夏休みの自由研究はこれでバッチリ! 港の役割を学ぼう!「こども港調査隊」開催!

2018.07.11

海と日本プロジェクトin新潟事務局(BSN新潟放送内)は、県内2か所で「こども港調査隊」を開催。
夏休み中の小学5年生の児童たちが、佐渡市の小木港では「たらい船」による伝統漁法などを体験します。また糸魚川市の姫川港では、セメントなどの工場と港がベルトコンベアで直結されている、画期的な運搬システムを見学します。

・小学生が地元の特徴的な港について専門家から学び、港の役割について理解を深めます。
・このイベントは福井事務局との連携イベントです。福井県内でも同様のイベントを2回開催し、参加した小学生からリポートを提出してもらいます。良いリポートができた小学生8名を選抜し、9月に開催するまとめのイベント「こども港フォーラムin新潟」に参加していただきます。
・新潟、福井で開催する「調査隊」の模様は、冊子「大発見ガイド」で紹介します。

こども港調査隊「日本海の港大発見in新潟」
・佐渡コース:7月26日、27日(一泊二日)
佐渡の昔を学ぶ小木港フィールドワーク
佐渡の伝統漁法を学ぶ「たらい船」乗船体験 など
・糸魚川コース:8月2日(日帰り)
県立海洋高校の実習船「海洋丸」乗船体験
ベルトコンベアで工場から港へ直送 姫川港のすごい役割 など

参加料:無料
※今回の募集は、新潟県内の小学5年生が対象です。
詳しくはこちら

お問い合わせ
海と日本プロジェクトin新潟事務局(BSN新潟放送内)営業推進部
電話:025-267-4111(代表)

日本財団

夏休みの自由研究はこれでバッチリ! 港の役割を学ぼう!「こども港調査隊」開催! のページです。日本全国の海に関する様々な情報を日本財団「海と日本PROJECT」がお届けします。おでかけにぴったりなイベント情報や、海の現状を知る最新調査報告など、海を知って、海を思い、海に集うための情報が満載です。