全国の市区町村長からのメッセージ:著名人応援団

日本財団「海と日本PROJECT」に賛同・応援いただいている著名人のみなさまからのメッセージを紹介しています。
著名人からの映像メッセージ

徳島県
  • 遠藤彰良
    徳島県徳島市長
    遠藤彰良
  • 徳島市は、水とともに発展してきた「水都」です。
    徳島市で生まれ育った人は、海と、その海に流れ込む吉野川をはじめ大小138の川に育てられたといっても過言ではありません。
    豊かで美しい海のみなもとは、豊かで美しい川であり、海や川は、徳島市民にとってかけがえのないものです。
    「海と日本プロジェクト」を契機に、恵まれた豊かな自然環境や豊かな海を守る気持ちを、しっかりと育てていきたいと思っています。

  • 泉理彦
    徳島県鳴門市長
    泉理彦
  • 鳴門市は、北に播磨灘、東に紀伊水道をのぞみ、鳴門海峡の急流と逆巻く渦潮は全国的にも有名です。また、鳴門の海で獲れた海産物はどれも一級品ですが、鳴門海峡の激しい潮流にもまれて育った「鳴門鯛」「鳴門わかめ」は本市が誇るブランド産品です。
    近年では、鳴門海峡の渦潮の世界遺産登録を目指して、官民一体となって取り組んでおり、その素晴らしさを世界に発信するとともに、地域が一丸となって次世代に引き継いでいきたいと考えています。
  • 濱田保徳
    徳島県小松島市長
    濱田保徳
  • 小松島市は紀伊水道に面した豊かな漁場を有し、鱧や太刀魚をはじめ、毎年多くの魚介類を水揚げしています。
    また、港まつりや海鮮朝市などは海の恩恵を享受した本市の一大イベントであり、市内外より多くの皆様が訪れ、賑わいを見せています。
    「海と日本プロジェクト」の取組みにより、この豊かな小松島の海を未来へしっかり引き継いでいけるよう、努めてまいります。
  • 坂口博文
    徳島県那賀町長
    坂口博文
  • 四国の名峰剣山の麓を源流とする那賀川が流れる那賀町は森林と川の恩恵を受けて発展してきました。
    森林を守ることが災害防止は勿論、利水にも大きく貢献してきました。林業不振により森林の荒廃が進んでいます。適正な森林整備を推進しないと流木等が下流(海)に大きな被害をもたらします。適正な森林整備を推進するために森林環境税が創設されました。「海と日本のプロジェクト」契機に上流・下流が力を合わせて森林環境保全が推進されるますことを強く期待しております。
  • 福井雅彦
    徳島県牟岐町長
    福井雅彦
  • 牟岐町は、沖合の3つの島々に4つの国の天然記念物があり、大島の湾内には奈良時代より成長を続けてきた千年サンゴがあります。この恵まれた海洋資源により漁業で発展した町ですが、今、大きな節目にあります。毎年のように漁獲高が減り、漁師の数が減っています。資源復活のため海洋環境保全に取組むNPO法人等によりまだ希望の火は灯されています。生物多様性を育んできた海を次の世代に繋げるよう、海と日本のプロジェクトにより、皆が海の声に耳を傾けていただきたい。
  • 影治信良
    徳島県美波町長
    影治信良
  • 美波町は、その名の通り、美しい波が訪れる町です。私たちは古くより海と共存しながら暮らしてきました。昭和25年から行ってきたアカウミガメの保護活動は、世界的にも貴重な取組であり、現在も清掃などの他、様々な活動を行っています。またこの地域では伊勢エビ、アワビなどの海産物に恵まれています。秋には大漁に感謝する祭りが行われ、各地で神輿や太鼓屋台が海に飛び込むなど、海と人々が密接に関わってきました。近年はスポーツやレジャーを通じて、海と関わる方も増えてきております。これからも豊かな自然に感謝し、海を守り、海と共に生きて行きたいと思います。

