海と日本公式サイトの最新ニュースをウィジェットで埋込み

<iframe class="uminohi-widget official-newest" src=" https://uminohi.jp/widget/newest/" width="100%" height="800" frameborder="no" scrolling="no" allowtransparency="true"><a href="https://uminohi.jp">海と日本PROJECT【日本財団】</a></iframe><script src=" https://uminohi.jp/widget/assets/js/widget.js"></script>

「ブルーブリッジしまね プロジェクト」JR松江駅・出雲市駅のデジタルサイネージをジャック!

2019.06.04

イベント概要

「海と日本プロジェクトinしまね」は、日本財団「海と日本プロジェクト」が取り組むプロジェクト「CHANGE FOR THE BLUE」の一環として、2019年度の年間を通して次に挙げる活動に取り組みます。

「CHANGE FOR THE BLUE」は、日本財団「海と日本プロジェクト」が、“オールジャパンとしてこれ以上海にごみを出さない”という社会全体の意識を高めるムーブメントを起こすため、産官学民からなる12のステークホルダーと連携し、海洋ごみの削減モデルを作り、国内外に発信するプロジェクトとして立ち上げました。

島根県の海岸を見てみると、多くの海洋ごみが打ち上げられています。海洋ごみの8割は街から流れてくるものといわれており、島根県を取り囲む海を美しくするには、まず自分たちの住む街や川、そして海に溢れているごみを取り除く必要があります。
そこで、海と日本プロジェクトinしまねは、「CHANGE FOR THE BLUE」が年間を通して取り組む「海ごみゼロウィーク」「海ごみゼロアワード」「海ごみゼロ国際シンポジウム」の3つの活動をベースに、島根県内でごみ拾い活動や活動促進などを行います。
この度、海ごみゼロウィーク ごみ拾い活動への参加を呼び掛けるためJR松江駅・出雲市駅のデジタルサイネージをジャックします。

内容

ブルーブリッジしまね プロジェクト デジタルサイネージジャック
「ブルーブリッジしまね プロジェクト」の一環として、海ごみゼロウィークで実施されるごみ拾いへの参加促進を呼びかける、デジタルサイネージを掲出。
海外の著名アーティストであるピーター・マルコ氏が描いた人気キャラクター「キングオリー」が、海と日本プロジェクトinしまねの応援キャラクターとして、島根県のきれいな海、そしてその海のごみ問題を提起し、ゴミ拾い活動への参加を呼びかけています。

日程

2019年5月27日(月)~6月9日(日)

団体名

海と日本PROJECT in しまね実行委員会

場所

JR松江駅・出雲市駅

事業サイト

海と日本PROJECT in しまね

お問い合わせ

海と日本プロジェクトinしまね事務局(TSK山陰中央テレビ内)
電話:0852-20-8888(月~金9:30~18:00)
メールアドレス:umi-shimane@tsk-tv.co.jp

※日程等の情報は変更される場合があります。最新の情報、詳細については主催団体にご確認ください。

日本財団

「ブルーブリッジしまね プロジェクト」JR松江駅・出雲市駅のデジタルサイネージをジャック! のページです。日本全国の海に関する様々な情報を日本財団「海と日本PROJECT」がお届けします。おでかけにぴったりなイベント情報や、海の現状を知る最新調査報告など、海を知って、海を思い、海に集うための情報が満載です。