海と日本公式サイトの最新ニュースをウィジェットで埋込み

<iframe class="uminohi-widget official-newest" src=" https://uminohi.jp/widget/newest/" width="100%" height="800" frameborder="no" scrolling="no" allowtransparency="true"><a href="https://uminohi.jp">海と日本PROJECT【日本財団】</a></iframe><script src=" https://uminohi.jp/widget/assets/js/widget.js"></script>

  • 海と日本PROJECT
  • 特集
  • 子どもの事故は大人が防ぐ!「海のそなえ未来会議2019夏in ららぽーと豊洲」開催

子どもの事故は大人が防ぐ!「海のそなえ未来会議2019夏in ららぽーと豊洲」開催

海や川で安全に遊ぶためにそなえるべきこととは?イベントで安全のための知識を親子で学んで実践!

2019.07.25

夏休みに入った直後の7月22日、 “子どもの水難事故をゼロにする”ための啓蒙活動「海のそなえ未来会議2019夏in ららぽーと豊洲」が開催されました。
特設会場には「海のそなえとは何か?」を学べるパネルが展示され、子ども向けのワークショップとして海の生物塗り絵体験やライフジャケットの試着コーナーも用意されるなど、未就学児から小学生までのお子さん連れ親子で賑わいました。

この日は、ラジオ日本『エシカルWAVE』の公開収録も行われました。環境問題や社会貢献活動にまつわる話題をわかりやすく伝える番組で、今回は「海は子どもが育つ発見の宝庫!」、「安全に遊ぶために覚えたい“海のそなえ”」をテーマに、有識者を招いてのトークが繰り広げられました。
※本放送は7月29日深夜26:30(30日2:30)〜

第1部の「海は子どもが育つ発見の宝庫!」では、人間性脳科学研究所所長・澤口俊之さん、子どもとのお出かけ情報サイト『海にいこーよ』WEB統括ディレクター・石川芽生子さんが登壇。海を体験することが学習能力アップにつながるなど、興味深いお話が聞けました。

第2部の「安全に遊ぶために覚えたい“海のそなえ”」では、吉川慎之介記念基金代表・吉川優子さん、日本ライフセービング協会理事・石川仁憲さんから、海難事故の現状や事故防止のためのそなえの必要性など、貴重なアドバイスがありました。

参加されたお母さんたちからは「子どもに海での思い出を作ってあげたいし、親の責任として安全を見守っていきたい」などの声があったほか、ライフジャケットを試着した子どもたちも「着てみたらすごく軽かった」「泳げないからなんか安心する」「こんどキャンプで着たい」などの感想が聞かれました。

近年は海へ行く人が減少しているにも関わらず、水難事故数が減らない原因の一つに、海の知識不足があげられています。
子どもの成長に好影響をもたらす海体験を、安心・安全に楽しむために、この夏は正しい海の知識と行動、装備をそなえて出かけたいですね。
詳しくは「親と子どもの海のそなえ」もチェックしてみてください。


親と子どもの海のそなえ