後世に伝えたい!隠岐の島の海の郷土料理【動画紹介】

2018.07.13

世界各地にある郷土料理。その土地ごとに名産品などを、美味しく食べるために受け継がれています。近年は地球の環境が変わり、後世に伝えていくために問題を抱える郷土料理も。
今回はそんな、隠岐の島の海の幸を使った郷土料理の紹介です。

ぼんべめし | 海と日本PROJECT in しまね

※動画は昨年のものです。

隠岐の島町の郷土料理「ぼんべめし」。
“ぼんべ”とは、カサ貝の一種。そのぼんべをニナ貝やさざえ、地元で採れた野菜などと煮て、ご飯と混ぜ合わせたら“ぼんべめし”のできあがり。具からでる出汁が何とも言えない味わいと香りを生むそうです。
その美味しさが好評で、フェリー客のお弁当として提供されています。
しかし、近年隠岐の島では漂着ゴミ、漂流ゴミの増加が問題となっていて、定期的な海岸清掃も行われていますが、ゴミが減ることがないのが現状。
海の持つ魅力、美味しい郷土料理のための「ぼんべ」を守り、海からの恩恵と笑顔を子どもたちに受け継いで行くことを、地域の人々は願っています。

寒シマメの漬け丼 | 海と日本PROJECT in しまね

※動画は昨年のものです。

「寒シマメの漬け丼」は隠岐の島の漁師メシとして、地元の人々に愛されてきました。
「寒シマメ」は、冬の一番美味しい時期の“スルメイカ”の隠岐の島での呼び名です。極上の寒シマメを醤油に漬けこんだ漬け丼は、観光客にも人気。
隠岐の島では、特殊な冷凍保存技術「CAS」で寒シマメが一年中楽しめるようになりました。
しかしここ数年、地球温暖化による海水温の上昇で、全国的にいか、特にスルメイカの漁獲量が減少しています。
今はCASで保存されている寒シマメですが、その在庫が切れてしまうことが生産者の心配の種。
郷土料理の寒シマメの漬け丼を後世に伝えるために、私たちひとりひとりが、海を知り、考え、行動することが必要になっています。

●まとめ
漂着ゴミや地球温暖化など、地域住民だけではすぐに解決できない問題のある海。
その海辺で今まで受け継がれてきた郷土料理は、ずっと守っていきたいですね。
その第一歩として、まず海を知ることからはじめてみませんか?

日本財団

後世に伝えたい!隠岐の島の海の郷土料理【動画紹介】 のページです。日本全国の海に関する様々な情報を日本財団「海と日本PROJECT」がお届けします。おでかけにぴったりなイベント情報や、海の現状を知る最新調査報告など、海を知って、海を思い、海に集うための情報が満載です。