  • 三浦茂貴
    徳島県海陽町長
    三浦茂貴
  • 海から朝日が昇り、川を照らし山へと沈む。
    潮流の早い黒潮が流れ、美しいサンゴとたくさんの魚の国。
    国定公園内に位置し、みとこ湾や松原海岸の壮大な景色と釣り
    サーフィンのメッカでもある。
    この海陽町の当たり前を後世に繋げていきたい。

  • 吉田直人
    徳島県松茂町長
    吉田直人
  • 紀伊水道に面した松茂町の海岸は、古くから “月見の名所“ として知られ、「月見ケ丘」と呼ばれています。その一角にある「月見ケ丘海浜公園」には、芝生広場や楽しい遊具があり、また家族連れやグループで宿泊できるコテージも完備しています。夏には、公園に隣接する砂浜に「月見ケ丘海水浴場」がオープンし、水がきれいなことはもちろん、徳島阿波おどり空港に離発着する飛行機が間近で見えて、子どもたちに大人気です。

香川県
  • 大西秀人
    香川県高松市長
    大西秀人
  • 高松市は、「世界の宝石」とも称賛された、多島美を誇る波静かな瀬戸内海に面し、これまで、人々の暮らしや経済・文化など様々な面において、瀬戸内海との深いかかわりの中で発展を続けてきた、海に開かれた都市です。
    この瀬戸内海が、今後も変わりなくあり続け、そして多くの方々から愛されるよう、本市としても、県と共に、環境の保全や活用に努めてまいります。
    豊かで美しい海を、次世代につなげていく「海と日本プロジェクト」を心から応援いたします。
  • 梶正治
    香川県丸亀市長
    梶正治
  • 丸亀市は、香川県の海岸線側ほぼ中央部に位置し、北は風光めいびな瀬戸内海に面し、塩飽諸島の島々があります。塩飽諸島のうち、本島は、塩飽水軍が活躍した本拠地であり、国の史跡である「塩飽勤番所」をはじめ、中世以来の集落が残る「笠島まち並み」など有数の文化財が点在しています。
    また、本市は、早くから海上交通の要衝として、物資の集散地や金刀比羅宮の玄関港として大いに賑わいました。このように、古くから本市と海の関わりは深く、このかけがえのない文化や自然を、次世代に引き継いでいけるよう「海と日本プロジェクト」に賛同し、応援してまいります。
  • 綾宏
    香川県坂出市長
    綾宏
  • 坂出市は、海そして港と共に歴史を築き、栄えてきたまちです。古くは海水を用いた日本有数の塩の産地となり、その輸送を通して港湾都市としての礎を築きました。今は重要港湾である坂出港と埋立地に立つ臨海工業団地、その上に架かる瀬戸大橋により、四国の流通拠点として重役を担っています。
    一方、時は流れても五つの島それぞれに受け継がれる文化や生業を支える豊富な海の恵みは、訪れる人をも魅了し続けています。
    我々は「海と日本プロジェクト」に賛同し、共に歩んできた海を守り育む活動を市民と共に続けてまいります。
  • 白川晴司
    香川県観音寺市長
    白川晴司
  • 観音寺市は、香川県の西南部に位置し、「日本の渚百選」「日本の白砂青松百選」に選ばれている有明浜や銭形砂絵「寛永通宝」をはじめ、一の宮公園海岸及び花稲海岸など、市民から愛されている海辺のあるまちです。
    また、瀬戸内海の燧灘に面した沖合には、「伊吹いりこ」の漁と加工で有名な伊吹島などの島しょうを有しています。
    豊かな海の恵みや環境を次世代へ引き継ぐためのプロジェクトを応援するとともに、この活動が全国へ広がっていくことを期待しております。
  • 大山茂樹
    香川県さぬき市長
    大山茂樹
  • さぬき市は人口約5万人のまちで、香川県の東部に位置し、北は穏やかな多島美を誇る瀬戸内海に面し、南は讃岐山脈の裾野に広がる緑豊かな田園が織りなす美しい自然景観を有しています。
    なかでも、瀬戸内海国立公園内の大串半島や海水浴場としても有名な津田の松原は、本市を代表する景勝地の一つとなっています。
    日本は、周りを海に囲まれ、海からの恵みを受けて発展してきました。まさに、海は日本人の物心両面の拠り所となっています。
    今回の「海と日本プロジェクト」に賛同し、かけがえのないこの海を次の世代に引き継ぎたいと思います。
  • 藤井秀城
    香川県東かがわ市長
    藤井秀城
  • 東かがわ市は、香川県の東端に位置し瀬戸内海の播磨灘に面していることから、古くから海と共に発展してきました。
    本市引田地区は、ハマチ養殖発祥の地として知られており、現在では「ひけた鰤(ブリ)」のブランド名で全国各地に出荷しています。
    私達は、今回の「海と日本プロジェクト」が推進する5つのアクションのひとつである「海を味わおう!」の活動を通じて、一人でも多くの人達が魚の魅力を再発見し、もっと食べる機会が増えることを願っています。
  • 山下昭史
    香川県三豊市長
    山下昭史
  • 三豊市は、海と山に囲まれた自然豊かな土地で、瀬戸内海の恩恵によって育まれてきました。塩田や北前船の寄港地で栄えた仁尾の町をはじめ、浦島伝説が残る荘内半島、日本初の海員養成学校があった粟島、絶景と注目を集める父母ケ浜など、市の歴史や文化、資源の多くが海と関わっています。
    恵まれた環境を継承するため、ワークショップや学習の場、海でのイベントなどを積極的に設け、環境保全への意識向上に努めています。ぜひ皆様にもご参加いただき、三豊の海を盛上げましょう!
  • 丸尾幸雄
    香川県多度津町長
    丸尾幸雄
  • 瀬戸内海に面した多度津町は、古より良港に恵まれてきたことで、廻船業で財を成す豪商が現れ、また、金比羅参詣の海の玄関口として栄えてきました。
    現在においても、地元のブランドとして人気を得ているカキなどの海産物や、アートで賑わう島など、多くの海の魅力にあふれています。
    この美しく豊かな海の恩恵に感謝しつつ、次世代に引き継ぐため「海と日本プロジェクト」を通じて、さらなる活動に邁進してまいります。

