海と日本公式サイトの最新ニュースをウィジェットで埋込み

<iframe class="uminohi-widget official-newest" src=" https://uminohi.jp/widget/newest/" width="100%" height="800" frameborder="no" scrolling="no" allowtransparency="true"><a href="https://uminohi.jp">海と日本PROJECT【日本財団】</a></iframe><script src=" https://uminohi.jp/widget/assets/js/widget.js"></script>

出張授業「<子どもと海のSDGs>SDGsってなんだろう 京都府京都市立岩倉北小学校 ~海と日本PROJECT~」

「海」を切り口にSDGsを楽しく学ぶ出張授業を、応募いただいた京都市立岩倉北小学校の5年生児童を対象に開催。ワークショップと事例紹介を通じて、SDGsの14番目の目標「海の豊かさをまもろう」に向けた持続可能な社会づくり、SDGsの考え方についての理解促進を図りました。 講師役は、日本ESD学会副会長の手島利夫氏、東海大学海洋学部博物館の学芸員・伊藤芳英氏が務め、子どもたちからは活発な意見が出されました。

2019.10.23

「海」を切り口にSDGsを楽しく学ぶ出張授業を京都市立岩倉北小学校で開催。ワークショップと事例紹介を通じてSDGsの考え方を学んでもらいました。

「海」を切り口にSDGsを楽しく学んでもらう出張授業を、応募いただいた小学校で開催。SDGsの14番目の目標「海の豊かさをまもろう」を通じて、持続可能な社会づくりに必要な知識、考え方、能力を育成するプログラムを、児童や先生に提供。ワークショップと事例紹介を通じてSDGsの考え方を理解してもらいます。

日 程
2019年9月27日(金)10:45~12:20

開催場所
京都府 京都市立岩倉北小学校

参加人数
5年生55人

主 催
こども海の学習プログラム普及プロジェクト実行委員会

協 力
朝日小学生新聞、日本ESD学会

克服すべき問題を考えてSDGsを学ぶ
昨年度よりSDGsの視点を持って授業を進めていくことになった、京都市立岩倉北小学校の5年生の児童を対象に出張授業をしました。
講師を務めるのは日本ESD学会副会長の手島利夫氏。東京の小学校の校長を歴任し、現在は学校教育の現場でESD・SDGsの普及に努めています。
授業は、縄文時代にさかのぼって克服してきた事柄を紹介し、現代で取り組まなくてはならない問題などを児童に考えてもらうワークショップ形式です。冒頭、16歳の環境活動家グレタさんが紹介され、手島先生の提案で互いに握手をすることからスタート。すっかりリラックスした児童は活発に発言していました。児童同士で相談できるので、会場は大変にぎやか。一人ひとりが付箋紙に「これから私たちが克服していかないといけないと思う問題」を書き込み、それがSDGsの17個の目標の何番に当てはまるのかを考えてボードに貼っていきます。子どもたちがそれぞれに克服ストーリーを考えて意見を出し合い、みんなで考えを共有しました。

授業の後半は、東海大学海洋学部博物館の学芸員、伊藤芳英氏が登場。授業のテーマは「深海からの使者」で、主人公はミズウオという深海魚です。実際にミズウオの胃から出てきた様々なプラスチックごみを紹介したり、海岸で採取した砂からマイクロプラスチックを取り出す実験などを行いました。




メディア掲出
2019.10.18 朝日小学生新聞
https://www.asagaku.com/2019/sdgs/index.html

イベントレポートは実施事業者からの報告に基づき掲載しています