全国の市区町村長からのメッセージ:著名人応援団

日本財団「海と日本PROJECT」に賛同・応援いただいている著名人のみなさまからのメッセージを紹介しています。
著名人からの映像メッセージ

鳥取県
  • 深澤義彦
    鳥取県鳥取市長
    深澤義彦
  • 鳥取市は、海岸全域が山陰海岸ジオパークに認定されており、広大な海岸砂丘である「鳥取砂丘」など多くの見どころがあります。日本海の豊かな海の幸が水揚げされる鳥取港は、海上交通の要衝として発展し、県内外との文化交流活動なども盛んに推進されています。
    「海と日本プロジェクト」を通して、鳥取の海の魅力を発信するとともに、豊かな海を未来へと守り続けていきたいと考えています。

  • 中村勝治
    鳥取県境港市長
    中村勝治
  • 鳥取県境港市は、三方が海に開けた港町です。
    日本海、美保湾、中海で獲れる多種多様な魚が水揚げされる、境漁港は全国でも有数の水揚げ量を誇り、特にベニズワイガニを中心としたカニと生のクロマグロの水揚げ量は日本一です。また、大量に獲れた魚を新鮮なうちに加工、調理、保存、輸送する技術が発達しています。
    ゲゲゲの鬼太郎でお馴染みの「水木しげるロード」もあり、マリンスポーツも盛んです。ぜひ、境港へお越し頂き、海を近くに感じながら、旬の魚をご堪能下さい。

  • 西垣英彦
    鳥取県岩美町長
    西垣英彦
  • 岩美町は、海と山と温泉に恵まれた自然豊かな町です。中でも海は、岩美町を語るに無くてはならない要素です。町きっての名勝「浦富海岸」の美しさは訪れた誰もが知るところでありますし、そのロケーションを活かしたマリンスポーツも盛んです。また夏は岩ガキや白イカ、冬は松葉ガニやばばちゃん(タナカゲンゲ)など海のグルメもかかせません。海を大切にすることは、ふるさとを大切にすること。海と日本プロジェクトを通じて、我らがふるさとの海を守っていきたいと思います。

  • 竹口大紀
    鳥取県大山町長
    竹口大紀
  • 大山町は「森・里・海、水の連環と人々の営み」をテーマとして、エコツーリズム国際大会2013inTottoriを開催しました。大山町は国立公園大山の山頂から海までが非常に近く、水の連環が一目で分かる全国でも稀な地域です。西日本規模のブナ林が育んだ水が、豊かな水を作り出し、サザエなどの良好な漁場となっています。「海と日本プロジェクト」を通じて、大山町の豊かな海・森、それらを巡る人々の営みの魅力を広く国内外に発信できたらと思います。

島根県
  • 松浦正敬
    島根県松江市長
    松浦正敬
  • 日本海と中海に面し、宍道湖を抱えて文字通り「水の都」として発展してきた松江市は、国引き神話をはじめ、古くから海とのかかわりの深い土地です。島根半島に点在する風光明媚な42の浦々や、海運の神様としても信仰を集める美保神社など、古くからの海にちなんだ文化や風習、信仰の対象がいくつも残されています。海と日本プロジェクトや島根半島のジオパーク登録を通じ、この豊かな自然と、神話をはじめとした文化や歴史を次の世代へと残し、伝えていきたいと考えています。

  • 久保田章市
    島根県浜田市長
    久保田章市
  • 浜田市は県内随一の水揚げを誇る山陰浜田港を有し、四季折々の旬のお魚が水揚げされています。
    また、約30kmの海岸は中国自然歩道に指定され、特に国府エリアは、白浜が約1キロも続き、夕日のきれいなスポットです。近くの石見畳ヶ浦は国指定の天然記念物で、島根県では唯一かおり風景100選に選ばれています。
    この「海と日本PROJECT」が、浜田の海の魅力を体感していただけるきっかけになることを期待しています。

  • 長岡秀人
    島根県出雲市長
    長岡秀人
  • 出雲市は、神話の時代から海の恵みを受け、海に沈む美しい夕日は、「日が沈む聖地出雲」として日本遺産となりました。海産物も豊富で、十六島のりは、「出雲国風土記」にも記述され、古くから海とのつながりが想像されます。
    また、「出雲日御碕灯台」が「恋する灯台」に認定され、縁結びのまち出雲に新たな魅力が加わりました。このプロジェクトにより、多くの人が出雲に訪れ、海の魅力やパワーを感じていただければと思います。