愛媛県
  • 野志克仁
    愛媛県松山市長
    野志克仁
  • 松山市は瀬戸内海の恵みを受け、温暖な気候と美しい自然や伝統文化など、
    多くの地域資源を有する魅力ある地域として発展してきました。
    島しょ部や沿岸部では、「紅まどんな」や「せとか」、「カラマンダリン」など柑橘類のほか、
    「松山ひじき」や「瀬戸内の銀鱗煮干し」など、全国に誇れる特産品を大切に育てています。
    本プロジェクトをきっかけに海について考え、豊かな海が次世代に引き継がれることを期待しています。

  • 菅良二
    愛媛県今治市長
    菅良二
  • 瀬戸内海の景観は日本の原風景の一つであり、瀬戸内しまなみ海道沿線の景観はその代表ともいえます。
    この魅力を全国の皆様に知っていただくために、サイクルツーリズムの推進、そして日本遺産「村上海賊」の魅力発信に努めているところでございます。また、今治市は日本一の海事都市でもあります。今後も、人々の交流、そして海事産業の発展を通して、瀬戸内の海の魅力増進に貢献して参りたいと考えております。

  • 岡原文彰
    愛媛県宇和島市長
    岡原文彰
  • 宇和島市は宇和海に面し、リアス式海岸が作り出す深い入り江と穏やかな湾の特徴を活かした海面養殖が盛んです。
    生産量日本一を誇る真珠、真鯛を筆頭に、ブリ類、まぐろなどを生産し、日本の水産業を支えています。
    海の恵みを大いに受けている当市として、海の環境を守る「海と日本プロジェクト」の活動に大いに期待し、また、その一員として豊かな海を後世へ伝えていく活動に努めていきたいと存じます。

