご確認ください。

日本財団

アクアマリンの夏まつり~海と日本プロジェクト~ のページです。日本全国の海に関する様々な情報を日本財団「海と日本PROJECT」がお届けします。おでかけにぴったりなイベント情報や、海の現状を知る最新調査報告など、海を知って、海を思い、海に集うための情報が満載です。