  • 楫野弘和
    島根県大田市長
    楫野弘和
  • 大田市は、「鳴砂 琴ヶ浜」に代表される豊かな海岸線に恵まれており、小型底引き網漁業を中心とする漁業は、市の基幹産業の一つです。
    また、銀鉱石の積出港であった鞆ケ浦、港町として栄えた温泉津港など世界遺産「石見銀山遺跡とその文化的景観」を構成する港もあります。
    この美しい自然と文化や歴史を、次の世代に引き継ぐためにも、海と日本プロジェクトの活動に期待しています。

  • 大江和彦
    島根県海士町長
    大江和彦
  • 日本海の島根半島沖合、約60Kmに浮かぶ隠岐諸島の中の一つ中ノ島「海士町」。
    対馬暖流の影響を受けた豊かな海と、名水百選(天川の水)に選ばれた豊富な湧水に恵まれ、自給自足のできる半農半漁の島です。
    奈良時代から遠流の島として遣唐副使の小野篁をはじめ、承久の乱(1221年)に敗れ、ご配流の身となられた後鳥羽上皇は、在島17年余この島で生涯を終えられました。
    平成の今、「ないものはない」をキャッチフレーズに離島からの挑戦を続けています。

  • 平木伴佳
    島根県知夫村長
    平木伴佳
  • 知夫村は、島根半島の沖合に浮かぶ隠岐諸島最南端に位置する知夫里島にある島根県唯一の村です。
    「チブリ」という地名は、海上交通の守り神「チフリ」」を由来としており、古くから日本海航路の要所として知られてきました。
    島の最高峰「赤禿山」からは、隠岐諸島はもちろん、島根半島や大山をも眺望できます。他にも、国の名勝天然記念物「赤壁」は見る人にその雄大さを与えます。
    「海と日本プロジェクト」が豊かな自然を永遠の財産として、後世に引き継ぐ活動になることを期待します。

  • 池田高世偉
    島根県隠岐の島町長
    池田高世偉
  • 隠岐の島町は、島根半島の北東約80㎞の海上に位置する国境離島です。周辺の海岸全域は、大山隠岐国立公園に指定され、また、平成25年には隠岐ユネスコ世界ジオパークに認定されています。
    江戸時代半ばから明治時代にかけて、北前船の風待港として、多くの船で賑わいました。現在でも、水産業は町の基幹産業です。
    松葉ガニや白バイ、白イカ、いわがきなど豊富な水産物に恵まれています。
    未来の子どもたちに、この美しく豊かな海を引き継いでいくために、「海と日本プロジェクト」の活動に期待しています。

岡山県
  • 大森雅夫
    岡山県岡山市長
    大森雅夫
  • 岡山市では、瀬戸内海の美しい景観に象徴されるような自然と調和した地域を目指し、地域全体でESD(持続可能な開発のための教育)の取組を進めています。豊かな里海を保全・再生することを目的としたアマモ場再生や海ゴミ対策はESDの理念に沿った取組であり、現在、こうした取組を核として、市内各地でESD・環境保全活動に取り組んでいる市民や企業等と協働しながら様々な活動を展開しています。この、「海と日本プロジェクト」は、国連のSDGs(持続可能な開発目標)の推進にも繋がるものであり、岡山市も皆さんと一緒に応援してまいります。

  • 伊東香織
    岡山県倉敷市長
    伊東香織
  • 倉敷市は、約400年前に瀬戸内海を干拓してできたまちで、その発展は干拓地に一輪の綿花を植えたことが始まりでした。
    繊維製品出荷額日本一を誇る繊維産業、倉敷美観地区に代表される歴史的な美しい街並み、我が国有数の臨海工業地帯である水島コンビナートなど、これらはすべて、瀬戸内海の恵みを受けて発展してきました。
    この豊かな海の恵みを次世代に引き継いでいけるよう、倉敷市も「海と日本プロジェクト」をみなさんと一緒に応援してまいります。

  • 黒田晋
    岡山県玉野市長
    黒田晋
  • 玉野市は、岡山県の南端に位置し瀬戸内海の美しい自然に恵まれた、風光明媚で気候の温暖な港町です。市の中心部である宇野港は、四国や瀬戸内海の島々への玄関口としてフェリーが行き来し、大型客船バースにはクルーズ客船が入港しています。また、現代アートの祭典「瀬戸内国際芸術祭」や、地元の学生が中心となり企画・運営するイベント「UNOICHI」の開催など「海」をテーマに様々な事業を展開し、賑わいを創出しています。