  • 大城一郎
    愛媛県八幡浜市長
    大城一郎
  • 八幡浜は海上交易で栄えた港町です。四国の西の玄関口として発展してきた八幡浜の海は今でもフェリーが行き来し、いつも賑わっています。また八幡浜市は西日本有数の規模を誇る魚市場がある水産業のまちでもあります。海、山、里、川の全てが美しく保たれつながってこそ、理想の美しい海を作れると思います。八幡浜がいつか世界に開けた港になることが私の夢です。八幡浜で獲れた新鮮な魚を世界中の人に味わってほしいです。

  • 石川勝行
    愛媛県新居浜市長
    石川勝行
  • 私にとって海とは、新居浜の原風景そのままです。新居浜市の海は、日本のエーゲ海と呼ばれる瀬戸内海に面し、年間を通じて穏やかです。また新大島には村上水軍の名残が残る船隠しもあり瀬戸内海のロマンを感じます。自然のままのきれいな美しい海、多様な生物が生息する豊かな海、人と共生できる海であってほしいです。この美しい瀬戸内海を次の世代へなんとしてでも守っていかないといけないと思います。

  • 宮脇馨
    愛媛県上島町長
    宮脇馨
  • 上島町の魅力は、自然環境としての海に囲まれた豊かさです。
    ここでの暮らしの全ては潮の流れのリズムです。この大きな時間の流れが豊かさを生み出す源となっています。
    山が荒れると海も荒れる瀬戸内海で生きる私達には島と海の共生が大切です。
    理想の海は、いろんな生き物がいっぱいいる海。そこで私達も一緒に生きていくことです。上島町の島々で、みんなが人生を楽しめる空間にする事が私の夢です。

  • 岡本靖
    愛媛県松前町長
    岡本靖
  • 小魚珍味日本一の生産量を誇る松前町は古来より海と密接な関係を築いてきました。鮮魚の行商をする女性、おたたさんの姿や勇ましい漁師を思わせるはんぎり競漕は松前町の夏の風物詩です。桶にのって道具を使わず体の上下運動だけで海をすすむ松前町独自のレースにはまちづくりの核となる魅力があります。はんぎり甲子園など、若い世代の参加も拡がっています。未来にこの海を残すために、松前町の海を盛り上げ続けたいと思います。

  • 清水雅文
    愛媛県愛南町長
    清水雅文
  • 私にとって海は人生そのものです。愛南町には地域のおもてなしに力を入れるトライアスロンの選手、また多くの海水浴客や、キャンプ客が訪れます。愛南町の海を都会の人が行ってみたいなと思う理想の海にするために、今の環境を守っていくことが我々の仕事だと思っています。温暖化などで変わりゆく海を守り、愛南町の宝である海、風光明媚なリアス式海岸で獲れる海の幸をこれからも大切にしていきたいです。

高知県
  • 小松幹侍
    高知県室戸市長
    小松幹侍
  • 太平洋にV字型に突出した室戸市はユネスコ世界ジオパークに認定された世界的に見ても珍しい地形となっています。これらの地形は室戸周辺の海域に多くの水産生物を育み、我々に魚貝類や海洋深層水など様々な産物を与えてくれています。
    一方で、台風や津波の影響が懸念される場所ともなっているため、災害への対策をしながら人と海との共生をはかり、室戸の海の魅力を未来へとつなげてまいりたいと思います。

  • 横山幾夫
    高知県安芸市長
    横山幾夫
  • 安芸沖はシラスの好漁場となっており、安芸市はシラスを漁獲対象とした機船船びき網漁業と、それをちりめんじゃこ等に加工するシラス加工業等が盛んな地域です。
    漁業者とその家族が将来にわたって生活していける「若者が住んで稼げる元気な漁村」の実現を目指していきたいと考えています。
    「海と日本プロジェクト」を通じて、海に関心をもっていただくとともに豊かな海を次代へ引き継がれていくことを期待しています。

