海と日本公式サイトの最新ニュースをウィジェットで埋込み

<iframe class="uminohi-widget official-newest" src=" https://uminohi.jp/widget/newest/" width="100%" height="800" frameborder="no" scrolling="no" allowtransparency="true"><a href="https://uminohi.jp">海と日本PROJECT【日本財団】</a></iframe><script src=" https://uminohi.jp/widget/assets/js/widget.js"></script>

LEADS TO THE OCEAN~海と日本PROJECT~

2019.02.06

LEADS TO THE OCEANは、日本財団が推進する「海と日本プロジェクト」のサポートプログラムです。スポーツと清掃活動を軸に、新たなアプローチで環境問題に取り組んでいます。

LEADS TO THE OCEAN(通称:LTO)とは、スポーツと清掃活動を軸に、新たなアプローチで環境問題に取り組むプロジェクトです。

日本最大の民間財団として半世紀以上、海の問題や社会課題の解決に取り組んでいる『日本財団』と、湘南・江の島にて13年間ビーチクリーンを行い清掃活動へのイノベーションを起こしてきたゴミ拾い団体『NPO法人海さくら』を中心に、2015年7月から、Jリーグプロサッカークラブの「湘南ベルマーレ」と共に活動を開始しました。
2016年7月から「セレッソ大阪」「V・ファーレン長崎」「福島ユナイテッドFC」が加わり、 2017年7月から「川崎フロンターレ」「横浜F・マリノス」「横浜FC」も加わりました。 2017年9月からバスケットボールチーム「東京エクセレンス」が、 2018年5月から日本プロ野球球団「千葉ロッテマリーンズ」が加わりました。 そして、2018年7月から「ヴァンフォーレ甲府」「ジェフユナイテッド市原・千葉」が加わり、競技・チームの垣根を越えて、全11チームでこのプロジェクトを実施することになりました。
海の素晴らしさ、人間の生活と海がつながっていること、海の汚染状況など、おしつけがましくない形で、多くの方の心にそっと寄り添っていければと思います。サポーター・ファンの方達だけではなく、各スタジアム・アリーナの外で実施しており、海に多くの関心がよい深まるように取り組んでいく事を目的とします。

日程
2018年5月~2019年6月末まで
※2018年12月末活動分まで報告

開催場所
各チームホームゲームスタジアム・アリーナ

参加人数
合計 約5,000名

主催
NPO法人 海さくら

Jリーグ、プロ野球など11チームが集結!
日本最大の民間財団として半世紀以上、海の問題や社会課題の解決に取り組んでいる『日本財団』と、湘南・江の島にて13年間ビーチクリーンを行い清掃活動へのイノベーションを起こしてきたゴミ拾い団体『NPO法人海さくら』を中心に、2015年7月から、Jリーグプロサッカークラブの「湘南ベルマーレ」と共に活動を開始しました。
2016年7月から「セレッソ大阪」「V・ファーレン長崎」「福島ユナイテッドFC」が加わり、 2017年7月から「川崎フロンターレ」「横浜F・マリノス」「横浜FC」も加わりました。 2017年9月からバスケットボールチーム「東京エクセレンス」が、 2018年5月から日本プロ野球球団「千葉ロッテマリーンズ」が加わりました。 そして、2018年7月から「ヴァンフォーレ甲府」「ジェフユナイテッド市原・千葉」が加わり、競技・チームの垣根を越えて、全11チームでこのプロジェクトを実施しています。

「海にゴミは行かせない!」試合終了後に清掃活動を実施!
各スタジアムやアリーナで、「海にゴミは行かせない」を合言葉に、試合終了後に清掃活動を行いました。清掃活動を楽しくできるような工夫をして、多くの方に参加していただきました。また、スタジアム・アリーナ外でも清掃活動をすることで、より多くの方に関心を持ってもらえるようにしました。

・大型ビジョン放映
ホームゲーム(年間15~60試合)にて、各試合のホームスタジアム・アリーナに集まる観客に向けて、大型ビジョンで環境に関するメッセージ映像を放送しています。

・試合終了後のゴミ拾い
チームの垣根を超えたファン全員に大型ビジョンで参加を促し、試合終了後に毎回、約30分間のゴミ拾いを実施しています。

・チームオリジナルのゴミ袋
ゴミ拾いが明るく楽しくなるように、ゴミを入れるとボールの形になるオリジナルのゴミ袋を各チームで用意しています。

・チームカラーのオリジナルトング
ゴミ拾いが明るく楽しくなるように、各チームカラーのトングを用意し、参加者に貸し出ししています。

・ゴミ拾いマスターの表彰式
参加者にスタンプカードを発行し、年間でためたスタンプに応じてゴミ拾いマスターの表彰を行っています。

参加者の声
・このプロジェクトに参加すると海がキレイになるからまた来たいです。
・ごみを捨てることが海にまでつながっていることを考えさせられました。
・たばこの吸い殻・ペットボトルがとても多かったです。
・LTOに参加するようになって街中でもごみを気にするようになりました。
・子どもたちが自発的に参加したいと言っていて、勉強になって良かったです。
・好きなチームを通して海がキレイになったりするのであれば、全力で頑張ります!

メディア掲出
【テレビ】
12/12「LTO WINTER EVENT2018」放映 JCOM

【新聞】
7/4 山梨日日新聞

【ラジオ】
7/18 FM湘南ナパサ 78.3

【WEB】
5/15「第1回 千葉ロッテマーリーンズ LEADS TO THE OCEAN」記事掲載
・KYODO NEWS SITE
・gooニュース
・Amebaニュース
・ovo
・YAHOO!
・mixi
・楽天ニュース
・yomerumo4
・So-net
・excit news
・GIGAPARK
・dmenuニュース
・Livedoor
・BIGLOBE
・Okguide

12/17「LTO WINTER EVENT2018」掲載
・読売教育ネットワーク

【他】
2019/2月号「LTO WINTER EVENT2018」掲載
・月刊ダイバー

<チラシ>


イベントレポートは実施事業者からの報告に基づき掲載しています

日本財団

LEADS TO THE OCEAN~海と日本PROJECT~ のページです。日本全国の海に関する様々な情報を日本財団「海と日本PROJECT」がお届けします。おでかけにぴったりなイベント情報や、海の現状を知る最新調査報告など、海を知って、海を思い、海に集うための情報が満載です。