  • 小林嘉文
    岡山県笠岡市長
    小林嘉文
  • 笠岡市は,岡山県の西南部に位置し,瀬戸内海には,個性豊かな7つの有人島を有します。笠岡諸島の島々には,国の文化財である盆踊りが伝承される島・良質の花崗岩を産出する石の島などがあり,笠岡市にとってかけがえのない資源です。
    海・島と結びつきの強い笠岡市だからこそ,「海と日本プロジェクト」の活動により,これからも海の恵みに感謝し,海を大切にしてくれる方が増えてくださることを願っています。

  • 田原隆雄
    岡山県備前市長
    田原隆雄
  • 当地域では、海のゆりかごと呼ばれ健全な沿岸環境の維持に欠かせない“アマモ場”の再生活動を柱とした『里海づくり』を推進しています。
    海の守人である漁師さんをはじめ、一般消費者の方や地元中学生、全国からの高校生、大学生など様々な世代や職種の方々と共に活動を行っています。
    このプロジェクトにより、次の世代にこの豊かな資源(自然)を引き継ぐべく、全国各地でこのような取り組みが展開されることを期待します。

  • 武久顕也
    岡山県瀬戸内市長
    武久顕也
  • 瀬戸内市牛窓の海は、「日本のエーゲ海」と称され、自然豊かな瀬戸内の多島美や干潮時に黒島・中ノ小島・端ノ小島がつながるヴィーナスロードなど、自然の神秘も楽しむことができます。さらに、西日本最大級の牛窓ヨットハーバーでは海洋性スポーツも盛んにおこなわれています。海と深く関わりのある瀬戸内市は、このプロジェクトにより、豊かな海を未来に残し、多くの人が海への関心を高めていただけることを願っています。

  • 栗山康彦
    岡山県浅口市長
    栗山康彦
  • 浅口市は、瀬戸内海の美しい風景や、牡蠣をはじめとする豊かな海産物など、様々な海の恩恵を享受してきました。
    我々は、この「海」という財産を守り、後世に伝えていく責務があります。
    「海と日本プロジェクト」で実施される様々な活動を通じて、綺麗な海・豊かな海の保全が推進されますとともに、日本中のより多くの皆さんに海の魅力を感じ、味わっていただけるよう、浅口市もこのプロジェクトを応援してまいります。

広島県
  • 松井一實
    広島県広島市長
    松井一實
  • 山に登って広島の海を眺めてみてください。さざ波が立っている海に、島が美しく配置されており、箱庭のごとく綺麗です。海と日本プロジェクトをきっかけに、地域の皆さんが愛着を持ってこの素晴らしい海を愛で、ゴミを捨てないようにするなど、きれいな環境が長く維持される良循環が生まれ、豊かな海が次世代を担う子どもたちに引き継がれていくことを期待しています。

  • 今榮敏彦
    広島県竹原市長
    今榮敏彦
  • 竹原市は、江戸時代に入浜式塩田の成功から始まり廻船業や酒造業などの多角経営で発展しました。塩を積んだ北前船が港に着くと「竹原が来た」と全国から呼ばれるなど、瀬戸内の製塩業を先導しました。
    このプロジェクトを通じて、瀬戸内海の恩恵を受けて「今」があることを知り、そして瀬戸内海の「未来」を考えるきっかけとなることを期待しています。

  • 天満祥典
    広島県三原市長
    天満祥典
  • 海の上に浮かんで見える姿から「浮城」と呼ばれた三原城。古くから近畿・九州・四国と連絡する海上交通の要衝として栄えた歴史や、食文化に至るまで、瀬戸の海は三原の人々に大きな影響と恩恵を与えてきました。
    また現在も、瀬戸内海国立公園 筆影山・竜王山から望む四季折々の海景色、タコをはじめとする豊富な海の幸、気軽に楽しめる瀬戸の島々への船旅などは、訪れる人々をおもてなしする三原の大切な資源です。
    このプロジェクトにより、海の魅力がより多くの方に伝わるとともに、限りある大切な資源として、次世代まで受け継がれていくことを期待しています。

  • 枝広直幹
    広島県福山市長
    枝広直幹
  • 本市には、古くから潮待ちの港として栄え、文化や伝統が息づく景勝地「鞆の浦」をはじめ、海苔養殖生産量県内一を誇る「内海町」や岬の突端に建つ国の重要文化財「阿伏兎観音」など、瀬戸内海から恵みを享受した地域資源が数多くあります。
    その魅力ある資源をもたらす豊饒の海を守り、未来に伝えることが我々の使命であると考えており、このプロジェクトが大きな推進力となっていくことを期待いたします。

