海と日本公式サイトの最新ニュースをウィジェットで埋込み

<iframe class="uminohi-widget official-newest" src=" https://uminohi.jp/widget/newest/" width="100%" height="800" frameborder="no" scrolling="no" allowtransparency="true"><a href="https://uminohi.jp">海と日本PROJECT【日本財団】</a></iframe><script src=" https://uminohi.jp/widget/assets/js/widget.js"></script>

函館朝市ミニ水族館夏休みスペシャル企画 クイズスタンプラリー はこだて海の教室 ~海と日本PROJECT~

はこだて海の教室実行委員会は、函館朝市で「函館朝市ミニ水族館夏休みスペシャル企画 クイズスタンプラリー」を開催しました。函館朝市の5か所に設置した小型水槽を巡ってクイズに挑戦してもらい、ゴールの函館朝市ミニ水族館に誘導します。海や海の生き物について楽しく学んでもらいました。

2019.10.23

はこだて海の教室実行委員会は、2019年2019年7月15日(月・祝)から8月15日(木)まで、函館朝市で「函館朝市ミニ水族館夏休みスペシャル企画 クイズスタンプラリー」を開催しました。

函館朝市の5か所に設置した小型水槽を巡りながら、クイズに挑戦してもらい、ゴールの函館朝市ミニ水族館エリアに誘導しました。函館の子どもたちや観光で函館朝市を訪れた人々に、海や海の生き物について楽しく学ぶ機会を提供しました。

日程
2019年7月15日(月・祝)~8月15日(木) 7:00~14:00

開催場所
函館朝市

参加人数
3068人(スタンプラリー達成者)

主催
はこだて海の教室実行委員会

協力
函館朝市

5つの水槽を巡ってクイズに答えるスタンプラリー
函館朝市の5か所に、テーマに基づく小型水槽を設置しました。
水槽の左側に説明版を設置し、日本語に加え、英語、中国語も表示しました。水槽の右側には、説明に関連したクイズとスタンプラリーの台を置き、クイズに答えた後、スタンプラリー台紙にスタンプを押してもらうルールにしました。

小型水槽の一つが「北海道大学水産学部の研究」です。こちらには、海水に暮らすイトウを展示しました。イトウというと淡水のイメージがありますが、実は一生のうちで何度も川と海を行き来する魚です。海水で飼育したほうが大きく育つため、養殖技術の研究のために、北大では海水での飼育を行っているそうです。

5つの小型水槽を全て見学し、ゴールのメイン水槽に到着した人たちにはポストカードをプレゼントしました。函館市内はもちろん、日本全国、世界各国の方々が、魚や海について楽しく学びました!


参加者の声
・いろんな魚を見ることができて楽しかったです。
・ヒラメとカレイの違いを初めて知りました。
・生きているホッケを初めて見ました。とてもきれいな魚だと知りました。
・お魚幼稚園の魚が小さくてかわいかったです。
・朝市の中を探検した気分になりました。
・函館朝市でご飯を食べた後、子どもたちが楽しく遊べるスタンプラリーがあって良かったです。
・函館はやはり海の街ですね。家族旅行の良い思い出になりました。

イベントレポートは実施事業者からの報告に基づき掲載しています