海と日本公式サイトの最新ニュースをウィジェットで埋込み

<iframe class="uminohi-widget official-newest" src=" https://uminohi.jp/widget/newest/" width="100%" height="800" frameborder="no" scrolling="no" allowtransparency="true"><a href="https://uminohi.jp">海と日本PROJECT【日本財団】</a></iframe><script src=" https://uminohi.jp/widget/assets/js/widget.js"></script>

  • 海と日本PROJECT
  • イベント案内
  • 海を楽しむ夏がやってくる!子どもの体験と学び!『海から見つめる子どもランドスケープ「ふくおか」』を開...

海を楽しむ夏がやってくる!子どもの体験と学び!『海から見つめる子どもランドスケープ「ふくおか」』を開催!

2018.07.13

イベント概要

この取組みでは、子ども達の未来や、福岡のまちを“海と関わり合うまち”にするために、博多・壱岐・平戸を舞台に子ども達と一緒に美しい海を思いっきり遊び、暮らしを体験します。このイベントは、次世代へ海を引き継ぐために、海を介して人と人とがつながる“日本財団「海と日本プロジェクト」”の一環です。

福岡市の子ども達は、ひとり親世帯・多子世帯・共働き世帯・多文化(外国籍)等多様な背景を持っています。そのような背景を持った多くの子どもたちには、「ふくおか」の文化・歴史・食が豊かな海によってもたらされていることに気付く機会が不足しています。このイベントで子ども達には、地域の人々が海と関わり合いながら生きていることを学び、その学びから福岡と海の強い結びつきを再発見してもらいます。そしてその「学んだこと」を美術教室の強みである模型製作で新しい「福岡のまちづくり」として昇華し、広く市民の方に見ていただく展覧会を開催します。プロジェクトを機会に海と福岡のまちを子ども達と一緒に考えてみませんか。

内容

福岡市内の子ども達を対象に、福岡のまちの将来を考え自ら作り出してもらう為に、博多の海の現状を学び、そして豊かな海と繋がりながら生きている町「壱岐」と「平戸」を訪れます。1泊2日の楽しく豊かな海体験を通じて、将来のふくおかを想像し、立体模型制作に繋げます。子ども達がえがく将来を市民の皆様に広く公開します。

【参加対象】
福岡市在住の小学生及び中学生
【参加料金】
・博多プロジェクト2,000円
・壱岐プロジェクト12,000円
・平戸プロジェクト12,000円
※各プロジェクトセットで割引あり
【参加申込】
事前に申込が必要 ~7/31(火)締切

実施内容詳細・申込はこちら

日程

2018年8月5日(日)~11月4日(日)

団体名

山王ひなた美術教室

場所

・福岡県福岡市中央区地行浜
・長崎県壱岐市芦辺町
・長崎県平戸市根獅子町
の各地
※博多プロジェクトは各自最寄り迄公共交通機関を利用
※壱岐プロジェクトは高速フェリー及びチャーターバスでの移動
※平戸プロジェクトはチャーターバスでの移動

事業サイト

http://www.sanno-hinata.com/umikora/

お問い合わせ

山王ひなた美術教室「通称:うみこらふくおか」
電話:092-409-3378

※日程等の情報は変更される場合があります。最新の情報、詳細については主催団体にご確認ください。

日本財団

海を楽しむ夏がやってくる!子どもの体験と学び!『海から見つめる子どもランドスケープ「ふくおか」』を開催! のページです。日本全国の海に関する様々な情報を日本財団「海と日本PROJECT」がお届けします。おでかけにぴったりなイベント情報や、海の現状を知る最新調査報告など、海を知って、海を思い、海に集うための情報が満載です。