志賀島と海が育む文化の多層性を味わう「志賀島自由大学第2期がスタート」

2018.10.25

九州大学大学院芸術工学研究院附属ソーシャルアートラボは、今年度、3期にわたって「海と神話をつなぐ〜志賀島プロジェクト2018」を実施しています。本事業では、志賀海神社および志賀島の島民の方々、また志賀島を長年研究している福岡市博物館と協働しながら、志賀島と海が育む文化の多層性を、学際的な観点とアートの手法を取り入れながら顕在化させることで、多世代の人々が再認識できる場を提供します。

このたび、10月27日(土)から11月24日(土)の1ヶ月に渡って、「志賀島自由大学」第2期の講座を開講します。志賀海神社権禰宜の平澤憲子氏による講演、海中音を録音して聴くワークショップ、藻塩作りのワークショップ、玄界灘の交易の軌跡をたどるレクチャー、そして志賀島に残る人々の文化的足跡をめぐるツアーという盛りだくさんな内容で、志賀島の層の厚さをしっかりと味わえる講座となっております。このイベントは、次世代へ海を引き継ぐために、海を介して人と人とがつながる“日本財団「海と日本プロジェクト」”の一環です。

■レクチャー「聖地としての志賀島〜志賀海神社権禰宜、平澤(阿曇)憲子氏が語る祈りの島〜」
開催日:10月27日(土)15:00〜17:00(受付開始14:30)
場所:九州大学大橋サテライト「ルネット」
出演者:平澤憲子(講演)、知足美加子(クロストーク)、藤枝守(進行)
定員:40名(先着順)
参加費:無料(申し込み不要)
交通手段:西鉄天神大牟田線大橋駅より徒歩1分

■ワークショップ「海を聴く〜海中録音にチャレンジ〜」
開催日:11月11日(日)13:00〜15:00(受付開始12:30)
集合場所:シカシマサイクル
出演者:岡崎峻(講師)、帯屋健之(アシスタント講師)
定員:15名(要申し込み・先着順)
参加費:1000円
交通手段:志賀島市営渡船場より徒歩3分

■ワークショップ「古代の塩作り」
開催日:11月17日(土)13:00〜14:30(受付開始12:30)
会場:九州大学大橋キャンパス「デザインコモン」
出演者:福薗美由紀(講師)
定員:20名(要申し込み・先着順)
参加費:無料
交通手段:西鉄天神大牟田線大橋駅より徒歩5分

■レクチャー「海と考古学~玄界灘をめぐる人々~」
開催日:11月17日(土)15:00〜16:30(受付開始14:45)
場所:九州大学大橋キャンパス「デザインコモン」
出演者:森本幹彦(講師)
定員:40名(要申し込み・先着順)
参加費:無料
交通手段:西鉄天神大牟田線大橋駅より徒歩5分

■ワークショップ「志賀島の古層にふれる〜仏閣めぐり〜」
開催日:11月24日(土)13:00〜16:00(受付開始12:30)
集合場所:荘厳寺
講師:山崎公明(荘厳寺 住職)
ナビゲーター:比屋根綾子(志賀島文化協会)ほか
定員:25名(要申し込み・先着順)
参加費:1000円
交通手段:志賀島渡船場から徒歩6分、駐車場有

各レクチャー/ワークショップお申し込み
ソーシャルアートラボのウェブサイトからお申し込みください。
http://www.sal.design.kyushu-u.ac.jp/shikanoshima.html

 

お問い合わせ先
九州大学ソーシャルアートラボ 志賀島グループ
メールアドレス:sal-sea@design.kyushu-u.ac.jp
電話番号:050-3573-4283

日本財団

志賀島と海が育む文化の多層性を味わう「志賀島自由大学第2期がスタート」 のページです。日本全国の海に関する様々な情報を日本財団「海と日本PROJECT」がお届けします。おでかけにぴったりなイベント情報や、海の現状を知る最新調査報告など、海を知って、海を思い、海に集うための情報が満載です。