栃木県と海とのつながりについて考えてみよう! サガンボ恩返し隊2018 開催!!

2018.06.29

海と日本プロジェクトin栃木県実行委員会は、栃木県の郷土料理「サガンボ」の由来について学び、栃木県と海とのつながりを考える、「サガンボ恩返し隊2018~海へとつながる栃木の暮らし~」を8月17日(金)、18日(土)に開催いたします。
栃木県は海無し県にもかかわらず、鮭や鮫などの海洋資源を食文化に取り入れ、郷土料理として根付かせてきた歴史があります。当企画では、サメの切り身である郷土料理「サガンボ」に焦点を当て、サガンボを調べることで栃木県と海との関係を学び、サガンボを育んでくれた近県、茨城の海で現在、何が起きているのか?を学び、問題解決のために今できることを考えます。

海と日本プロジェクトin栃木県実行委員会は、日本財団「海と日本プロジェクト」の一環として、次世代へ海を引き継ぐため、海を介して人と人とがつながることを目的として、本事業を実施しています。

<イベント名>
海と日本プロジェクト・サガンボ恩返し隊2018~海へつながる栃木の暮らし~

<開催日(期間)>
2018年8月17日(金)~18日(土)※1泊2日

<開催場所>
栃木県・茨城県(栃木県立美術館、那珂湊港、とちぎ海浜自然家、大洗サンビーチ他)

<交通手段>
とちぎテレビ本社集合。(宇都宮市昭和2-2-2)
※公共交通機関、または最寄りの有料パーキングをご利用ください。

<問い合わせ先(電話番号)>
03-5293-8931

<料金>
無料

<予約について>
事前申し込み必要

<対象者>
栃木県内在住、在学の小学5年生、6年生

<内容>
将来を担う子供達が、栃木と海とのつながりを知ることで、海への興味や感心を高めてもらうことを目的とします。「サガンボ」の生息する海に恩返しをする小学生取材班「サガンボ恩返し隊」を結成し、サガンボをきっかけに海洋問題に感心を持ち、問題を知り、それを県民に伝えます。
詳しくはこちら

お申込みはこちら
https://www.tochigi-tv.jp/topics/?id=2336

<お問い合わせ先>
海と日本プロジェクトin栃木県実行委員会
電話:03-5293-8931
メールアドレス:j-saito@tochigi-tv.co.jp

日本財団

栃木県と海とのつながりについて考えてみよう! サガンボ恩返し隊2018 開催!! のページです。日本全国の海に関する様々な情報を日本財団「海と日本PROJECT」がお届けします。おでかけにぴったりなイベント情報や、海の現状を知る最新調査報告など、海を知って、海を思い、海に集うための情報が満載です。