海と日本公式サイトの最新ニュースをウィジェットで埋込み

<iframe class="uminohi-widget official-newest" src=" https://uminohi.jp/widget/newest/" width="100%" height="800" frameborder="no" scrolling="no" allowtransparency="true"><a href="https://uminohi.jp">海と日本PROJECT【日本財団】</a></iframe><script src=" https://uminohi.jp/widget/assets/js/widget.js"></script>

「CHANGE FOR THE BLUE」取り組み!北海道530(ゴミゼロ)プロジェクト大作戦!

北”海“道530プロジェクト大作戦!実行委員会では、北海道内の沿岸部都市と札幌市の小学生が地元の海岸や公園などでごみ拾いを行います。

2019.06.13

北”海“道530プロジェクト大作戦!実行委員会

イベント概要

北”海“道530プロジェクト大作戦!実行委員会は、日本財団「海と日本プロジェクト」が取り組んでいるプロジェクト「CHANGE FOR THE BLUE」の一環として、2019年度の年間を通して次に挙げる活動に取り組んでまいります。

「CHANGE FOR THE BLUE」は、日本財団「海と日本プロジェクト」が、オールジャパンとしてこれ以上海にごみを出さない”という社会全体の意識を高めるムーブメントを起こすため、産官学民からなる12のステークホルダーと連携し、海洋ごみの削減モデルを作り、国内外に発信するプロジェクトとして立ち上げました。

北海道は全国の約1割の海岸線を有し、周囲を海で囲まれ漁業も盛んです。そのため国内だけでなく近隣諸国からのごみや漁業活動に関連するごみも漂着し、このままでは美しい自然景観を損ねてしまいます。そこで北”海“道530プロジェクト大作戦!実行委員会は「CHANGE FOR THE BLUE」が年間を通して取り組む「海ごみゼロウィーク」「海ごみゼロアワード」「海ごみゼロ国際シンポジウム」の3つの活動をベースに、ごみ拾い活動などを行って参ります。

内容

「CHANGE FOR THE BLUE」の意義を受け、「北海道530(ゴミゼロ)プロジェクト大作戦!」を実施
北海道内の沿岸部都市と札幌市の小学生が地元の海岸や公園などでごみ拾いを行います。太平洋・日本海・オホーツク海に囲まれた北海道でどんなゴミが流れ着いているか、海のない札幌でも川などに運ばれて海に流れ着くゴミがどれだけあるのか。各地の違いやどうすればゴミを減らせるかなどを調査し、その調査結果を後日環境イベントで展示・発表します。

日程

2019年6月22日(土)~8月13日(火)
※詳細は、【場所】の欄をご確認ください。

団体名

北”海“道530プロジェクト大作戦!実行委員会

場所

<ごみ拾い・調査>
6月22日(土)09:30~11:30 海岸町海浜(網走市)、11:30~15:00 発寒西公園(札幌市)
6月29日(土)10:00~11:30 塩谷海水浴場(小樽市)
7月06日(土)10:00~12:00 道の駅しらぬか恋問(白糠町)
7月13日(土)13:30~15:00 湯川漁港(函館市)
<展示・発表>
7月27日(土)【はこだて・エコフェスタ】函館アリーナ
8月12日(月祝)~13日(火)【環境広場さっぽろ】札幌ドーム

お問い合わせ

北”海“道530プロジェクト大作戦!実行委員会
電話:011-232-5863
メールアドレス:hokkaido530@gmail.com

※日程等の情報は変更される場合があります。最新の情報、詳細については主催団体にご確認ください。

日本財団

「CHANGE FOR THE BLUE」取り組み!北海道530(ゴミゼロ)プロジェクト大作戦! のページです。日本全国の海に関する様々な情報を日本財団「海と日本PROJECT」がお届けします。おでかけにぴったりなイベント情報や、海の現状を知る最新調査報告など、海を知って、海を思い、海に集うための情報が満載です。