  • 入山欣郎
    広島県大竹市長
    入山欣郎
  • 大竹市は、海、山、川に囲まれた自然豊かな産業のまちです。その中で海には観光や産業など様々な可能性があります。養殖漁業の盛んな阿多田島は、ハマチのブランド化をはじめ、釣り客などでも大変賑わっています。大型船舶が寄港できる大竹港には諸外国から多くの船が訪れ、市の産業の発展を支えています。自然の海に親しめる環境づくりと産業の推進のための海の活用、バランスを取りながら海の未来と向き合っていきたいと思います。

  • 眞野勝弘
    広島県廿日市市長
    眞野勝弘
  • 廿日市市は、北は中国山地から、南は瀬戸内海まで、豊かで美しい自然環境に恵まれています。
    特に、瀬戸内海に浮かぶ宮島は、世界遺産「嚴島神社」を擁しており、その歴史的価値や優美な景観にひかれ、毎年400万人以上の観光客が訪れる日本有数の景勝地となっています。
    このプロジェクトが、先人たちに守られてきた自然や文化を後世に伝えていくため、今私たちにできることを考え、行動するきっかけとなるよう期待しています。

  • 明岳周作
    広島県江田島市長
    明岳周作
  • 江田島は瀬戸内の穏かな海に浮かぶ、豊かな自然と個性的な伝統・文化、美味い産品、あたたかい人で溢れる「恵み多き島」です。豊かな海辺の自然を教育資源とした「大柿自然環境体験学習交流館(さとうみ科学館)」では、幼少期から、海と自然を守り育むという特色のある教育に取り組んでいます。「海と日本プロジェクト」を通じて、海とともにある江田島の魅力、本市の取組を多くの方々に知っていただくことで、豊かな海を将来に繋げていくきっかけとなることを期待しています。

山口県
  • 前田晋太郎
    山口県下関市長
    前田晋太郎
  • 下関市は、関門海峡、周防灘、響灘と三方が海に開かれ、自然と文化が調和する「海峡と歴史のまち」です。本市を代表する味覚の「ふく」をはじめ、雲丹や鯨、アンコウ等、様々な海の幸に恵まれています。また、国際拠点港湾に指定されている下関港は、アジアに近い地理的優位性を活かし、人や物の交流のゲートウェイとして重要な役割を果たしています。
    このプロジェクトを通して、本市の魅力や大切さを多くの皆様に知っていただきたいと思います。
  • 渡辺純忠
    山口県山口市長
    渡辺純忠
  • 山口市内を流れる椹野川の河口から山口湾一帯は、私たちに様々な恵みを与えてくれるとともに、絶滅危惧種であるカブトガニなどの多様な生物の生息・生育の場となっています。私たちは、この豊かな海を次の世代へしっかりと引き継いでいくため、活動団体、漁業者、市民といった多様な主体の協働による取り組みを進めています。このプロジェクトを通じ、自然豊かな海をフィールドとした活動が全国に展開されることを期待します。
  • 藤道健二
    山口県萩市長
    藤道健二
  • 萩の海といえば「快水浴場百選」に選ばれ、美しい夕景も楽しめる菊ヶ浜、須佐湾や須佐ホルンフェルスをはじめとする景勝地などのみどころが満載です。また、萩のブランド魚である、瀬つきあじ、けんさきいか、真ふぐ、あまだいなど、年間を通して新鮮で美味しい旬の地魚を食べることができる好漁場でもあります。この美しく、豊かな萩の海を次の世代に引き継いでいくため、このプロジェクトを通して活動の輪が、さらに広がることを期待します。
  • 国井益雄
    山口県下松市長
    国井益雄
  • 我が下松市(くだまつし)には、風光明媚な笠戸島があり、ここから見える夕映えは日本一であると自負しております。笠戸島には海水浴場もあり、毎年イカダレースも行われています。昨年リニューアルした国民宿舎 大城(おおじょう)は、全室オーシャンビューとなっており、本市特産品の笠戸ひらめもご堪能いただけます。また、港湾施設は「国際バルク戦略港湾」の指定を受け、海を通じて世界へと繋がっており、このプロジェクトで世界へ発信できることを期待します。