  • 泥谷光信
    高知県土佐清水市長
    泥谷光信
  • 本市は四国最南端に位置し、黒潮が直接ぶつかる全国でも唯一の場所であり、足摺岬近海は好漁場で、清水サバや宗田節づくりにかかせないメジカ漁が盛んに行われています。
    また、足摺宇和海国立公園に指定されている竜串・見残し海岸の奇岩は他にはない不思議な自然の造形美が魅力です。
    海と日本プロジェクトの取り組みにより、次代を担う子どもたちが海とふれあい学ぶいい機会となり、海を愛する心の輪が広がっていくことを期待します。

  • 松延宏幸
    高知県東洋町長
    松延宏幸
  • 東洋町生見はサーフィンのメッカとして全国的に認知されており、毎年多くの大会が開催されております。過去には全日本選手権大会や世界選手権大会も行われました。また、黒潮の恵みを受けた新鮮な魚介類が店頭に並ぶ「海の駅 東洋町」には、県内外より多くのお客様にいらしていただいており、東洋町は海との関わりの深い町と言えます。この「海と日本プロジェクト」が次世代を担う方たちにこの海の素晴らしさを伝え、この美しい海の大切さを再考するきっかけとなる取組になることを期待しております。

  • 竹﨑和伸
    高知県奈半利町長
    竹﨑和伸
  • 奈半利町は全国でも珍しく、消波ブロックにサンゴが着床しているため、海にはたくさんのサンゴが生息しております。大自然の海をマリンスポーツで体感できる「奈半利町海浜センター」ではシーカヤックに乗りながら海の中のサンゴを見たり、シュノーケリングで幻想的な海の中を散策する事もでき、県内外より多くのお客様にいらしていただいております。この「海と日本プロジェクト」の取り組みを通じて、海に関心をもっていただくとともに、この美しい海が次世代を担う方たちに受け継がれていくことを期待しております。

  • 常石博髙
    高知県田野町長
    常石博髙
  • 田野町は土佐湾に面した四国一面積の小さな町です。
    田野町の海は、奈半利川から運ばれた山の養分が河口付近に蓄積されるため、ミネラル豊富でいい塩ができる環境が整っており、太陽熱と風の力だけで作られる「天日塩」に取組む職人も起業しております。
    「海と日本プロジェクト」の取組みを通じ、地域の海の魅力を知ってもらうと同時に、素晴らしい日本の海が将来を担う子ども達に受け継がれていくことを期待します。

  • 池田洋光
    高知県中土佐町長
    池田洋光
  • 「土佐の一本釣り」鰹の町中土佐町に、新たな人気観光スポットが誕生しました。それは「道の駅なかとさ」です。140年続く漁師町の「大正町市場」や岬の湯宿「黒潮本陣」は高知県でも定番となっていますが、ここはなんと魚市場がある港湾・漁港地域。隣にはビーチもあって「みなとオアシス久礼」としても整備されており、まさに海と日本プロジェクトのコンセプトそのもの。青い海と青い空、心地よい潮風を感じながら思いっきり楽しんでください。

  • 大西勝也
    高知県黒潮町長
    大西勝也
  • 黒潮町は、カツオ漁をはじめとした海の恵にあふれた町です。また、日本一の津波高想定を受けた町です。日々、海の恩恵を受け、一方で日本一の厳しさを突きつけられた町だからこそ、ネガティブな情報をポジティブな発想に転換し、これからも海とうまく付き合っていきます。Tシャツアート展やホエール ウォッチング、スポーツ ツーリズムもますます情報発信します。また、防災の町として、備蓄缶詰を製造する缶詰工場を新たな産業として興しました。

日本財団

著名人応援団のページです。日本全国の海に関する様々な情報を日本財団「海と日本PROJECT」がお届けします。おでかけにぴったりなイベント情報や、海の現状を知る最新調査報告など、海を知って、海を思い、海に集うための情報が満載です。