ボランティアサーフィンスクール〜海と日本PROJECT〜

2018.07.02

ボランティアサーフィンスクールは、日本財団が推進する「海と日本プロジェクト」のサポートプログラムです。参加者は海により親しむきっかけになること、また、地元にサーフィンスクールが根付くことを目的として開催しました。

子ども達向けのボランティアスクールを宮崎県北で初めて開催しました。サーフィンスクールをきっかけにスクール生には海に行く機会を増やしてもらうこと、宮崎県北のボランティアも増やし今後も継続し開催していけるようにすることを目的としています。また、ボランティア参加費・スクール生参加費・サポート企業寄付と開催資金も確保し、地元スタッフがメインとなって活動していきます。

日程
6月10日(日)

開催場所
宮崎県日向市

参加人数
80名

主催
特定非営利活動法人Ocean’s Love

室内開催でサーフィンを体感!

台風5号接近に伴い雨、風が強く室内での開催となりました。スクール生11名・親御さん・ボランティア・関係者と総勢80名の参加となりました。急遽の室内開催になりましたがサーフィンを体感できるメニューを実施しました。

マットを丸めその上にサーフボードを乗せ不安定な状態を作り、スクール生は不安定なボードの上に立ちバランスをとり、波に乗る感覚を体験しました。
続いてブルーシートで波のチューブ(波の筒)を作り、その中をサーフボードに乗り滑りぬけます。室内でもサーフィンを体験することができました。

ボランティアもスクール生も一緒にパドルリレー!

スクーターボードに腹ばいになりパドルリレー。スクール生もボランティアも一緒に力を合わせ頑張りました。
最後は今日の思い出を写真にして飾ってもらうために、貝殻のフォトフレーム作り。スクール生の個性が出て素敵な作品ができていました。
室内開催でしたが海を感じるサーフィン体験でした。
次は海で会いましょう!!

参加者の声

・ブルーシートの波乗りが面白くて良かったです。ボランティアさんも多く子ども達も笑顔でこのような体験ができて本当に良かったです。
・みんなと一緒に参加できたことが良かったです。
・ボランティアさんと楽しく過ごせて良かったです。ふだんはイベントにはなかなか参加しない(本人が嫌がって)のですが、今日は本人がすごく楽しんでいました。
・今日は子どもも大人もたくさん笑って、子ども達に寄り添ってくれる人がこんなにたくさんいることに感動しました。ありがとうございました。
・室内で海をイメージしながらの体験がとても素晴らしかったです。子ども達もみんな楽しそうで親も楽しかったです。子どものバランスの良さが改めて分かりました。ボランティアさんがとてもすばらしくて感動しています。

メディア掲出
ケーブルメディアワイワイ「ワイワイ日向」

 

イベントレポートは実施事業者からの報告に基づき掲載しています

日本財団

ボランティアサーフィンスクール〜海と日本PROJECT〜 のページです。日本全国の海に関する様々な情報を日本財団「海と日本PROJECT」がお届けします。おでかけにぴったりなイベント情報や、海の現状を知る最新調査報告など、海を知って、海を思い、海に集うための情報が満載です。