  • 福田良彦
    山口県岩国市長
    福田良彦
  • 岩国市は山口県東部に位置し、沿岸部は穏やかな瀬戸内海に面しています。また、名勝錦帯橋がかかる清流錦川を代表とする様々な河川の水が注ぎ込み、海と島々が織り成す美しい景色からは海の豊かさが実感できます。
    この豊かな海は様々な人の活動によって守られています。海と日本プロジェクトに参加することで、活動の輪がより広がっていき、新たな海の魅力や可能性を再発見できることを期待しています。

  • 市川熙
    山口県光市長
    市川熙
  • 光市には、「日本の渚・百選」「快水浴場百選」をはじめとして、数多くの選定を受けている、室積・虹ケ浜の2つの海岸があります。白砂青松の美しい海岸が続き、砂の粒が細かな遠浅のビーチは、透明度も高いため、西日本屈指の海水浴場となっており、光市民のみならず、県内外問わず、多くの方に訪れていただいております。
    光市にとっても、多くの恵みをもたらしてくれるかけがえのない海を、このプロジェクトを通じ、より多くの人々に知っていただけることを強く期待しております。
  • 大西倉雄
    山口県長門市長
    大西倉雄
  • 本州の最西北端に位置する長門市。市の北側には美しい日本海の風景が広がり、訪れた人の心を魅了します。澄みきった海は絶好のダイビングスポットでもあり、仙崎イカをはじめとする新鮮な海の幸にも恵まれています。
    長門市では大切な財産であるこの海を次世代に引き継ぐため、毎年「海岸清掃の日」を定め、市民総参加で海岸の清掃を行っているところです。このプロジェクトを通じて、海を想う心の輪がさらに広がっていくことを期待します。

  • 木村健一郎
    山口県周南市長
    木村健一郎
  • 穏やかな瀬戸内海は、市民の憩いの場として愛され、「徳山ふぐ」「周防はも」「周南たこ」等の新鮮な海の幸にも恵まれるなど、周南市に様々な恩恵をもたらしてきました。また、天然の良港、徳山湾は、交通の要衝として発展し、沿岸部には周南コンビナートの工場群が広がり、「周南工場夜景」を観光資源として、新たな魅力を発信しています。こうした海とともに発展してきた周南市は、海を守り未来へ引き継ぐ「海と日本プロジェクト」に賛同し、共に活動してまいります。

  • 藤田剛二
    山口県山陽小野田市長
    藤田剛二
  • 穏やかな周防灘と、そこに注ぎ込む川。
    豊かな漁場や優れた交通の便など、海のもたらす様々な恩恵によって山陽小野田市は発展を遂げてきました。また、下関市へと長く続く海岸線から眺める夕陽は、関門海峡と相まって、見る人の心を捉えます。
    この「海と日本プロジェクト」を通して、山陽小野田市の取組を知っていただき、豊かな海を守っていく機運がもっと高まっていくことを願っています。

  • 椎木巧
    山口県周防大島町長
    椎木巧
  • 周防大島町は四方を海に囲まれ、明治期4000名に及ぶハワイ移民を送り出した歴史から「瀬戸内のハワイ」をコンセプトに観光交流人口の拡大を進めており、カヌーやビーチバレーなどの海辺のレジャーやフラダンスなどの体験観光で多くの皆様に訪れていただいております。
    周防大島町の海で日本一の規模のニホンアワサンゴの群生地が発見され、平成25年に海の国立公園に指定されました。
    これからは瀬戸内の無人島を巡るショートクルージングを進めていきたいと考えており、「海の日本プロジェクト」を通じて更に美しい瀬戸内海の環境を守っていきたいと思います。

  • 花田憲彦
    山口県阿武町長
    花田憲彦
  • 阿武町は、山口県の北東部に位置し、日本海に面した自然豊かで、風光明媚な海岸線を作り出しています。海岸線は北長門国定公園の指定を受け、併走する国道191号は、北長門コバルトラインと呼ばれ、快適なドライブコースとして利用されています。
    当町木与地区の清ヶ浜は、日本でも数少ない鳴き砂海岸です。一時期は、漂着ゴミなどの影響による砂の汚染でほとんど鳴かない時期もありましたが、月1回の海岸清掃ボランティア活動が継続的に行われ、近年では鳴き砂が復活してきており、今後もきれいな砂浜を残して行きたいと考えています。

日本財団

著名人応援団のページです。日本全国の海に関する様々な情報を日本財団「海と日本PROJECT」がお届けします。おでかけにぴったりなイベント情報や、海の現状を知る最新調査報告など、海を知って、海を思い、海に集うための情報が満載です。